2016年09月08日

リズムでつながる〜米国発祥の新しいチームビルディングプログラムを体感しよう〜

9月7日(水)赤坂プラス
講師:橋田“ペッカー”正人(パーカッショニスト)

「チームビルディングプログラム」とは初めて聞く言葉。いったいどんなことだろう?
そう思いながら行った会場には、さまざまな形をしたアフリカのドラムがたくさん置かれてあり、参加者は円卓状に座って、めいめいに楽器を手にしていました。

IMG_7749.jpg


私も、あいている席に座り、座席にあったウッドペッカーを手に取ります。
前に木製のものを持っていたため、抵抗なく鳴らせます。

見知らぬ参加者ばかりで、特に会話もないまま、なんとなくぎくしゃくした空気のままで、会は始まりました。
「じゃあお持ちの楽器を叩いてください」と言われ、おそるおそる鳴らしますが、音にもその臆した気持ちがあらわれて、どうにも張りがありません。

時折、講師のペッカーさんが軽い話でみんなをリラックスさせ、笑いを起こすと、そのたびごとに少しずつ音は大きくなり、次第に合って、一つの音になっていきました。
「リズムがよくなりましたね」

「リズムがいい」とは、すなわち「きちんとした生活を送っている」ということだそうです。
たしかに、一つ一つの動作にはすべて、リズムがあるもの。
それを意識しながら動いていると、気持ちの、そして生活そのもののメリハリにつながっていくようです。

はじめはてんでばらばらで揃わなかったカップルの合奏も、互いに目を合わせて叩くようにすると、次第に合ってきたのが聴いてわかります。
呼吸も合ってくるからでしょう。

太鼓だけでなく、みんなで叩く拍手も、叩いているうちに、次第にそろってきます。
大勢で一つの音を出していると、みんなとの一体感も感じられるようになります。
はじめはアイコンタクトで呼吸を合わせていたのが、次第に目を閉じて音を合わせるようになれるのは、めいめいバラバラだった気持ちが近くなったからではないかと思いました。

大勢で輪になって、言葉のいらない打楽器を叩くこと、これがアメリカ発のドラムサークルというプログラムだそうです。
みんなで叩いていると、誰もが周りに合わせようと思うもの。
そうしていつしか、きれいな音になるのです。

人は耳から始まるのだと教えてもらいました。
生まれる前は、目が見えずにまずは聴覚ありきで、母親の血流を聴いて育ちます。
そして聴覚が切れた時がご臨終なのだそう。
「観音菩薩という言葉もありますね」
確かに、名前に音が入っています。

音は非言語コミュニケーションで、特に音階のない打楽器は、聴くというよりも感じるもの。
言葉ではないため、ケンカをすることもない、平和な意思疎通ツールだそうです。

次第に、両隣の人と笑みを交わしたり、向かいの人と頷き合ったりするだけで、言葉が無くても意思疎通を感じられるようになっていました。
これってすごいですね。喋っていないのに、なにか強い温かいものを感じるのです。

そのうちに、様々な形のマラカスが出てきました。
バナナやリンゴ、金の豚やコッペパンの形をしたものがあります。
それを順々に回していきました。

塩化ビニールの筒も周ってきました。長さの違う5色の色に分かれており、叩くとそれぞれ出る音が違います。
色別に違うリズムを叩いて合わせると、なかなか奥行きのあるセッションになりました。

IMG_7747.jpg


さらに、いろいろな打楽器が周ってきました。
雷の音を出すものや火の用心の拍子木、こすってカエルの鳴き声を出す東南アジアの民芸品。
「人生楽ありゃ苦もあるさ〜」の時に聞こえるボヨヨ〜ン!や、ど根性ガエルの時などのホニャホニャ!といった効果音の楽器も。

簡単に鳴らせるものばかりで、音が出ると単純に楽しい気分。
みんなで鳴らした音が揃うと、嬉しくなります。
もうみんな、すっかり打楽器の魅力にひたりました。

最後にはすっかりうちとけて、なごやかになった参加者たち。
特にぺちゃくちゃとお喋りをしたわけではありません。ただ楽器を叩いて合わせていただけです。
それでも、穏やかな気持ちになって、みんなとの協調感を得られました。

ペッカーさんは、今回はドラムは叩かず、インディアンリコーダーを吹いてくれました。
素朴な音色に懐かしさを感じます。
彼のこののちのスケジュールは、ブルーノートやビルボードへの出演。
すごいですね。そう、この方、日本初のサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」を結成した方で、様々な有名アーティストのレコーディングやツアーに参加している実力派なのでした。

今は聴覚障害者のドラム演奏をボランティアで行っているとのこと。
「聴覚障害者が音楽を?」と思いますが、耳が不自由な人は、うぶ毛でリズムを感じるのだそう。
ライブには風船を持って行って、楽しむそうです。
どちらも、振動を感じ取るんですね。
映画『愛は静けさの中に』で、聴覚障害者のヒロインが、大きなステレオのスピーカーの振動から、音を楽しんでいたことを思い出しました。

合奏に言葉は必要ありません。みんなで一緒に楽器を演奏していたら、みんなとお喋りをしたような気になって満足できます。
自分がオーケストラに参加して演奏する時にも、確かに一体感は感じられますが、今回は音階のない打楽器なだけに、心臓の鼓動に近いような、より素朴なストレートな感じ。
おそらくは、言葉がまだなかった大昔の人々も、音を鳴らすことで共有感覚を感じていたんだろうなあと感じられたレッスンでした。

個が輪を作り、和になってまとまっていく流れ。
理屈なしにほっこりした気持ちになれます。
今の殺伐とした子供たちや、不登校の学生たちにも、ぜひ経験して、周りとのハッピーな一体感を体感してもらいたいと思いました。


posted by リカ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【events】体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

納涼赤坂プラス寄席〜講談!落語の古典・新作!大衆芸能のパラレルワールドへようこそ 〜

8月31日(水)赤坂プラス
IMG_7379.JPG

出演:橘家蔵之助、神田陽子(講談)、三遊亭わん丈

毎年恒例の赤坂納涼寄席。私は初めて参加しました。
蔵之助氏のあいさつに始まり、最初の舞台は三遊亭わん丈氏の新作落語。
三遊亭円丈の弟子で、今年の5月に「二つ目」に昇進したばかりの新進気鋭の方。
「名前ですが、師匠が犬好きだったので…」といったところで、会場内のあちこちからクスクスと笑い声が聞こえました。(こらえきれず私も)

落語には、ずっと語り継がれる古典と、自分で作る新作があり、円丈師匠は新作落語の第一人者だそう。
そのお弟子さんですから、作り慣れているのでしょう。
タイトルは「プロポーズ」。
ほんわかしている咄家と思いきや、さすがは落語、シュールさとギリギリ毒味がきいた話でした。

寄席の前に、ウォームアップ的にしてくれた自分の家族の話がおもしろかったです。
厳格すぎてオレオレ詐欺に引っかからない祖母や、突っ張った息子に形から寄り添う母親の話に笑いました。

次は蔵之助氏の古典落語「替り目」。酔っ払った男と車屋、そして帰宅した男と妻との話でした。
しらふでぐでんぐでんの酔っ払いの真似をするのって、難しいですね。

それから神田氏による「応挙の幽霊画」。
怖い怪談噺かと思いきや、なかなか人情味あふれる話でした。
女性の講釈師の草分け的存在である彼女は、早稲田大学の学生として、講談の研究もされているそうです。
講談を聴くのはこれが2度目で、最初に聞いたのは12年前でしたが、やはりこの方による「唐人お吉」でした。

この方の話も面白く、開催している講談教室の生徒には牧師さんもいて、講談口調で「アブラハムへの道」をお説教するのだそうです。
聖書はとてつもなく長い話なので、全部を語るとなると、ライフワークになりますね。
また、カルメンやクレオパトラ、椿姫という題目でも講演するそうで、気になりました。

最後に蔵之助氏が再登場。
客席の質問に答えてくれます。さまざまな咄家が新作を出す中で、万人に受ける作品が残り、それが古典となるとのこと。
江戸後期には落語より講釈小屋の方が多かったということですが、いつしか立場は逆転したのだそう。
落語の歴史は300年と、実はそれほど古いものではないと知りました。
古典と言っても、明治・大正・昭和初期に作られたものなのだそうです。
講談は500年。歌舞伎は400年、能狂は7〜800年。能はさておき、講談は古い歴史があるんですね。

今では、なんといってもモンスター長寿番組『笑点』のイメージが強いため、打ち合わせの時に「座布団は何枚いりますか?」と聞かれることもあるのだそう。
「一枚で結構です」
座布団重ねは、大喜利の時くらいですからね。

わかりやすく話してもらえたため、すんなり理解できて、日本文化を楽しむことができました。


posted by リカ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【lecture】講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

笑点 放送50周年特別記念展

8.6 横浜島屋ギャラリー
入ったのは、たまたまでした。母と高島屋内のタカノフルーツパーラーに行った折にポスターを見かけて、ふと気になり、寄ってみることにしたのです。

壁には5名の和服の男性の写真が。
母が「あ、歴代の司会者ね。立川談志、前田武彦、初代の三波伸介、三遊亭円楽、桂歌丸」と、すらすら全員の名前を言ったことにびっくり。
お母さん、いつも夕食の支度をして、見ていなかったじゃない〜。
私は円楽さんの前の人がわかるかわからないかといったところです。

IMG_20160806_144036.jpg


少し前に、桂歌丸師匠が笑点を卒業したばかり。
同じ横浜在住者として、寂しい気持ちでいましたが、この展覧会には、彼が実際に来ていた舞台用の緑の衣裳も飾られており、歌丸師匠あっての笑点がまだ残っていました。
ご本人も、横浜会場の初日に来場されたそうです。

IMG_20160806_144356.jpg


舞台裏コーナーでは、大喜利での被り物などが飾られており、(こんなにいろんなものをかぶらされたんだなあ、まあよくやるものだなあ)とビックリ。
TVとか東京タワーとか、イカとかカエルとか、もうノンジャンルでたくさんの被り物が飾られていました。

IMG_20160806_144314.jpg


シアターコーナーでは、往年の名シーンが映像で流されており、大勢の人たちが着席して観入っていました。

そしてなんと、あの大喜利座布団に座ることができました。
噂には聞いていましたが、少し大きめで、思ったよりもバランスがよかったです。
でも、積み上げられたものに乗る時には、少しグラグラして、あせりました。
これはみんなに自慢できちゃいます!

IMG_20160806_145153 - コピー (2).jpg


グッズショップ「笑点商店」。
いいネーミング!

IMG_20160806_145421.jpg


各地の高島屋で行われているこの記念展。無料というのがうれしいです。
日本橋から始まり、京都、横浜と続いて、今は最後の場所、大阪で開催中。
お笑いの本場で、連日盛り上がっていることでしょう。

2016年08月05日

「鼓を通して知るやまとごころ 〜鼓演奏&鼓体験ワークショップ〜」

開催日時:2016年8月3日(水)
講師:大倉正之助、鼓道(つづみどう)

IMG_20160803_190648.jpg


記念すべき100回目となった今回のACCは、めでたい鼓の演奏会となりました。
講師の先生は、囃子大倉流大鼓方能楽師の大倉正之助氏。
能舞台だけでなく、大鼓ソリストとしても世界で活躍されているとのこと。
バチカンでのローマ法王のクリスマスコンサートや、総合格闘技Dynamite!の試合前のステージなど、10万人クラスの観客の前で演奏したこともあるそうです。

今では欧米文化が私たちの日常生活に色濃く取り入れられていますが、そもそも「調べ」という言い方があるように、日本の音は調和をなすものとされてきたのだそう。

鼓は、日本古来の打楽器で、600年前の室町時代ごろに盛んになったとのことです。
かつては武士のたしなみとして習い事だったのだそう。
石川三成の末裔だという先生。ご先祖様は音楽家ではなく、戦国武将だったわけですね。

今回は、30名のみの少数の会。
「今宵は新月ですね」と、先生が言われます。
(風流だなあ)と思ったら、かつての日本は陰暦で、月の満ち欠けが基準になっており、日取りを決める時に、月の動きは大きく作用していたようです。
その日の月の形によって、宴の様子も変わったのかもしれません。

鼓は和楽器として知っているつもりでしたが、実際に触れたことはありません。
ひな人形の五人囃子の一人が演奏している、それが一番身近な存在でした。

私たちがふつう連想するあの鼓は、小鼓です。
肩に載せて叩いて演奏しますが、世界中の打楽器でも、下から叩くものは非常に珍しいのだそうです。

が、きゃしゃで壊れやすいため、扱いづらいのだそう。
今回は、頑丈で壊れない大鼓です。

IMG_20160803_185108.jpg


ほかの打楽器のように、あの形が常なる形だと思っていたら、実はあれは演奏する時の完成形で、通常はパーツごとにバラバラにしているのだと知って、驚きました。
中央の細くくびれた木製の胴と、その両端にある、皮の張られた叩く面、そして楽器を締めるひも。
この3種がバラバラになった形から、演奏者が組み立てて鼓を完成させました。
真ん中のパーツは、漆塗りに金蒔絵の桜の木、両側の叩く面は馬の皮、そして編んだ麻紐と、全て天然のものを組み合わせてできた鼓は、さまざまな生命の命から成っているといいます。

毎回演奏前に組み立て、終了後に分解するのは、オーバーホールの意味があるのだそう。ばらして弛めて、楽器を休め、メンテナンスをするためだそうです。

また、鼓の音はどれも違い、一緒の音は出ないのだそう。
それは、演奏する空間の広さや湿度などが影響するほか、打ち手の身体と関係するからだそうです。

先生のお弟子さんたちが、「序破急」を演奏してくれました。
ちなみにお弟子さんの一人で演奏の音頭を取った人が、私の大先輩。
チェロを弾く方ですが、鼓を叩く様子も立派でした。

真ん中の人の掛け声に合わせて、三人一緒に演奏します。
「序」「破」「急」は、起承転結のようなもので、「破」は掛け合いになりました。

IMG_20160803_195948.jpg


迫力の演奏を間近で聞いて、しびれました。
鼓の音色は「天地の音」と表現されるそうです。

演奏を聴いた後、私たちも先生にならって鼓を打ってみました。
刀を鞘から抜くときのように、静かに横に手を引いてから打ちます。
息を吸い、吐きながら手を引いていき、息を止めて打つ。
呼吸と共に演奏することで、楽器と一つになって音を出すプリミティブな感覚を味わいました。 

最後に先生の独奏を聴きました。
オリジナルの「獅子」。ライオンではなく、牡丹とともに登場し、文殊菩薩に仕える霊獣の方です。

IMG_20160803_203006.jpg


演奏前の集中力の高まりに、聴く前から引きこまれました。
打楽器の鼓は、メロディーは出せませんが、言葉では表現できない音楽の渦がそこにありました。
曲の持つ躍動感に、奏者の咆哮のような轟く声量。
演奏が終わった後は、奏者だけでなく、聴いている私たちもみんな、魂を持っていかれたように放心状態になりました。

IMG_20160803_204729.jpg


最後に、全員で鼓で一本締めをして、会はお開きとなりました。
素晴らしい機会を得られた今回の鼓体験。
静かな興奮のひとときを過ごし、伝統楽器には底知れぬ魅力があるものだと実感しました。
また何かの折に触れられればいいなと思います。

posted by リカ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】和楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

銀河座「耳なし芳一」&「サブテーマ・本当の七夕」

IMG_20160730_143113.jpg


銀河座の今月のテーマは『耳なし芳一』。
こわいですね〜。怪談とは夏らしいですが、星座との結びつきは分かりません。
ヒュードロドロといった効果音がしたらいやだなあと思いながら、向かいました。

いつも開演前に、お茶を出していただきますが、今回は暑い夏の日ということで、炭酸水が出ました。
専用機械にかけて、館長自ら作ってくれました。シュワッとさわやか!

IMG_20160730_143818.jpg


イタリア留学をされた館長は、イタリアに造詣が深く、先日イタリアのプラネタリウムで講演をしてこられたそうです。
今回はその時のプレゼン資料も使われており、時々イタリア語での表記が投影されていました。

IMG_20160730_143850.jpg


小泉八雲の怪談、芳一話は、少女漫画風のきれいなイラストで解説されたので、そう怖さはありませんでした。
でも逆に、絵で描かれると具体性が増します。
さらに、実際に身体中にお経が書き込まれた人の写真が紹介されて、一気に現実味を帯びたものになりました。

芳一にはモデルとなった上人がいたそうです。気になる耳は無事だったそうです。
「かつて、秘密事項を聞きすぎたので何らかの罰を受けた」などの意味を含めたものなのかもしれません。

芳一の身体中に書かれたお経は、般若心経でした。
意味の解説を受けます。三蔵玄奘がサンスクリット語から漢語に訳したものです。
館長はお寺の住職さんなので、この辺りはご専門。
プラネタリウムのドームに、般若心経が大きく映し出されるのは、なんだか不思議な感覚でした。

IMG_20160730_161226.jpg


琵琶法師である芳一の十八番は『平家物語』。
壇ノ浦での源氏と平家の戦いが語られます。
もはやこれまでとなった時、「どこへ行くの?」と聞いた8歳の天皇に祖母の尼さんは「海の下にも都はございます」と答えて、一緒に入水をするシーンが、聞く人々の涙を誘う場所。
私も切なくなります。やはり長い年月の間、日本人の心を締め付けてきた箇所は一緒なんですね。

この壇ノ浦の合戦は、はじめは平家が優勢だったのが、「潮の流れが変わったために」源氏に有利となったそうです。
ただ、館長は(違うのではないか)と思っているのだそう。
館長の推察は、この海戦の平家の総領であった源義経が、ルールを破って平家側の船の船頭を撃ったのではないか、というもの。
船頭は、武士ではないため、殺してはいけないという不文律があったそうです。
それを、手段を選ばず殺していったことで、平家側がパニックに陥り、敗北に追い込まれたのではないか、ということです。
そうであるならば、義経は武士の風上にも置けない、ひどいルール違反者ですね。見損ないそうです。
かなりそんな気もするため、心に留めておいて、機会があったら調べてみたいと思います。

それから、七夕の話になりました。
先月のようですが、旧暦だと今月になるそうです。
織姫星と彦星の恋人同士の話ということで、館長がアダルトな説明をしてくれました。
「聞いている人、みんな大人だから、いいでしょう」さすが、イタリア帰り!
でも一人、中学生が親御さんと一緒に参加していたんですね〜。まあ刺激的!

実は館長とは誕生日が一緒。
今回は、生年月日が一緒の友人と一緒に行き、挨拶をしました。
来たる翌々日の誕生日を、お互いにお祝いし合いました。

160730-3 - コピー.jpg


館長から一昨年いただいた、山崎直子飛行士の宇宙アサガオ。
うまく花が咲いたので、周りの友人に種をおすそ分けしました。
今年も、葉が生い茂っており、あとは花が咲くのを待つばかりといったところです。