2017年07月12日

「レオナルド×ミケランジェロ展」ブロガー特別内覧会

28.jpg7月11日 at 三菱一号館美術館
by 岩瀬 慧(展覧会担当学芸員)、
「青い日記帳」主宰 Tak氏

三菱一号館美術館でこの日より開催が始まった「レオナルド×ミケランジェロ展」。
イタリアルネサンス期の巨匠、レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci 1452年 - 1519年)と、ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni 1475年 - 1564年)。この2人の芸術家を比較した展覧会になっています。

見どころは素描(ディゼーニョ=デッサン)。
2人のデッサンを「顔貌」「絵画と彫刻のパラゴーネ」「馬」「万物への関心」「書翰、詩歌」といったテーマ別に対比させた展覧会は、日本では初の試みとなります。

担当学芸員の岩瀬慧氏と美術ブログ「青い日記帳」のTak氏に、美術館館長も加わっての説明会となりました。

IMG_2770.jpg


展覧会の構成は以下の通りです。

   序章:レオナルドとミケランジェローそして素描の力
    1:顔貌表現
    2:絵画と彫刻:パラゴーネ
    3:人体表現
    4:馬と建築
    5:レダと白鳥
    6:手稿と手紙
   終章:肖像画

注:会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。

1:顔貌表現

22.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチ『自画像』(ファクシミリ版)
1515-1517年頃 トリノ、王立図書館


IMG_2773.jpg
マルチェッロ・ヴェヌスティ(帰属)『ミケランジェロの肖像』
1535年以降 フィレンツェ、カーサ・ブオナローティ


15年ぶりに《レダと白鳥》の絵画制作に取り掛かることとなったミケランジェロは、かなり気合いが入っており、丁寧な素描を残しています。
かし、骨格が男性っぽいため、この絵のモデルとなったモデルは男性と判明。
女性らしく見せるためにまつげを長く書き込んでいるそうです。

IMG_2776.jpg
ミケランジェロ・ブオナローティ『《レダと白鳥》の頭部のための習作』
1530年頃 フィレンツェ、カーサ・ブオナローティ


レオナルドは左利きで、左上から右下へのハッチング(細かい線を引くこと)が多い反面、ミケランジェロは右利きで、クロスハッチング(斜線を交差させる描き方)をしています。この線は、素描だからこそ分かるものになっています。

2:絵画と彫刻:パラゴーネ

ルネサンス期、絵画と彫刻のどちらが優れているかを問うパラゴーネ(比較芸術論争)が起こります。
レオナルドは、絵画が二次元の平面に立体感や奥行きを作り出すため優勢だと主張しました。

IMG_2775.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく『聖アンナと聖母子』
1501-1520年頃 フィレンツェ、ウフィツィ美術館


ルーブル美術館所蔵の本人による同名の作品とかなりそっくりに描かれたもの。
背景が少し異なる程度です。

同じ赤ん坊を90度回転した角度から描いたデッサンが、2枚並んで展示されていました。
ダ・ヴィンチの作品を手本として学んだ弟子の作品です。
当時の画家は、弟子を抱えた工房で作品を制作しており、師匠が描いたデッサンを弟子が鍛錬のために模写することが、日常的に行われていました。

5:レダと白鳥

IMG_2785.jpg

(右)フランチェスコ・ブリーナ(帰属)『レダと白鳥(失われたミケランジェロ作品に基づく)』1575年頃 フィレンツェ、カーサ・ブオナローティ

(左)レオナルド・ダ・ヴィンチに基づく『レダと白鳥』1505-1510年頃 フィレンツェ、ウフィツィ美術館

「○○に基づく」と書かれているのは、○○のオリジナルを元にして、別の人物が描いた作品ということです。
どちらの作品も、既にオリジナルは存在しませんが、弟子が参考にしながら描いた作品が残されています。

『レダと白鳥』は白鳥と乙女がモチーフとなった美しい作品ですが、画像右側のミケランジェロ作品に基づいた方は、姫ががっしりした体型をしているため、多少違和感を感じます。
これは、男性モデルを使ったからだそう。
逆に、画像左側のレオナルド作品に基づいた方は、白鳥がかなり男性的に描かれています。
並べて鑑賞してみると、好対照の描かれ方となっている2作品でした。

6:手稿と手紙

レオナルド・ダ・ヴィンチは、なんでもできるマルチな天才だと思っていましたが、「無学の人間」と自らを語っていたと知って、驚きました。
彼は鏡文字などを駆使していながら、ギリシア語・古代ローマ語ができないことから、そう言って「無学」のコンプレックスを抱えていたそうです。
どんな天才にも、悩みはあるものですね。
『トリヴルツィオ手稿』の第30紙葉表「語彙の一覧、男性の横顔」は、びっしりと言葉が書き込まれたノートで、受験生の単語ノートを連想させるものでした。

IMG_2789.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチ『解剖手稿』(ファクシミリ版)第198紙葉表「子宮内部と胎児の研究」1511-1513年頃 [ウィンザー城王立図書館]

その横に、細かく正確な子宮内部の胎児図が描かれたノートが陳列されており、その詳細なデッサンに見入り、しばし前から動けませんでした。

終章:肖像画

IMG_2791.jpg

ミケランジェロ・ブオナローティ『十字架を持つキリスト(ジュスティニアーニのキリスト)』1514-1516年(未完作品、17世紀の彫刻家の手で完成)
バッサーノ・ロマーノ、サン・ヴィンチェンツォ修道院付属聖堂

今回の展覧会では、通常1階のスーベニアコーナーになっている部屋に、大理石でできた2500(キリスト像だけで2010)mmもの大きな銅像が、展示されていました。
この美術館では、スーベニアコーナーも展示室として使えるように作られているそうです。

このキリスト像は、近年になってミケランジェロ作品だだと認められたものです。
作成依頼を受けて大理石を彫り進めていくうちに、顔の左側に黒い傷が出てきたため、ミケランジェロが作成を放棄したもの。次に作られた第2バージョンは、教会に据えられており、これはその知られざる第1バージョンになります。

「全裸のキリストというのがとにかく珍しい」と館長。確かに、これまで見たことはありません。
通常は禁止事項の中に入るものですが、巨匠・ミケランジェロだから作成できた古代キリスト像。
キリストとアポロ像の合体として作られた古代彫刻となっています。

ミケランジェロが放棄したことで未完成だったこの像に、別の彫刻家が手を入れて、17世紀には完成形を取っていたとのこと。数奇な運命をたどり、今回遠い日本までやってきました。
こちらの像は撮影可。360度周って、全ての角度から彼の彫刻の力強さを確認できます。

このキリストは、「コントラボスト」という左足に重心を置き、右足を浮かせた状態をとっています。
どこか女性風でもあるこの立ち方は、銅像によく見られますが、私はボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』を連想しました。

Botticelli.jpg
ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」
1485年 フィレンツエ ウフィッツイ美術館
参考画像:今展覧会には出展されていません


23歳離れていたとはいえ、「宿命のライバル」と言われ、互いを強く意識していた二人。
静的で分析的な作品を残した科学者肌のレオナルドと、動的で生き生きとした作品を残したミケランジェロの作風は、似ているようでやはりそれぞれ異なっており、今回は両者を比較できるいい機会となっています。


IMG_2782.jpg
左は"最も美しい素描"といわれるレオナルド『少女の頭部/「岩窟の聖母」の天使のための習作』


「レオナルド×ミケランジェロ展」[公式サイト]
会期:2017年6月17日(土)~9月24日(日)
休館日:月曜休館(祝日は開館)
会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2) 
posted by リカ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

没後20年 司馬遼太郎展「21世紀“未来の街角”で」

そごう美術館 (2017.6.30)
981_n.jpg


司馬遼太郎の回顧展。もう亡くなられてから20年たったんですね。
没後20年にあたる昨年から国内6カ所での巡回予定。北九州、大阪、高知、そして横浜が4会場目。
東日本地区では唯一の開催地になります。司馬さんファンは関西の方が多いんでしょうか。
タイトルに横浜開港158周年も含まれているということは、彼の作品で横浜の開港が語られることがあったからではないかと思います。

全3部構成。作品の刊行年順ではなく、作品の描かれた時代別にまとめられており、日本の歴史に沿って話が紹介されているため、ディープなファンでなくてもわかりやすく追って行けます。
作品ごとにまとめられ、自筆原稿のほか、登場人物の関係資料、関連する絵画などが展示されています。

190_n.jpg


Ⅰ「戦国動乱 16世紀の街角」
Ⅱ「維新回天 19世紀の街角」
Ⅲ「裸眼の思索 21世紀の街角」


入り口には傘を持って歩く司馬氏のシルエット、入ってすぐには、『竜馬がゆく』の新聞連載のコピーがびっしりと壁に貼られたコーナーがありました。

467_n.jpg


会場内は、ご年配の男性がほとんど。数人で来ては、小声で話をしながら熱心に一つ一つの資料に見入っています。
女性の姿は数人しか見えず、みんな夫婦で来ている風で、女一人は私くらいでした。
歴史を扱っているだけに、男性に人気の高い作家なんですね。
そしてそごう美術館には、普段は部屋ごとに学芸員がいますが、今回は何故かガードマンがいました。
美術展ではないからでしょうか?

-----------------------------------------------------------------------
Ⅰ「戦国動乱 16世紀の街角」
歴史とともに描いた戦国時代の人々の鮮烈な生きざま。
作品ごとにコーナーにまとめられています。

『国盗り物語』(1965-1966年)
斎藤道三、織田信長、明智光秀の物語。
本能寺の変で敵と味方に分かれた信長と光秀は、どちらも斉藤道三の相弟子同士だったと知ります。
「天下布武(天下を武力で制するという意)」と書かれた織田信長の黒印状。
斎藤道三の遺言状を司馬氏が書き写した色紙がありました。
もうこのブースだけで(この展覧会、すごいんじゃない?)と驚いています。

『箱根の坂』(1984年)
北条早雲の「虎の印版」がありました。うーん、見るのも初めて。貴重です。
小説の場面に合わせた絵画も合わせて飾られています。
大きな金屏風は大阪城博物館所蔵物。ゴージャス!

『関ヶ原』(1966年)
歴史資料の「関ヶ原合戦配置図」が展示され、「関ヶ原合戦図屏風」のレプリカも飾られていました。

『功名が辻』(1965年)
NHK大河ドラマ化されたこの作品では、ドラマの撮影で使用された山内一豊の甲冑とその妻千代の打掛が飾られていました。
間近で見られたので、しげしげと観察。どちらも非常に細かいところまで行き届いた縫製でした。

ほかに『城塞』『播磨灘物語』など、多くの作品コーナーで自筆原稿を展示していますが、そのどれも、すごく直しています。
5色に色分けして、消したり加えたりの推敲の多さに驚き。
天下の名作家といえども、訂正に訂正を重ねた努力の末に、作品を仕上げていったことがわかりました。

-----------------------------------------------------------------------
Ⅱ「維新回天 19世紀の街角」
開港を迎えて近代国家へと大きな変貌を遂げる時代。

『竜馬がゆく』(1963-1966年)
坂本龍馬の書簡(複製)や薩長同盟の裏書きがありました。
歴史が動く音が聞こえてくる気がします。
新聞連載時に挿絵を担当した岩田寿太郎氏の原画もありました。 

『燃えよ剣』(1964年)の土方歳三の鉢金(複製)、
『新選組血風録』(1964年)の近藤勇の髑髏模様の稽古着(複製)もありました。
髑髏模様は、なかなかに迫力のあるスケルトンでした。

『胡蝶の夢』(1979年)
「胡蝶 夢」と書かれた自筆色紙があり、素敵な言葉なので、司馬氏が好んで色紙に書いた言葉かと思ったら、そういうタイトルの作品でした。

『坂の上の雲』(1969年-1972年)
こちらもNHK大河ドラマ化されたもので、秋山好古、秋山真之の兄弟や、正岡子規の撮影時の服装が展示されていました。

"横浜に触れた本"というコーナーには、『峠』(1968年)、『世に棲む日日』(1971年)、『花神』(1972年)など6、7冊の作品が並んでいました。
『花神』では、大村益次郎の細かな計算が記された数学ノート、『峠』では、河井継之助のガトリング砲(模型)が展示されています。

また、デビュー前に住んでいた大阪マンモスアパートの文机がありました。
正座をして収まる、小さな座机です。
ここで新聞記者時代に直木賞を受賞した『梟の城』を執筆したんだなあと思いながら眺めました。

-----------------------------------------------------------------------
Ⅲ「裸眼の思索 21世紀の街角」
エッセイの『街道をゆく』『この国のかたち』『風塵抄』、そして子どもに向けた「二十一世紀に生きる君たちへ」が紹介されています。
『街道をゆく』(1971年 - 1996年)は、絶筆するまで手掛けていた最長シリーズで、ライフワークと言ってもいいものでしょう。43巻出ており、海外版もあるとは知りませんでした。

「二十一世紀に生きる君たちへ」
シンプルな文章ですが、非常に意味深いものを感じます。
"君たちだけが持っている大きなものがある。未来というものである。
私の人生は、すでに持ち時間が少ない。
例えば、二十一世紀というものを見ることができないにちがいない"

彼の作品は本格的な歴史小説で、量が多くなかなか難しいというイメージがありますが、壁いっぱいに展示された「二十一世紀に生きる君たちへ」の全文には、次の世代への気持ちがつづられています。
あれだけたくさんの文章を紡いできた人ながら、削いで削いで削ぎ落した、非常にシンプルな文章のために、すとんと頭に入ります。これが最終的に彼が人々に残したかった言葉なんだろうと思いました。

最後のコーナーでは、司馬さんからの「二十一世紀とは、どんな世の中でしょう」という語りかけに、来館者たちがさまざまな答えを付箋に書いて、ペタペタと壁に貼っていました。

私は、司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)からのノートブックに感想を書いて、あとにしました。

彼の緻密な作品構成から、その小説は完全な正史、正論のように思えますが、そうとは限りません。
作者が惚れ込んで描く主人公たちは、みんな青雲之志を掲げて活躍する凛とした格好よさがあります。
歴史に色付けをして主人公たちを生き生きとよみがえらせることで、歴史の面白さを人々に教えた彼は、今も変わらぬ偉大なエンターテイナーなのです。

この回顧展を観て読んでみたくなった彼の作品は
『梟の城』、そして「街道をゆく」の『横浜散歩』『十津川街道』。
もともと長宗我部元親の本が読みたくて『夏草の賦』 もチェックしていましたが、まずは有名なところから読み始めたいと思います。

7月9日㈰まで横浜・そごう美術館で展示。
その後は、愛媛県美術館、姫路文学館で展示予定です。

566_n.jpg