2018年11月26日

人生をプラスにする音楽の力Ⅴ~フルートとギターが奏でる懐かしの映画音楽と名曲~

11月21日(水)
出演:斉藤和志氏(フルート)、坪川真理子氏(ギター)

guitar&flute400x250.jpg

気がつけば忙しい毎日を過ごしていた今日この頃、赤坂コミュニティカレッジでフルートとギターという優しい音色の楽器を聴く機会に恵まれました。
プログラムは、オールドムービーのテーマ曲が中心。
聴きなじみのある、優しいメロディが心を和ませます。
演奏者は、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者のフルーティスト斉藤和志氏と、クラシック・ギターリスト坪川真理子氏。
斉藤さんがトークを交えながら曲紹介をしてくれました。

acc_2018011.jpg

エンリオ・モリコーネ『ニュー・シネマ・パラダイス』
第一曲目から押しも押されぬ名曲。
斉藤さんは、少年時代にこの映画を観た時には、主人公の中年男性の心理に全く感情移入できなかったそう。
今になって観ると、グイグイと引き込まれて胸打たれるそうです。
懐古調の内容は、大人の涙腺に響くものなんですね。
私も『スタンド・バイ・ミー』の良さがよくわかっていないので、久しぶりに観返してみようかな。

『星に願いを』
『ディア・ハンター』から「カヴァティーナ」
『ディア・ハンター』はロバート・デニーロ主演のベトナム戦争がテーマの映画。
なかなか過酷な内容だということで、観ていませんが、曲はとても美しいメロディ。
それを、情感豊かに聴かせてくれました。

カルロス・ジョビン『イパネマの娘』
あまりにも有名な曲ですが、実際にこの娘のモデルがいたそう。
エロイーザというその女性は、「イパネマの娘」というファッションブランドを立ち上げて、ビジネスマンとしてならしたということです。
さすが、南米の女性はタフですね!

『となりのトトロ』
東フィルはよくジブリ映画音楽の演奏担当をしているそう。
「これを聴いて夢を膨らませる子供たちは、おじさんたちが吹いているとは気づいていないだろう」と。
そんな、子供たちは気にしなさそうですけどね。とぼけた感じのトークが面白いです。

『風の谷のナウシカ』 
宮城道雄『春の海』
尺八と琴が、フルートとギターに変わりました。
でもきちんと雰囲気が出るものですね。洋楽器と和楽器って、思うよりも共通点がありますね。

斉藤さんは、藤原道山氏が同級生で、ある時「題名のない音楽界」で尺八とフルートの吹き比べをすることになり、2人が呼ばれたそう。
実際に吹いてみると、意外とどちらもさほど変わりがなかったため、わかりやすく差をつけるように求められたのだとか。
大変ですね~。

『涙そうそう』
とても長いパイプの楽器が登場しました。
数年前に出来という、まだ新しいバスフルートだそう。
三響楽器による最新型で、普通のフルートよりも長さが倍になり、1オクターブ低い音を出すそう。
バスフルート、初めて見ました。興味津々です。

アントニオ・ルビーラ『禁じられた遊び』
ギター曲なので、坪川さんが解説してくれました。
原題は『ロマンス』ですが、もはや禁じられた遊びのメロディとして覚えこんでいます。
長い間スペイン民謡とされてきましたが、最近スペインのギター奏者ルビーラだと判明したそう。
フランス映画ですが、スペインの曲なんですよね。

イタリア⇒アメリカ⇒スペイン?⇒日本⇒フランスと、映画は移ります。
映画音楽がお好きという斉藤さんは、特にウッディ・アレンのファンで、息子にアレンと付けたくらいだそう。
ただ彼の映画は、ほかの曲を使うそうで、今回のプログラムには登場しませんでした。

ミシェル・ルグラン『シェルブールの雨傘』
『ウエストサイドストーリー』から「アメリカ」と「サムホウェア」邦題「恋は永遠に」
ミュージカル映画になりました。
『ウエストサイドストーリー』は見ましたが、「トゥナイト」しか覚えていません。
「サムホウェア」は邦題「恋は永遠に」で、全く違ってしまっていると、斉藤さんがブツブツ言われていました。
でも、邦題に愛や恋とつけると、売れ行きが格段に違うのだそう。
恋人同士の掛け合いの歌で、男女のメロディをトニーはバスフルート、マリアは普通のフルートで、楽器を変えて演奏されました。

ピアソラ『タンゴの歴史』
やはりスペイン音楽は情熱的ですね。
ギターのイメージが強いですが、それにフルートを載せてもまた雰囲気たっぷりです。

アンコール『虹の彼方に』
最後は、再び懐かしの名曲に戻って締めてくれました。

たくさんの曲を演奏してもらい、たっぷり満足できた演奏会。
質問コーナーもあったので、バスフルートが登場する有名な曲について聞いてみました。
ないそうです!まだ新しい楽器なので、クラシック名曲には使われていないのだとか。
アルトフルートはホルスト『惑星』に使われているとのことでした。

この日、斉藤さんは、バスフルートのほかにも18金のフルート(金なので重いそう)や18世紀の木管フルートをコピーしたもの、現代の木管フルートと、何種類も演奏してくれました。
一言でフルートといっても、楽器によってまた音色が違うものですね。
また、話の流れで、サックスやフルートはバイオリンよりもはるかに簡単なんだよとこっそり教えていただきました。
フルートとバイオリンをやっていた私。再開する時にはまずフルートからにしようと思います。
posted by リカ at 18:46| Comment(0) | 【music】Classic・室内楽 | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

ムンク展-共鳴する魂の叫び

2018_munch_l.jpg

まさか、100%ムンクだけの展覧会が、約100点も上野にやってくるとは思いませんでした。
オスロ市立ムンク美術館所蔵の、エドヴァルド・ムンク(1863年-1944年)の作品展。
かつて、ノルウェー旅行中に訪れたことがある美術館です。
それまで、陰気なイメージのムンクはあまり好きではありませんでしたが、さまざまな作品を観ると、想像以上に色彩鮮やかで情緒に訴えかけてくるものが多いとわかり、それ以来好きな画家になりました。
今回も、開催を楽しみに待っていました。

『叫び』の画家として知られていますが、なんだかんだで彼のファンは多いはず。
そう思って行ったところ、やっぱり結構な人の行列ができており、40分待ちでした。

5歳の時に母親を、14歳の時に姉を亡くしたムンク。
二人の死は彼に大きな影を落とし、作品にも色濃く表れています。

ムンクは多数の自画像を描いています。
自己愛なのか、モデルと関わりたくなかったのかは、わかりません。

風景画は、日中のものはほとんどありません。夕方〜夜の絵ばかり。
陰影がなく平面的なのが特徴です。
でも、背景やタッチは明るくさわやかで、暗い絵ばかりでもありません。

先ほど、国立西洋美術館でルーベンス展を観てきたばかり。
ルーベンスが描く人物像は、ふさふさとした髪をドラマチックになびかせています。
ムンクは、髪がないつるっとした頭の人物をよく描きます。
構図の取り方もかなり違っていました。

ムンクの作品テーマは『孤独』でも『叫び』でも『恐怖』でもありません。
『愛』がテーマでした。
『呼吸し、感じ、苦悩し、愛する人生を描くのだ。』と、その生涯をかけて、目に見えない心の中を描こうとしたムンク。
静かながら、感情を揺さぶられる作品を数多く残しています。

* * *

● 《ブローチ、エヴァ・ムドッチ》
ブローチ、エヴァ・ムドッチ.jpg
《ブローチ、エヴァ・ムドッチ》1903年 リトグラフ

リトグラフの中でもひときわ目を引く、くっきりした美しい顔つきの女性。
彼の恋人の、イギリスの女流ヴァイオリニストです。
ほかの作品にはない、恋する男性の視線が感じられて、はっと引き寄せられました。

孤独な人嫌いのようなイメージですが(ひどい)、実際にはドラマチックな恋愛遍歴を持つムンク。
人妻との初恋をはじめとして、さまざまな女性と恋をしたようです。
ある時、拳銃を持ち出した彼女に結婚を迫られ、話がもつれて銃が暴発し、左指の一部を失った彼。
結構激しい恋愛をしていたんですね。
その後も、このエヴァ・ムドッチ含め、数人の女性と付き合いましたが、孤独を選び、生涯独身を貫いたそうです。

* * *

● 《叫び》
sakebi.jpg
《叫び》1910年?

ムンクの代名詞ともいえる作品。
1893年から1910年にかけて、彼は同じ構図ながら、画材の異なる4パターンの《叫び》を手掛けています。
そう、《叫び》は世界に1枚だけではないのです。

ムンク美術館の所蔵作は、その中でも後の方に描かれた、1910年作のテンペラ画。
油彩画の《叫び》は、日本初公開となります。
5枚の《叫び》のうち、唯一、目玉がないバージョンですね。

この作品は、2004年に『マドンナ』と共に白昼堂々と美術館から盗み出されました。
警備員の目の前でのことだったそうで、世界中の美術愛好家にショックを与えました。
2年後に運よく戻ってきたものの、絵は損傷してしまい、修復後にまた展示されています。
再会できてよかった。今度は盗まれないでね!

絵の前には長い行列ができ、係員が「立ち止まらずに観て下さーい」としきりに声掛けしています。
まるで、パンダのシャンシャン状態。

実物を前にすると、不思議な感覚に襲われます。
橋以外はすべてぐにゃりと形を変えて、ゆっくりと迫りくる自然。
その自然の放つ叫び声に耐えかねて、耳を押さえる人物。
「叫んでいるのは自然の方で、人物ではない」と言われますが、この人物もやはり声をあげているように見えます。

空と緑と湖が曲線となって動く中、直線の橋に立つ人物。
それらが流れるように描かれることで、秩序を超えて激しくうねる自然の力が感じられます。
それにしても、耐えきれずに耳を押さえるほどの自然の声って、どんなものでしょうね。

* * *

● 《絶望》
「絶望」.jpg
《絶望》1894年

叫びの隣に飾られていた作品。
ムンクが「《叫び》シリーズの一作目」としているもので、背景や構図がまったく同じです。
これがどんどん変わっていって、《叫び》に至るんですね。

子供の頃、《叫び》はとてもおそろしい絵だと思っていましたが、今ではそうは思いません。
ただこの作品は、人物がくっきりと描かれている分、怖さにもつながる相容れなさや、やるせなさが感じられました。

* * *

● 《森の吸血鬼》
森の吸血鬼.jpg
《森の吸血鬼》1916-18年

ムンクは、同じ構図やポーズを、バリエーションを変えて何枚も描いています。
《吸血鬼》シリーズも多数描かれました。

吸血鬼とは、恋人にキスをする女性のことだったんですね。
初めは普通の恋人同士の接吻だったのが、いつしか男性の首を噛む女性に抽象化されていきました。
ひとつのテーマに対して、何枚も描いているうちに、どんどんデフォルメされて、顔の表情がなくなっていきます。

流れを順々に観ていくと、その変遷が分かりますが、この作品だけだと、シチュエーションがよくわからず、理解に時間を要することでしょう。

* * *

● 《別離》
別離』.jpg
《別離》1896年

恋人と別れて悲しんでいる男性の絵。
分かりやすい絵で、寂寥感がダイレクトに伝わってきます。

これも同テーマを何枚も描いたのでしょう。
デザインがこなれており、男の頭から離れていくように女性の髪がなびいています。
女性のドレスと海岸線は、今にも同化しそう。

* * *

● 《星月夜》
星月夜.jpg
《星月夜》1922-24年

同タイトルのゴッホの絵(1889年)が有名ですが、ムンクは知らなかったのか、特に影響は受けていないようです。
至って静けさが漂う風景。

タイトルの割に、月は描かれていませんが、人影は月に照らされたものだと想像できます。
人物の影などを深読みできるのかもしれませんが、至って穏やかな、星の輝く月夜雪景色を描いた美しい作品です。

ほかにも、北のフィヨルドから輝く《太陽》(1910-13年)や、現代男女に置き換えて実験的に描いた《クピドとプシュケ》(1907年)、ダビッドの同タイトルからの《マラーの死》(1907年)など、印象的な作品は多々ありました。

ムンクの人間性と、作品を通して模索し続けた生涯のテーマに触れられる展覧会。
とても観がいがありました。

* * *

● ミュージアムショップ

ミュージアムショップは、かなり充実して楽しい空間でした。
コラボグッズが多く、ルピシアのオリジナルティーや、カラムーチョの「ムーチョの叫び」、ポケモンとのコラボ商品が出ています。

ただ、ポケモンコラボグッズのほとんどが、11月3日時には売り切れ状態。
順次補填されるようですが、人気の高さを実感します。
kutsu_181016munch01.jpg
「叫びピカチュウ」のぬいぐるみが気になりました。かわいい!
1人1点のみ購入可との縛りがあっても、ソールドアウトの人気ぶりでした。
かわいいので、再販されてもまたすぐになくなりそう。これを買いにまた行こうかな。

映画『ホーム・アローン』でマコーレー・カルキンが頬に両手を当てたポーズ、あれも《叫び》からのオマージュだそう。
さまざまなジャンルに今なお影響を与え続ける、彼の作品の放つ力を、改めて感じました。
『ムンク展-共鳴する魂の叫び』
2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)
東京都美術館 
掲載画像は公式サイト galleryより。
《別離》はGAHAG(public dmains)より。
posted by リカ at 17:00| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

img_0_m.jpg

去年の『運慶展』以来、すっかり定番となった、仏像の大展覧会。
今回は、京都・大報恩寺の所蔵品です。

見どころは、この3点。
1.慶派仏師の快慶とその弟子の行快、運慶の弟子の定慶の3人の名品が中心。
2.寺外初公開の秘仏、行快の「釈迦如来坐像」と快慶晩年の名品「十大弟子立像」。
3.光背を外した(会期後半)定慶の「六観音菩薩像」[重要文化財]。

大報恩寺と聞いても、京都のどのお寺なのか、わかりませんでした。
「千本釈迦堂」と聞いて、(ああ)と思います。
北野天満宮の近くにあり、おかめ発祥の地として知られるお寺。
参拝したこともありますが、正式名称が思い出せませんでした。

1220年に義空上人に開創された、真言宗智山派の寺院。
2020年に開創800年を迎える記念行事として、今回霊宝殿の所蔵品が展示されています。

daihoonji_10.jpg

慶派にはスターが多く、名前が似ていてわからなくなるので、初めに一旦おさらいしておきましょう。
まず、慶派と呼ばれる仏師の祖が、康慶(こうけい)。
康慶の息子が運慶(うんけい)で、康慶の弟子が快慶(かいけい)。
去年、東京に運慶フィーバーが起きましたが、今年はもう一人の立役者である快慶のターンです。

[慶派の祖]康慶→[息子]運慶→[弟子]★定慶(じょうけい)
      ||
[慶派の祖]康慶→[弟子]★快慶→[弟子]★行快(ぎょうかい)

今回は、★印の3人の仏師による仏像が展示されています。

-------------------------------------------------

● 《千手観音菩薩立像》

かつて、大報恩寺の近く、北野社(現在の北野天満宮)大鳥居の南側に、足利義満が建てた北野経王堂がありました。
堂は江戸時代に解体され、所蔵品の輪蔵や経典、仏像は、大報恩寺に移管されることとなりました。
まず初めに、北野経王堂ゆかりの名宝が紹介されます。

jubun_photo5.jpg
千手観音菩薩立像 平安時代・10世紀

入ってすぐに出迎えてくれた像。
手の表情が平安を物語っている、美しい像。
作者不詳ですが、精緻に作りこまれており、観ているだけで、心穏やかになります。
-------------------------------------------------

● 《釈迦如来坐像》

67.jpg
行快作 [重要文化財] 釈迦如来坐像
鎌倉時代・13世紀

展示室いっぱいに、釈迦如来坐像と十大弟子立像が陳列されています。
中央に鎮座しているのは、ご本尊の秘仏「釈迦如来坐像」(重要文化財)。
このお釈迦様の像がある千本通のお寺なので「千本釈迦堂」と呼ばれているのです。

普段は本堂内陣の厨子の中に安置されており、年に数回しか公開されません。
これが、寺外初公開。そのためか、とてもいい保存状態です。

快慶の弟子、行快の作品で、きりりとした表情をしていました。
秘仏の後ろにまでぐるりと回り込める360度の展示。
贅沢な空間です。

その周りに立っているのは、快慶晩年の十大弟子立像。
釈迦の十人の主要な弟子たちで、皆布をまとった質素な格好ながら、立ち姿や筋肉の載せ方で、年若や年長さが巧みに表現されていました。

あまり詳しくないながらも、一番弟子の阿難陀(あなんだ、アーナンダ)と、釈迦の実子の羅睺羅(らごら、ラーフラ)はわかりました。
お寺では現在、釈迦如来は本堂、十大弟子は霊宝殿に、別々に保管されているそうですが、今回の特別展では、釈迦と十大弟子が同じ空間に展示されており、昔の配置を体感することができます。
-------------------------------------------------

● 肥後定慶作《六観音菩薩像》

jubun_photo3.jpg
肥後定慶作 [重要文化財] 六観音菩薩像
鎌倉時代・貞応3年(1224)

寛文10年(1670)に、北野経王堂から大報恩寺に移された六観音菩薩像。
重要文化財に指定された、唯一の六観音像です。

六観音菩薩とは、日本の密教での観音菩薩の組み合わせ。
聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝観音、如意輪観音の六体を指します。

作者は運慶の弟子・肥後定慶。
鎌倉時代、定慶という名の人は4人もいたらしく、区別をつけるために、この人は肥後定慶と呼ばれています。
どれもすらりとした細身の立ち姿の美しい観音像。
准胝観音像の胎内に、彼の銘があったそうです。

最後の聖観音は、なんと写真撮影OK。
会期の前半、10月28日までは光背をつけた姿で、会期後半、10月30日からは、光背を取り外した姿で展示。
360度周れて、普段見ることのできない間近で背中も観られる、珍しい機会です。

55.jpg
聖観音像

会場スペースは運慶展の半分しかなく、残り半分ではマルセル・デュシャン展が開催中。
展示数の物足りなさはありますが、空間を潤沢に使い、照明を駆使して、360度仏像を鑑賞できるようにした展示法はとても印象的で、スペクタクル感にあふれたものでした。

スーベニアショップには、お寺の御朱印のほか、『聖おにいさん』とのコラボグッズのTシャツやキーホルダー、クリアファイルなどがいろいろと揃っていました。
二人が着ている快慶・定慶Tシャツも売られており、原作を知らない同行の親は不思議がっていました。
(でも説明すると長くなるので、黙っていました…!)

hoo0.jpg

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」
東京国立博物館 
2018年10月2日(火)~12月9日(日)
画像:公式サイトより
posted by リカ at 18:15| Comment(0) | 【finearts】書・版画・彫刻 | 更新情報をチェックする