2019年03月19日

ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2019

IMG_1239.jpg
at パシフィコ横浜 会議センター メインホール

テーマ『The Age to Come 科学が拓く明るい長寿社会』
(聴講講演)
● 対話-Smart Ageing Study(楽しく賢く歳を取る)
   ティム・ハント、川島 隆太
   モデレーター:藤垣 裕子
● 健康-Life Style for Healthy Ageing(健康寿命を延ばすには)
   エリザベス・H・ブラックバーン、伊藤 裕、トム・カークウッド
   モデレーター:アダム・スミス
● 講演-Serendipities of acquired immunity(獲得免疫の驚くべき幸運)
   本庶 佑
● ノーベル賞受賞者による総括パネルディスカッション
  What can we say about the future(明るい未来への展望)
   エリザベス・H・ブラックバーン、アンガス・ディートン、
   本庶 佑、ティム・ハント、ランディ・シェックマン
   モデレーター:アダム・スミス

IMG_1230.jpg

ノーベル・プライズ・ダイアログは、ノーベル賞受賞者を含む世界の著名な研究者たちが語り合う公開シンポジウム。
日本では2015年から4回目の開催となり、今回のテーマは“The Age to Come”「科学が拓く明るい長寿社会」。
長寿社会や老化防止にかかる最先端の研究、技術革新などについての講演会となりました。

私は、本庶 佑さんの講演を聞きたいと思っての参加。
講演は全て英語で行われ、彼の日本語は聞かずじまいでした。

IMG_1241.jpg

日英同時通訳がありましたが、日本語にしてもさすがは世界最高峰水準、学術的専門性が高い、難しい内容でした。
でもざっくりいえば「幸せな人ほど長生きします」ということだったよう。
科学的にも実証されていることなんですね。
テロメア研究の第一人者、エリザベス・H・ブラックバーン氏は「Stay Curious.」と言っていました。

IMG_1244.jpg

最後のノーベル賞受賞者たち5名の対談では、最後にモデレーターが発した「皆さん、あとどのくらい長生きしたいですか?」との問いに(そういうこと聞くんだ!)と思いました。
登壇者たちは「10年」「4年」「今の研究が立証されてから」などとめいめいに言い、本庶さんは(うろ覚えですが)「120歳まで」と言われて、会場の笑いを誘っていました。

人類の役に立つ研究を行っている彼らはとても生き生きとしており、まさにやり甲斐は生きる力とリンクすることを体現していました。

IMG_1228.jpg

ところで、入場する時に、うっかり間違えてパシフィコの展示ホールの行列に並んでしまい、AKB48の54thシングル「NO WAY MAN」発売記念大握手会の会場に入り込みかけました。
厳しいセキュリティチェックを受けて(さすが、ノーベル賞受賞者は世界の宝だから安全必須なのね)と思いましたが、気がつけば周りは男性だらけの特殊な空間。
自分がどうなっているのかわけがわからなくなった、びっくり体験でした!