2003年01月25日

『南澤大介 ライブ&クリニック』

クロサワ楽器 Dr.Soundこの人のギター練習者向けの教材CDを持っており、「太陽にほえろ」などをギター一本でまじめに弾いている所がおもしろいと思っていたので、今回のコンサートは楽しみにしていた。

でもどちらかといえば今回は演奏ではなく、クリニックがメインだったよう。
集まった観客はどうもそちら目当てで来た人がほとんどだったようなので、ギターをまるっきり弾けない私は(あちゃ〜)と思った。

でも、ギターの奏法はわからなくても見ていておもしろい。ちょっとしたフレーズを弾いてみながら説明してくれるので、わかりやすい。かなり荒々しく本体を叩いて拍子をとったりするので、(叩きすぎて弦の調子が狂ったりしないのかな)と思う。
程よいエコーを聞かせながらも、きちんと残響を消して次の音を弾いていく奏法なので、きちんとした音色で聴こえる。
ピアノでもこの程よい音響効果を心がけることは、結構難しい。

あまり気にしたことはなかったけれど、好みによって足を組んだり組まなかったりするらしい。
確かに、足を組んで演奏する様子を初めて見た時、「なんだかがんじがらめで動きづらそうだなあ」と思ったことがあった。

持参の楽器のほか、商品のギターも3本ほど弾いていた。ギターの質にはとんと疎い私ながらも、音の違いがくっきりと出ることに驚いた。
トークもおもしろくて、楽しく過ぎた1時間だった。
最後に、自分のギターを持参して彼にサインしてもらっている人がいたので驚いた。実はすごい人なのかなあ。
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】Classic・ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック