2008年10月04日

『TAXi 2』

51VNgLapJ-L._SL500_AA240_.jpg製作・脚本:リュック・ベッソン
監督:ジェラール・ クラヴジック
出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディーファンタル

もっと真剣なカーチェイスかと思ったけれど、基本はコメディ映画だと知る。
車の速度は速いけれど、そのほかの流れはかなりゆるくて、「マトリックス リローデッド」の高速道路シーンを想像していた私には拍子抜けだったけれど、緊張せずに楽にみられた。

主役のサミー・ナセリは、アルジェリア移民とのこと。作中ずっとサッカーフランス代表のユニフォームを着ているので、どうもジダンと印象が重なる。なぜアルジェリア移民の人は、みんな短髪なんだろう?
「グラン・ブルー」の主人公を演じた、ジャン=マルク・バールも、坊主頭だったことを思い出す。彼は移民ではないけれど…。

日本へのオマージュなのか、ところどころに妙なジャポネスク風味が入っているのがおかしい。
基本、流血シーンはないし、ハッピーエンドなので、難しいことは考えずに、楽しく観られた。
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Cinema】フランス映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック