2002年06月29日

[3位決定戦]トルコ×韓国 3-2

(大邱) この日は友人とTV観戦。ソウルに住む友人がこの試合に行っているとのこと。今回もスタジアムは真っ赤に埋め尽くされている。でもトルコも赤と白のチームカラーだから、見分けがつかないかも?!
開始のホイッスルが鳴り、(ああ、いよいよだわ)と思いながらぼんやり見ていたら、あれよあれよという間にハカン・シュキュルがゴールに突進し、あっという間に一点入れてしまった。キックオフ後11秒だったらしい。解説者もびっくり。きっと世界中の観客がおどろいただろうな。これはW杯史上最速の記録らしい。
髪型がシーマンしているトルコのGKリシュトゥは、終始ナイスセービングだった。こんなにすごかったのかと驚く。トルコチームは全体的に、どんどん調子が上がっている感じ。韓国を圧倒するプレイを続ける。1-1になってからイルハンが2点入れ、これは3-1のまま終わるかと思ったら、最後のロスタイムに韓国が粘り強く1点入れた。さすがの根性。でもさすがにタイムアップ。トルコが3位となった。

トルコは韓国→日本→韓国と渡り歩いたチーム、しかもブラジル戦直後ということもあり、これは相当分が悪いと思っていたけれど、すばらしい試合展開に見とれた。ホスト国の日本と韓国に勝つとは、恐るべし大国。でもサッカーを通してトルコに注目する日本人が増えたと思うと、トルコ好きの私としては嬉しい。
試合終了後、トルコと韓国の両選手が互いに肩を組み合ってスタンドに挨拶したのはとてもすがすがしくて美しい光景だった。両チームとも今回のW杯ではすごく活躍したなあ。今頃イスタンブールは大変な大騒ぎになっているんだろうな。韓国サポーターもお疲れ様でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック