2002年06月30日

[決勝]ブラジル×ドイツ 2-0

横浜国際競技場
前日、ネットで探しまくっていたんだけれど、今回こそはどうやってもチケットを入手できなかった決勝戦。友人と会場まで出かけてチケット探しをしていたけれど、今回はさすがにすんなり話がまとまらない。そうしているうちにどうやらキックオフの時間になったよう。通常なら時間が過ぎればチケットの値段は下がるはずだけれど、今回は1枚10万の相場は崩れなかったため、気持ちを入れ替えてTV観戦するために帰る。
今回は、横浜国際競技場にも入ったし、ドイツもブラジルも試合は見ているんので、別にいいやという気持ちでいたので、気持ちの入れ替えはすぐに済む。
TV前に座った時はハーフタイム直前。前半はお互い無得点。
点を入れないと勝てないのがサッカー。どちらも攻めまくる。そしてポストに当たって何度も跳ね返る。
GKも好セーブだった。一気に日本で有名になったドイツのカーン。ブラジルのマルコスも何度となくボールをはじいていた。
ドイツはバラックが出場できないため、どうも攻撃の最後の一押しができなかった感じ。ノイビルが何度かいいシュートを送っていたけれど、惜しくも点につながらず。(彼は悲しげな顔をしているので、シュートが決まらず本当に悲壮な表情になっている)
試合中、エレミースが足からひどく出血し、カーンが選手と接触して小指の靱帯を切るなど、激しい試合展開だった。そしてとうとうロナウドが2点ゴールする。
でも!!食事を済ませてベッドに横たわりながらTV観戦していたら、2点目のゴールの後についうとうとしてしまったらしく、終了のホイッスルを聞かずに終わってしまった。ハッと気づいたら終了直後。うそー。

今回のワールドカップでは、ほれぼれする美しいプレイや華麗なシュートなどをたくさん見てきたけれど、結局は点を入れるか防ぐか、しかないんだなと思う。その基本のところでブラジルもドイツも戦っていたよう。とにかく入れてやる、というブラジルがとにかく防いでやる、のドイツに勝ったのだと思う。

終了後のブラジルチームの喜びようはすごかった。みんな本当に大喜びしていた。かたや、カーンGkはゴールから動けず、ずっとそこにじっとして敗北をかみ締めていた。
ブラジル3Rの破壊力を考えると、今回の勝率はやはりブラジルが高かったと思うけれど、ドイツも惜しいシュートをあげていただけに残念。次はドイツ開催だし、ぐっと強くなるんだろうと思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13399035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック