2006年05月06日

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2006』記念ライブ

at 東京メトロ銀座駅内コンコース(銀座のオアシス)ab_logo.gif
by 東京芸大有志

銀座駅に降り立ったらライブ演奏が聴こえてきた。ちょうど演奏中に通りかかれたので、そのまま聴くことにする。
金管メンバーで、構成は、オーボエ、クラリネット、チューバ、ファゴットが各2人ずつ、それにベースの計9人。
オーボエが主旋律を担当し、1stオーボエは芸大教授のようだった。
特に銘うったものは見当たらず、プログラムもわからないけれど、耳馴染みのあるモーツアルトのナンバーを何曲も演奏してくれた。
とてもリラックスした、のんびりした気持ちになれる。大勢の人が聴き入っている。こうしたメトロ内コンコースでの演奏は、音響もいいしいいアイデアだと思う。それにモーツアルトはみんなが好きなメロディなので、今回のイベント(おそらくモーツアルト生誕250年記念)が定期的に催されればいいのになと思った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック