2015年11月04日

8 Hands' Piano Performance vol.2

2.jpg

演奏:谷合千文、清田千絵、井垣壮太、樋口晃子
慶応大学日吉キャンパス 来往舎イベントテラス

曲目:ウェーバー《舞踏への勧誘》
バッハ《ブランデンブルク協奏曲 第3番より第1楽章》
ブラームス《ハンガリー舞曲》、
ラヴェル《マ・メール・ロワ》、
ガーシュイン《ポーギーとベス》
ラヴィニャック《ギャロップ行進曲》ほか

4人のピアニストによるピアノ8手連弾の演奏会。
8手連弾というのは聴いたことがないので、興味を持って出かけました。
そういえば、かつてラベック姉妹というピアニストがいましたが、彼女たちはどうしているかしら。
(調べてみたところ、2人とも今でも現役で活動中のようです)

1.jpg


自由席なので、せっかくなので運指を見たいと、早目に会場に向かいましたが、この日は大雨で急激に冷え込み、ガラス張りのイベントテラスはとても寒い状態。
暖房もなく震えていましたが、演奏家の方々の方が肩を出したドレス姿で、ずっと寒そう。
でも、ピアニストたちの登場で、場は華やかになり、心なしか寒さも薄らぎました。

グランドピアノを2台向かい合わせて、一台のピアノを2人が弾きます。
メンバーは、男性1名、女性3名。
途中、全員の他己紹介などのMCもはさみながら。
東京芸術大学の仲間で、仲がいい雰囲気が伝わってきます。
去年もこの会場で演奏会を行ったため、vol.2というタイトルなのだそう。

それぞれの技術の高さはもちろんですが、演奏者の数が多いだけ、呼吸を合わせなくてはならない大変さが生じます。
いつも一緒に演奏していて感覚をつかめていないと、難しいでしょう。
そういったざわついた音のずれは、予想していたほどありませんでした。

途中、《マ・メール・ロワ》など、2人の演奏が合ったりしましたが、ほとんどの曲は4人での連弾。
ガーシュイン《ポーギーとベス》をずいぶん久しぶりに聴きました。
最後は、椅子を4脚、縦に並べて、4人がぴったり座り、一台のピアノを弾くというパフォーマンスを見せてくれました。

4.jpg


なんだか『若草物語』の仲のいい4人姉妹を見ているような気になりました。(一人男性ですが)
なかなかライブで目や耳にする機会のない4人での連弾。またの折に演奏を聴きたいです。
posted by リカ at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】Classic・ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429057886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック