2016年03月01日

「食品表示の見方と選び方」

782_n.jpg2.24(Wed)by 中戸川貢(食品加工コンサルタント、食べたい工房代表)at +plus

今回は、加工食品ジャーナリストという聞き慣れない肩書ですが、去年1年間で65回も講演会に呼ばれたという売れっ子の講師。
加工食品と添加物についての詳しいレクチャーを受けました。

----------------
(memo)
現代の食事はミネラル・ビタミン不足。
添加物以外に深刻なのが栄養不足。
新型栄養失調の健康障害を生んでいる。
P1150138.jpg
「温州みかんエキス入り」なのに「無果汁」の「いろはす」


豪華なコンビニ食でも一日ミネラル・ビタミン摂取量は低い
豪華にしても、増えるのはカロリーだけ。

618_n.jpg


現代食品の三大欠陥 @水煮食品の増加 A精製食品の増加 Bリン酸塩使用増加

@水煮食品の増加 
水にさらすと具材の切り口からビタミン・ミネラルが抜ける
食物繊維と添加物、化学調味料のみが残った商品が売られている

A精製食品の増加 
白米や上白糖がかつて問題になっていたが、精製油と精製原材料で増量した食品が見逃されている

油のミネラルは「不純物」と言われる
不純物を含む油で揚げると胃もたれ、胸焼けしにくい
不純物を除去しているサラダ油は×
バター焼きに使われているのはバターではなく、業務用バターフレーバーオイル(=サラダ油)

表示が間違っていなければ、後は選ぶ消費者の責任
「バター風味マーガリン」(=バターじゃなくてマーガリン)などきちんとチェックする。

Bリン酸塩使用増加
リン酸塩は食品を白くぷりぷりに保つ効果。
冷凍機能を高めるため、冷凍食品に多用される。
リン酸塩は毒性はないが、食品中のミネラルと結合しやすく、ミネラルの吸収を阻害する。

ミネラルが不足すると、身体の構成成分、生理作用の調節、精神に影響する。
低体温は運動不足と食事が原因。
----------------
81FN5ksrKAL._SL1500_.jpg
「越後のごはん」といっても新潟米ではなく「越後製菓」の商品という意味(まぎらわしい!)


チェーン店名や商品名をバンバン出すため、具体的でわかりやすいです。
普通、ビールを選ぶときには、味の好みによりますが、ビール会社によって使っている水が違うのだそうです。純水、水道水、天然水など
ミネラル0の純水(リン酸塩を含む)を使っているところよりは、天然水でなくても水道水を使っている方がいいそうです。

また、コンビニでどのコーヒードリンクを買おうかと迷った時には、ドトールとオハヨー乳業の共同商品で岡山工場で作られた「ドトール カフェ・オ・レ」を選ぶと、一番添加物が少なく身体にいいそうです。
   製造:オハヨー乳業岡山工場、販売:ドトールコーヒー
   原材料:50%未満の生乳、コーヒー、砂糖のみ
   香料・着色料:不使用

驚いたのが、手作りと外食での落差が一番大きい料理は和食だということでした。
一番差が少ないのはイタリアンだそうです。
夢庵よりもサイゼリアの方がいいということです。

大手コンビニでは、セブンイレブンはリン酸塩の減少につとめているそう。
ローソンはその二番手ですが、こだわり過ぎのため、無添加ものの売り上げはイマイチだそうです。
プレミアムロールケーキの隣に無添加スイーツが売っているため、どうしてもおいしさに差が出てしまい、人気が低いのだとか。

リン酸塩は、あまり聞かない添加物名ですが、だからと言ってあまりみかけないわけではありません。
「リン酸塩」と表示されることがまれで、メタリン酸NaやpH調整剤もリン酸塩だそうです。
また、リン酸塩を含む可能性のあるものとしては、乳化剤(チーズの場合のみ、その他の食品には含まれない)、イーストフード、かんすい、調味料(アミノ酸等)、調味料(無機塩)、調味料(核酸等)、ガムベース、ベーキングパウダーなど、覚えていられないほどあります。

成分表示には全てが記載されているわけではなく、表示が免除されている添加物としてはキャリーオーバー(かまぼこなどの加工品)、加工助剤(煮豆製造の品質改良剤)、ばら売り食品(コンビニおでんの練り製品など)があるそうです。

つまりリン酸塩は、加工食品全部に入っているようなもので、もはや避けては通れないようです。
90年代後半から使われ出した添加物のため、今の大人が子供の頃に食べた駄菓子には使われていませんでした。
当時の駄菓子にも添加物はいっぱい入っていましたが、リン酸はなかったし、コンビニもなく、親の手作り料理がメインだったため、まずまず健康に育ってきました。

しかしこれからは気を付けないと、食べ過ぎによる新型栄養失調になる可能性があります。
贅沢病と言ってしまえばそれまでですが、自分の身体を作る食品の成分について、もっと気にしていかなくてはいけないと思いました。

VADbEYa4.jpg
私が思い出したのは、栃木のソウルフード、「レモン牛乳」。
「レモン10%使用」なのに「無果汁」という永遠の謎。

posted by リカ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【lecture】講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック