2016年06月20日

「火星探査計画~火星に生命はいるのか?」

IMG_5713.jpg

五反田プラネタリウム 2016/6/11


初めて訪れた五反田プラネタリウム。
川崎・生田緑地のプラネタリウムになじんでいるため、ここのプラネタリウムは小さく感じました。
投影機も、川崎の誇るFusion2の方が高感度で質が高く、見え方がずいぶん違います。
でもその分、川崎の半分の入館料なのが魅力的。
川崎よりも座席のリクライニングがきいていて、ペア席(もしくは太っちょ用シート)もあります。
解説員の語りがあるのがうれしい点。
それほど混んでいなくて、のびのびと鑑賞できました。

IMG_20160611_132604.jpg


まずは星空解説。
天の川には2000億の星があるのだそう。
乙女座のスピカとは「とがったもの、麦の穂先」という意味。
乙女座が両手に持っているものは麦(収穫の女神デーメテール)と羽(正義の女神アストライヤル)で、二人の女神が一緒になっていると教えてもらいました。
正義の女神が天秤に羽を乗せて測るため、すぐそばに天秤座があるそうです。 

日本の星の名前はきれいですね。牛飼い座のアークトゥルスは「さみだれ星」と呼ばれたそうです。
天秤座の隣にあるさそり座は、そのしっぽが特徴的で、日本では「釣り針星」と言われるそうです。
さそりに殺されたオリオンは、さそり座が怖くて逃げているのだそう。
そのさそり座のそばにいるのはへびつかい座。 

夏の大三角は、こと座のベガ · わし座のアルタイル · はくちょう座のデネブです。
夏の夫婦星は、こと座のベガ(織姫星)とわし座のアルタイル(彦星)。
はくちょう座は北十字と言われます。

牛飼い座は、大くま座を見張っているようで、よそ見をしています。
その代わりに、りょうけん座に見張らせています。
ストーリーが繋がるようで繋がらないような、ささやかなところがまた面白い星座の配列です。

それから5・6月のテーマ「火星」の話。
5月31日に地球と火星は7528万kmまで接近しました。
火星には探査機がたくさん打ち上げられており、その数は全部で30機近くになるとのこと。確かに多いです。

かつては水があったとも言われている火星。
2020年には人類が暮らせるように計画されているようです。

今年は、火星の近くにさそり座アンタレスが見えます。
アンタレスとは赤い色が似ていることから「火星の敵」という意味。
ライバル同士が近づく、赤さの競演が楽しめる年だそうです。

IMG_5714.jpg


プラネタリウムの外には、かつての投影機が展示されていました。
こういうのを見ると熱くなります。
上の型はよく見るものですが、下はなんだか珍しいバルーン型。
どんなふうに星空を映し出していたのか、観てみたくなりました。

IMG_5715.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック