2016年06月23日

日本磁器誕生・有田焼創業400年「400年 有田の魅力展」内覧会

2016.6.22
at 東武百貨店 池袋店 8階催事場
copy 「美を宿し、用を叶えて400年。」
160613.jpg


佐賀の磁器、有田焼が今年で創業400年を迎えることを記念して開催される展覧会。
開幕日前日に行われたオープニングセレモニー&特別内覧会に出席しました。
上品さと華やかさをあわせもち、江戸時代からヨーロッパ貴族にも愛されてきたという有田焼には、世界中にファンがいます。

オープニングセレモニーには、人間国宝で陶芸家の井上萬二氏(写真中央)、日本文学研究者・コロンビア大学教授のドナルド・キーン氏(写真左)が登壇。

13494964_10206590506868016_7854306542658124079_n.jpg


人間国宝の方のお話を聞けるチャンスはなかなかありません。
華やかな色柄が特徴の有田焼の中で、白い磁器にこだわっているという彼の作品は、どれも幻のような透き通る美しさで、目を奪われました。

13466192_10206590507228025_435519210739736519_n.jpg
「白磁菊彫 文鶴首花瓶」 <径29×高さ36.5cm>(現品のみ、2,160,000円)

また、小さいころから名前を知っており、いつかお会いしてみたいと思っていたドナルド・キーン氏の御姿を拝見できて感激しました。
今年94歳とのこと。ユーモアを交えた挨拶をしていただきました。

その後、会場内で3名のエキスパートによる特別内覧会が行われました。
 陶芸家(人間国宝) 井上萬二氏 「400年の匠の技」
 佐賀県立九州陶磁文化会館館長 鈴田由紀夫氏 「有田焼の歴史」
 フードスタイリスト 遠藤文香氏 「食卓を彩る豆皿コーディネイト」

鈴田館長から、有田焼の400年の歴史を、時代時代の作品の紹介を受けながら解説していただきました。
初期伊万里様式から古伊万里金襴手様式など約20点の作品がブースに展示されており、様式の変遷を見ながら有田焼400年の伝統と発展を感じることができました。

これまで「伊万里」と「有田焼」の区別がよくついていませんでしたが、「有田」は器を作った場所で、「伊万里」は器を積んだ港の名前だそうで、結局同じものを指すそうです。
初期のものは「有田焼」ではなく「初期伊万里」と呼ぶのだそう。
それで「古伊万里」という言われ方をするんですね、と、「なんでも鑑定団」の中島誠之助氏を思い出しました。

はじめのうちは、青色しかなかったため、初期伊万里は青の単色だそうです。
また、地は白くはなく、少し茶味がかっています。
それが素朴で温かいというファンが多いとのこと。

IMG_20160622_184755.jpg
初期伊万里様式 染付松竹梅文皿 1610-1630年代


途中段階でも器は分厚く、発色は濃く、時に歪みが見えたりもします。
その田舎っぽさが残る点がむしろ魅力だというファンもやはり多いとのこと。

地の色が青白い時には青は映えますが、赤は沈むそう。
ミルキーホワイトだと赤が映えるそうです。
有田焼の印象的な赤色は、地の色を反映させた発色効果だと知りました。

IMG_20160622_184840.jpg
柿右衛門様式 色絵草花鶴文輪花皿 1670-1680年代


そうしたものから、時代を経て洗練されていき、日本の伝統にヨーロッパの嗜好が加味されて、見違えるように鮮やかなものに変わっていく様子はドラマチックです。
ドイツのマイセンがコピーしたというのも頷ける美しい色合いを楽しみました。

IMG_20160622_184857.jpg
マイセン窯 色絵花盆八角皿 1740年代前後


美しさと機能性を兼ね備えた現15代柿右衛門の作品もありました。
2014年に襲名したばかりですが、1600年から続くこれまでの柿右衛門の手がけた作品にはないモチーフの作品を発表するなど、伝統をもとに更なる進化をとげているとのことです。

IMG_20160622_183411.jpg
十五代酒井田柿右衛門の作品


有田焼というと、ものものしいイメージもありますが、遠藤氏には、料理と豆皿のコーディネイトを通じて、日常生活にさりげなくカジュアルに取り入れられる、小さな豆皿についてのレクチャーをしていただきました。
会場には、彼女がディスプレイを手がけた「食卓を彩る豆皿コーディネイト」ブースも設置されています。

IMG_20160622_185100.jpg


会場には、現代有田焼を代表する井上萬二氏、十四代今泉今右衛門氏、十五代酒井田柿右衛門氏といった28名の作家の作品や、源右衛門窯、香蘭社、深川製磁といった人気窯元の作品などが展示されています。
また陶芸作家や伝統工芸士が工房で行っているろくろ成形・絵付けの実演を行い、匠の技を披露してくれます。
展示品は、気に行ったらその場でお買い上げできるようになっていました。
本日から開催。6日のみの展示です。

■開催概要
タイトル : 日本磁器誕生・有田焼創業400年「400年 有田の魅力展」
日  時 : 2016年6月23日(木)~6月28日(火)
場  所 : 東武百貨店 池袋本店 8階催事場
営業時間 : 10:00~20:00 ※最終日は17:00閉場
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック