2016年07月05日

「メアリー・カサット展」夜間特別鑑賞会

IMG_6148.jpg


優しい愛に包まれた母と子の絵が特徴的な印象派のアメリカ人画家、メアリー・カサット(1844-1926)の作品展。
日本国内には所蔵が少なく、今回は実に35年ぶりの大回顧展になります。
カサットの人生の紹介とともに、初期から晩年にいたるまでの計100点の作品が展示されて要る今回の展覧会。
このたび、夜間観賞会に参加し、学芸員の方のギャラリートークを聴きながら作品を鑑賞できました。

* 写真は主催者の許可を得て撮影したものです。

〇 カサットの生き方
アメリカ人の裕福な家庭に育った彼女。父親が画家になることを反対したため、自分で旅費を稼いでフランスへ。留学目的でしたが、パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)では当時女性を受け入れていなかったため、ルーブル美術館で模写をして技術を磨き、19世紀後半のパリの画壇にデビュー。
自分の夢に向かって歩み続ける、行動的な女性です。

母と子の愛情あふれる作品を多々残していながら、自身は生涯独身を貫いた彼女。
そのためか、男女を描いた作品はほとんどありません。
この展覧会でも、ゴヤにインスピレーションを受けたと言われる作品《バルコニーにて》1873年くらいです。
男性の肖像画もほぼなく、彼女のよき理解者だった兄の絵くらい。

フランスで学んだ印象派をアメリカに広めた貢献を称えられ、フランス政府からレジオン・ド・ヌール賞を受賞。
自分の力で努力して成功を勝ち取った、新しい時代の女性の姿がありました。

〇 女性画家の視点
生命感にあふれる彼女の人物画は、身近な人の肖像画が多く、とても親密な印象。
人物中心で、風景はあくまで人物の背景の役割でしかありません。

IMG_6151.jpg
左:《庭の子どもたち(乳母)》1878年 ヒューストン美術館蔵
右:《浜辺で遊ぶ子どもたち》1884年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵

砂浜で夢中で遊ぶ子供たちが描かれていますが、海はあくまで脇役扱い。絵の中心は子供たちです。
この子供たちには、画家と数年前に亡くなった姉を重ね合わせて描いているのではないかと言われています。

IMG_6152.jpg
左:《扇を持つ婦人(アン・シャーロット・ガイヤール)》1880年 個人蔵
右:《桟敷席にて》1878年 ボストン美術館蔵


会場はコメディ・フランセーズでしょうか。黒い昼用ドレスでマチネを観に来た、オシャレな女性。
男性から見られていても、全く意に介していません。
見られる対象から見る対象へと変わる、近代女性の誕生を示唆したチャレンジングな作品で、カサットの宣言ともとれるとのことです。

IMG_6156.jpg
左:《ロバート・S・カサット夫人、画家の母》1889年 デ・ヤング・サンフランシスコ美術館蔵
中:《タペストリー・ファームに向かうリディア》1881年 フリント・インスティチュート・オブ・アーツ蔵
右:《眠たい子どもを沐浴させる母親》1880年 ロサンゼルス郡立美術館蔵

母、兄、姉の肖像画はそれぞれ別の美術館に所蔵されているため、ここで一家が勢ぞろいして画家も嬉しかろうというキュレーター。
右は、ルーベンスの母子像を彷彿とさせる構図でした。

IMG_6149.jpg
左:《果実をとろうとする子供》1893年 ヴァージニア美術館蔵
右:メアリー・フェアチャイルド・マクモニーズ《そよ風》1895年 テラ・アメリカ美術基金蔵


シカゴ万博博覧会の壁画を手がけた二人。それ以降は新しい女性像が描かれるようになっていきます。
昔のエデンで知恵の実をアダムから分けてもらうイブとは違い、自ら果実をもぐこれからの女性像が描かれています。
量感があり、肉付きがいい健康そうな母子。地に根付いたようなどっしりした安定感があります。
それとは対照的に、マクモニーズの作品は軽やか。
ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ風に描かれています。

〇 ドガとカサット
ドガの作品を観て感銘を受けたカサット。
ドガも彼女の才能を見抜き、1877年に彼女のアトリエを訪れて、印象派の仲間に入るように勧めました。
すでにサロン(官展)で評価されつつありましたが、息苦しさを感じていた彼女は、サロンと決別をして当時ほとんど知られていなかった印象派に転向。
自由な表現の解放を目指したそうです。

ドガは女嫌いで有名でしたが、カサットは例外だったとのこと。
知的で活動的な女性として彼女をとらえており、お互い感銘し合う間柄だったそうです。

IMG_6154.jpg
左:エドガー・ドガ《踊りの稽古場にて》1884年頃 ポーラ美術館蔵
右:エドガー・ドガ《踊りの稽古場にて》1895-98年 ブリヂストン美術館蔵


〇 同時代の女性画家たち
当時は女性の職業画家が少なかった時代。
彼女同様に社会に進出していた他の女性画家との交流もあり、仲が良かったそうです。
近代女性のパイオニアともいえる彼女たちは、認められるまでにたいへんな苦労と努力をしたでしょうが、展示された他の画家の作品も、そうした苦労を見せない、優しさに満ちたものばかりでした。

IMG_6155.jpg
左:マリー・ブラックモン《お茶の時間》1880年 プティ・パレ美術館蔵
中央:ベルト・モリゾ《バラ色の服の少女》1888年 東京富士美術館蔵
右:エヴァ・ゴンザレス《画家の妹ジャンヌ・ゴンザレスの肖像》1869-70年頃 個人蔵


〇 カサットが愛した日本美術
日本の浮世絵に引かれ、技法を取り入れた彼女。
歌麿などの浮世絵が展示されていました。
浮世絵の親密さと、ルネサンス期の聖母子像の普遍さが、カサットの母子像に現れていると言われています。

IMG_6158.jpg
左:《沐浴する女性》1890-91年 ブリンマー・カレッジ蔵
右:《母のキス》1890-91年 アメリカ議会図書館蔵

多色刷り銅版画の連作には、浮世絵の影響が見られます。
特に左の絵の女性を描くなめらかな線は明らかに浮世絵のラインを連想させるものでした。

IMG_6157.jpg
左:《夏の日》1894年 テラ・アメリカ美術基金蔵
右:《ボートに乗る母と子》1908年 アディソン美術館蔵


晩年は白内障を患った彼女。そのためにパステル画が増えました。
この展覧会では、自分の境遇に悲嘆せず、1926年に86歳で亡くなるまで、常に前に進み続けて好きな絵を描き続けていた彼女の生き方が紹介されています。
その強さが、彼女の作品に安定感を与えて、観る人を幸せで温かい気持ちにさせているのだろうと感じました。

【開催概要】
「メアリー・カサット展」
会場:横浜美術館(みなとみらい)
開催期間:2016年6月25日(土)-2016年9月11日(日)
開館時間:10:00-18:00  休館日:木曜日
posted by リカ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック