2016年07月21日

「地域を盛り上げる、デザイン的思考とイノベーション 」

03211309_56ef74006150e.jpg7月20日(水)at PLUS+(ACC-612) by 岩佐 十良(いわさ とおる):「自遊人」編集長

講師はライフスタイル雑誌「自遊人」の編集長。
以前は「東京ウォーカー」や「東京一週間」の編集・記事に携わっていたそうです。
都心のイベントから地方の情報の紹介にシフトしていった方なんですね。

現在では事業の本拠地を、東京から新潟県の南魚沼に移し、食のプロデュースも行っているそう。
150年前の古い旅館をリノベーションした「里山十帖」は、宿として初めて「グッドデザイン賞ベスト100」を受賞しました。
「十帖」とは十畳の部屋という意味かとよく質問されるそうですが、そうではなく、10のストーリーを持つということだそうです。

今回は、マーケティング的な面から語ってもらいました。
彼が目下大きな力だと感じているのは「共感メディア」。
以前は、いろいろな情報を落下傘のように次々と落としていけば「数撃ちゃ当たる」方式で人々に届いたといいます。
最大公約数を狙ったため、同じようなものばかりが流行ったのだそうです。

現在では、そうしたマスコミ主導方式では人に届かなくなり、人は、口コミの方をより信頼するようになったとのこと。
その「共感マーケティング」の流れに乗ってターゲットを絞り込むと、大ブームは起こさなくても、口コミによって強烈なファンやリピーターを獲得できると言います。

ミッションに共感してもらうには、「何をすべきか」を原点に置くことが大切。
共感の統合が編集ということになります。
確かに、かつてバブルの頃には、誰もが流行りの紺ブレを着ていましたが、今では同じ服を着ている人はそうそう見なくなりました。

09_n.jpg


アーティストは、自分の作りたいものをどんどん生み出していけばよいですが、デザイナーは、仕事を社会とコミットさせる、夢と源氏図を結びつけることも大切な仕事。
価値観の変化があった今は、「本物のラグジュアリー」とは高価な物品よりも自分にとっての「発見と感動」を意味するものになったため、それを提供する場として里山十帖を運営しているとのことです。

部屋数は全部で12室しかないそうですが、それに4億円もの初期投資をしたとのこと。
居心地の良い家具などにこだわり、宿の調度品などをその場で購入できるようにしたところ、家具だけで3千万円の売上げがあるそうです。ニーズがあるんですね。
その場ではなく、後日店舗で買う人もいることを考えると、かなり購買を促進させていることがうかがえます。

宿の運営のほかにも、地元の食材にこだわった店を「AG304」に選定し、広く紹介しています。
Aは永久(もしくはA級)、Gはグルメ、304とは廃藩置県前の藩数だとのことです。
インスタグラムの影響力による、スマホ上でのSNS戦略を広げているそう。

そんな彼は「情熱大陸」でも採り上げられました。
時代が求めているものや変化の流れを読み、それに合う形で情報を提供し続ける姿勢があるからこそ、都心を離れて地方に拠点を移しても、変わらず活躍を続けていられるのだろうと感じました。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック