2016年08月03日

銀河座「耳なし芳一」&「サブテーマ・本当の七夕」

IMG_20160730_143113.jpg


銀河座の今月のテーマは『耳なし芳一』。
こわいですね〜。怪談とは夏らしいですが、星座との結びつきは分かりません。
ヒュードロドロといった効果音がしたらいやだなあと思いながら、向かいました。

いつも開演前に、お茶を出していただきますが、今回は暑い夏の日ということで、炭酸水が出ました。
専用機械にかけて、館長自ら作ってくれました。シュワッとさわやか!

IMG_20160730_143818.jpg


イタリア留学をされた館長は、イタリアに造詣が深く、先日イタリアのプラネタリウムで講演をしてこられたそうです。
今回はその時のプレゼン資料も使われており、時々イタリア語での表記が投影されていました。

IMG_20160730_143850.jpg


小泉八雲の怪談、芳一話は、少女漫画風のきれいなイラストで解説されたので、そう怖さはありませんでした。
でも逆に、絵で描かれると具体性が増します。
さらに、実際に身体中にお経が書き込まれた人の写真が紹介されて、一気に現実味を帯びたものになりました。

芳一にはモデルとなった上人がいたそうです。気になる耳は無事だったそうです。
「かつて、秘密事項を聞きすぎたので何らかの罰を受けた」などの意味を含めたものなのかもしれません。

芳一の身体中に書かれたお経は、般若心経でした。
意味の解説を受けます。三蔵玄奘がサンスクリット語から漢語に訳したものです。
館長はお寺の住職さんなので、この辺りはご専門。
プラネタリウムのドームに、般若心経が大きく映し出されるのは、なんだか不思議な感覚でした。

IMG_20160730_161226.jpg


琵琶法師である芳一の十八番は『平家物語』。
壇ノ浦での源氏と平家の戦いが語られます。
もはやこれまでとなった時、「どこへ行くの?」と聞いた8歳の天皇に祖母の尼さんは「海の下にも都はございます」と答えて、一緒に入水をするシーンが、聞く人々の涙を誘う場所。
私も切なくなります。やはり長い年月の間、日本人の心を締め付けてきた箇所は一緒なんですね。

この壇ノ浦の合戦は、はじめは平家が優勢だったのが、「潮の流れが変わったために」源氏に有利となったそうです。
ただ、館長は(違うのではないか)と思っているのだそう。
館長の推察は、この海戦の平家の総領であった源義経が、ルールを破って平家側の船の船頭を撃ったのではないか、というもの。
船頭は、武士ではないため、殺してはいけないという不文律があったそうです。
それを、手段を選ばず殺していったことで、平家側がパニックに陥り、敗北に追い込まれたのではないか、ということです。
そうであるならば、義経は武士の風上にも置けない、ひどいルール違反者ですね。見損ないそうです。
かなりそんな気もするため、心に留めておいて、機会があったら調べてみたいと思います。

それから、七夕の話になりました。
先月のようですが、旧暦だと今月になるそうです。
織姫星と彦星の恋人同士の話ということで、館長がアダルトな説明をしてくれました。
「聞いている人、みんな大人だから、いいでしょう」さすが、イタリア帰り!
でも一人、中学生が親御さんと一緒に参加していたんですね〜。まあ刺激的!

実は館長とは誕生日が一緒。
今回は、生年月日が一緒の友人と一緒に行き、挨拶をしました。
来たる翌々日の誕生日を、お互いにお祝いし合いました。

160730-3 - コピー.jpg


館長から一昨年いただいた、山崎直子飛行士の宇宙アサガオ。
うまく花が咲いたので、周りの友人に種をおすそ分けしました。
今年も、葉が生い茂っており、あとは花が咲くのを待つばかりといったところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440670941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック