2017年01月16日

『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』試写会

a67.jpg
会場:松竹試写室

映画『レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮』(ルカ・ルチーニ監督、2015年)の試写会に参加しました。

しっかりと作られたドキュメンタリー。
ダ・ヴィンチ研究第一人者のピエトロ・マラーニ氏が解説をしたかと思うと、舞台は一気に当時のミラノに飛び、彼を取り巻く人々が登場しては語るという、時代の二層仕立てとなっています。

トスカーナ地方に生まれ、フィレンツェで学んだ彼は、30歳で移ったミラノで、彼の全盛期を過ごしました。『最後の晩餐』が描かれたのも、この町のサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院。

画家本人は、最後まで登場しません。
彼を知る周囲の人物に、彼について語らせるという流れになっています。
彼の絵でしか見たことがなかったミラノ公ルドヴィコ・スフォルツァやその妃たちが、当時の衣裳や髪型で登場し、あたかも絵から抜け出してきたかのような印象を受けます。

ミラノ公の愛人、チェチリア・ガッレラーニは、『白貂を抱く貴婦人』のモデルとなった人物。
作品そのままの格好で現れ、同じく公の愛人だったルクレツィアがモデルとなった『ラ・ベル・フェロニエール(ミラノの貴婦人の肖像)』の美しい出来栄えに嫉妬する彼女。
数百年前の人物の人間らしい感情により、さらに生き生きとした作品に見えてきます。

そのうちに登場人物が喋りかけているのが我々観客なのか、あるいは同じ時代の登場人物なのかと、混乱してきます。
ただ間違いないのは、当時も現在も、レオナルドが天才であるのは人々にとって変わりないということ。

15965181_1500871099937885_6414721585626458444_n.jpg


ミラノ滞在時代に手がけたレオナルドの作品が多数登場しますが、どれも目を見張るような鮮明な美しさ。世界初の4Kスキャン映像が用いられています。
圧倒的な映像美に見とれているうちに映画は終了。

そののち、東京造形大学の池上英洋教授と、美術ブログ「青い日記帳」主催者Takさんの熱いトークショーが行われました。

ダ・ヴィンチ研究者の池上教授は、いくつか映画の指摘点を挙げられました。
レオナルドの愛弟子のサライもメルツィも、弟子というより稚児という立場の方が近く、例えるならば『ヴェニスに死す』のビョルン・アンドレセンのイメージだとか。
サライは『洗礼者ヨハネ』の顔つきだと思っている私も、もっと美少年だったはずだという意見に賛成です。

15894865_1500870166604645_8061313004830728292_n.jpg


また、ミラノ公ルドヴィコが「ダ・ヴィンチは私の父の像を作らなかった」と言ったセリフには、語弊があるとのこと。
実際には、レオナルドは銅像を作るために、型まで取って大量のブロンズを用意していたそうです。
しかしその時にミラノとフランスが戦争を始めたため、そのブロンズは武器に使われたのだそう。

ミラノとフランス間の戦争に敗れたルドヴィコは捉えられ、パトロンを失ったレオナルドも、空爆を受けるミラノの町から離れたそうです。

彼の作品の中で最大サイズの『最後の晩餐』は、修道院の食堂の壁に描かれたフレスコ画。
freshの語源となっているように、すぐに乾いてしまうため、その場でどんどん描き込んでいかないといけませんが、黙考型の彼は、即断即決で描かずに済む新たな手法を編み出したとのこと。
よく『最後の晩餐』の制作現場に遊びに来ていたという、当時の修道院長ヴァンテルロの甥が、後に作家になり手記を書いたことで、レオナルドの制作風景が世に伝えられることとなりました。

15975001_1500869909938004_2644886127850078701_o.jpg


ミラノを占領したナポレオン軍は、修道院を厩舎にして、あろうことか壁を的当てに使いました。
あの作品が残ったのは、奇跡に近いものがあります。
「フランス兵はスフィンクスの鼻のこともあるので信用ならない」と教授。確かに、文化の国のはずなのに、軍隊は歴史的遺産をあまりにもぞんざいに扱っており、美術研究者が嫌うのも納得です。

『ラ・ベル・フェロニエール』は、頬に赤いドレスの光沢が反射しているのが斬新な表現。
指摘を受けなければ気がつかなかった点で、やはり専門家の解説は大切だと思います。
これは、ダ・ヴィンチが工学を学んだことで、取り入れた手法なのだとか。

15995298_1500869823271346_6768764425161740861_o.jpg


『白貂を抱く貴婦人』は、(当時ペットとして飼われていたんだろう)と思っていましたが、そうではないそうです。
宗教画によく見られる、子牛や子羊など動物を抱く図は、モデルが実際にその動物を抱えているわけではないようです。
近くにいる動物を、とりあえずモデルに持たせており、それはたいていが猫なのだそう。

実際の白貂は、動物園でスケッチするとのことで、当時すでに動物園があったことに驚きます。
もともとスケッチ重視の彼は、二つのスケッチを後で組み合わせたため、いまいちしっくりこないこともあり、この作品もそうした描き方で制作されたのだそうです。
たしかに、モデルの手つきを見ると、実際にはもっと大きくフカフカした猫を撫でているような気がします。

また、女性に興味がなかったという彼の描く女性像は、セクシーではないものの、普遍的母性があらわれ出ており、それが魅力となっているとのこと。
彼の女性が中性的で謎めいているのは、そういった理由もありました。

「研究者の数だけ説がある」と言われるダ・ヴィンチ。
いまだに多くの謎に包まれており、私たちの興味をかきたててやみません。

数年後に没後500年となるレオナルド・ダ・ヴィンチ。
画家の生きた当時と現代が違和感なく結び付けられ、半世紀たった今もなお、人々を引きつける彼の魅力に近づける作品です。

映画は1月28日より全国ロードショー。
◆ オフィシャルサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック