2017年03月17日

日本のエンターテインメントを学ぶ 宝塚歌劇に誘う7つの扉(入門編)

2017年3月15日(水) by フリージャーナリスト 中本千晶

IMG_1361j.jpg


2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団。
十代の頃から周りにヅカファンがおり、これまでに何度か観劇したことがありますが、まだまだ敷居が高く、知らないこともたくさんあります。

56035_thumbnail.jpg


今回は入門編として、基本のきの時から教えてもらうことに。
タカラヅカを知る7つのキーワードについて、解説してもらいました。

1.「男役と娘役」
どちらになるかは本人が決めますが、やはり身長がめやすになるそうです。
165cm以下だと娘役、167cm以上だと男役。
スターといったら男役ですし、男役はとっても人気ですが、「男役十年」と言われるように、無意識でも常に男性っぽい仕草ができるようにならないといけないのだそう。

しかも、ただ普通の男性のような振る舞いが身についてもダメなんですね。
理想のカッコイイ男性の仕草ができるようにならないといけないそうです。
これは難しいですね!だからこそ、憧れる女性が後を絶たないのでしょう。

娘役は、華麗なドレスさばきができるようにならなくてはなりません。
また、衣裳に合わせるアクセサリーや髪飾りは、なんと自前なんだそう。
衣裳は直前に決まるため、アクセサリー選びは時間との闘いになってしまうそうです。

タカラジェンヌには定年はないのだそう。
「白薔薇のプリンス」といわれた春日野八千代という男役スターがいたことを知りました。やっぱりプリンスなんですね~。

退団して芸能界に入る人も多い中、この人は96歳で亡くなるまで、宝塚歌劇団の現役団員だったそうです。

2.「ベルサイユのばら」
一番の人気舞台は、「ベルばら」と「羽根」。
ベルばらを見られるのは、もちろん公演がある時だけですが、ビギナーの方はいつでもやっていると思いがちだそう。残念ながら違うんですねー。
オスカル版だけしか見ていない私は、アントワネット版も見たいと思っていますが、なかなかチャンスをつかめずにいます。

宝塚の公演は3時間で、基本は演目2本立てにショー、レビューがあるもの。
でもベルばらは長い舞台なので、1本のみです。

3.「組」
この日の参加者は、思ったよりも男性の姿が多く見られました。
宝塚の組について尋ねられた前席の男性は、考えながらも全部答えていました。
一組に80人が所属しているそうです。
また、花月雪星宙の5組のほかに、特定の組に所属しない専科があり、各組の公演に出演しているそうです。

4.「羽根」
トップスターが羽根をしょって大階段を下りてくる様子は、とても華がありますね。
まさに花をしょって登場する少女マンガのヒーローのよう。
あの羽根はオーストリッチ(ダチョウの羽)やキンケイのものだそうです。
以前に比べて、どんどん巨大化してきており、20キロ以上の重さがあるそうです。

topicscd6294522097dbb9fa3ca1a1f8707b88.jpg


5.「宝塚音楽学校」
とても人気があるため、倍率20倍も高く「東の東大、西の宝塚」とも称される宝塚音楽学校。2016年は27倍の倍率だったそうです。
周りにもチャレンジした子が数名いますが、やっぱり狭き門でした。。。

6.「ヅカファン」
周りを見てもコアなヅカファン。
会場前で、ヅカファンの友人のお目当てスターの入り待ち、出待ちをしたこともあります。
男役は娘役の10倍のファンが待っているそうです。

タカラジェンヌのプロフィールが掲載された『宝塚おとめ』という年1回の発行の雑誌があるのだそう。
宝塚の雑誌が何冊も出ているのは知っていますが、これは団員年鑑としてチェックしてみたいものです。

7.「小林一三」
阪急電鉄だけでなく、温泉やプール、宝塚を作った人。今でいうベンチャーですが、のちに東宝(映画)も立ち上げたビッグなビジネスマン。
宝塚歌劇団の父として、今でもタカラジェンヌたちに慕われているそうです。

宝塚歌劇団は、100年前の1914年の第一回公演の時から、明治時代に海外から入ってきた洋楽やオペラを取り入れていました。
毎回オーケストラによる生演奏が行われるのも、宝塚の魅力の一つで、前身から数えると日本最古のオーケストラとも言われるそうです。

宝塚歌劇についての非売品の限定パンフレット『TAKARAZUKA REVUE FIRST STEP』をいただきました。
オールカラーでとてもわかりやすい内容です。
IMG_1252.JPG


帰りがけに、後ろの席の女性たちが、ネットでさっそく次の東京公演のチケット申し込みをしていました。
最近とんとご無沙汰でしたが、いろいろと話をきいて、久しぶりに華やかな舞台を観にいきたくなりました。
いつかぜひ、本場の宝塚での公演を観劇したいなあと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック