2017年05月19日

健康なカラダ ヒモトレ講座 〜ひも一本でカラダ改善!!〜

IMG_2259.jpg

by 小関勲 at 赤坂+PLUS

今回は、紐を使ってトレーニングをする講座。
講演者は、ヒモトレ提唱者の小関勲先生。
紐を使ってのエクササイズといったら、思い出すのはジムなどで使われるチューブトレーニングですが、それとは違いました。
手渡されたのは、ゴムではなく普通の紐だったのです。

弾力も反発力もない紐だと力の入れようがないため、トレーニングにならないのでは?と思いましたが、それは大きな間違いでした。
そもそも、力を入れる必要がなかったからです。

普段だと身体の正面から押されると負けて動いてしまう自分の身体が、紐をかけただけで外からの力を跳ね返すことに、自分でびっくり。
特に力を入れたわけではないのに、ただ紐をかけただけで、身体のパフォーマンス力が変わるなんて。
参加者たちと顔を見合わせて、不思議がります。

見ているだけだとインチキっぽいのですが、実際に自分でやってみても効果を感じます。
嘘のような本当の話。
「意識ではなく無自覚のクセに働きかける」ためだと、先生は言います。
それが全身のバランスを整えてくれるようです。

IMG_2260.jpg


足首、肘、肩、頭など、症状に応じてさまざま。
どこも、ひもを当てると巻いたところが安定するそうです。
先生の元を、水泳、野球選手、ゴルファー、なでしこなど、多くのプロの運動選手が訪れるそう。
チェロ演奏者の動画もありました。紐をかけるとは音のツヤや豊かさが変わってきます。
また、人間だけでなく動物の脱臼の予防にも効果的だそうです。

IMG_2261.jpg


今の人は全体的にバランスが良くなっているものの、裏(背中)の力が足りないとのこと。
昔の人は一俵(60kg)を持てたそうです。
信じがたい話ですが、俵かつぎという力比べで、米俵を5、6俵背負った女性たちの写真が映し出されました。
力持ちだったんですね。かつての米泥棒は2、3俵を一人で担いで、追っ手から逃げたそうです。
10kgでも腰が引けてヒーコラ言っている私にはとても無理!
そういうご時世だからか、今のお米は半俵(30kg)に減っているそうです。

シンプルな身体リセット術。
テーピングにも似ていますが、そちらのような専門的知識は一切要りません。
なにより「頑張らない・我慢しない・結果を気にしない」という、効果を求める際の禁じ手3連発がモットーになっているというところが革命的です。
ちかぢか、ヒモトレ講座の著書も発刊されるとのこと。
心がけて生活に取り入れていきたいと思います。
posted by リカ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【events】体験コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック