2017年05月29日

東京工業大学管弦楽団 第156回定期演奏会

pic29thum2.jpg2017年5月27日Sat.
めぐろパーシモンホール 大ホール
指揮: 末永 隆一

 <プログラム>
G.ヴェルディ 歌劇「運命の力」序曲
G.ビゼー 「アルルの女」第1組曲
J.ブラームス 「交響曲 第1番 ハ短調」

東工大オケを聴くのは、これで2回目。前回の演奏がとてもよく、さらに今回のプログラムは好きな曲ばかりだったので、今回も母と一緒に聴きに行きました。

学生オケにしてはかなりレベルが高いと思います。本人たちの演奏力はもちろんのこと、各パートについているトレーナーの腕がよいのでしょうか。

歌劇「運命の力」は、ふだん歌劇ではなく曲でばかり聴いているため、序曲しか知りません。タイトルの力強さに反して、登場人物は相思相愛の男女なのに、メロドラマが転じてシェイクスピアの悲劇並みに救いのないストーリーだということを知りました。

「アルルの女」も、悲恋です。おおよそにして、悲恋ものだとドラマチックな曲になるということなのでしょうか。曲調に合ったキレがある演奏でした。

ブラームスの「交響曲 第1番」は、かなり時間をかけて作ったとは知っていましたが、完成までに足掛け21年かかったとのこと。完璧主義なんですね。
お父さんがコンバス奏者だということも、解説で知りました。
ブラ1は、オーボエにクラリネット、フルートにホルンと、ソロ楽器の見せ場が各所にありますが、第2楽章には交響曲にしてはめずらしく、ヴァイオリンの長めのソロもあります。ここをコンマスが美しく弾ききったので、拍手喝采しました。

アンコールはブラームスの「ハンガリー舞曲 第5番」。今回も満足度が高い演奏会でした。
演奏後、指揮者が拍手を浴びながら一旦ステージから下がる時、普通はさっそうと足早に歩くものですが、この指揮者は前回も今回もかなりゆっくり歩く人だなあと思って眺めていました。力を出しきって憔悴しているのか、拍手の時間を長く持ちたいのか、また違う理由なのかは、わかりませんが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450329522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック