2017年06月13日

出雲の古墳ナイト in 銀座HANDSEXPO

@ハンズエキスポ銀座
by まりこふん(古墳シンガー)、丹羽野裕(島根県教育庁文化財課課長)、テリー植田(イベントプロデューサー)
主催:島根県立古代文化センター・HANDS EXPO

IMG_2551.jpg


面識があるテリー植田さん、まりこふんさん、さらに裏方で古墳にコーフン協会の伊藤理事長が銀座でイベントを行うと聞いて、参加しました。
出雲の古墳に詳しい、島根県教育庁文化財課の丹羽野課長も登場してのトークショーです。

去年出雲旅行をして、神話の里の寺社仏閣巡りをしましたが、古墳には一つも訪れませんでした。
まあ普通はそうだと思いますが…いったいどんな古墳があるのでしょうか。

IMG_2560.jpg


会場で、島根の名産5品をいただきました。
・島根和牛ローストビーフ
・浜田のB級グルメ 赤てん
・和菓子「花けしき」
・和菓子「松韻」
・出雲生姜ジンジャーエール

IMG_2555.jpg


中でも「じんじゃエール」は、出雲の万九千神社の遷宮記念として作られたもの。
その神社の神主さんと友人で、去年訪れてこのエールをいただいています。
地元で採れたジンジャーの風味がきいています。

IMG_2564.jpg


まりこふんさんの歌で始まり、壇上の3人の軽快なトークが展開しました。
テリーさんはまりこふんという名前の名付け親。古墳への愛が強すぎて暴走しがちな2人のストッパー役となっています。

IMG_2562.jpg

『鷹の爪』の吉田くんも登場。すっかり自虐が板についています。

出雲の古墳についての説明。まりこふんさん著の古墳の本も読みましたが、本も、そしてPPTもかわいらしくわかりやすくまとめられています。
歴史的には縄文時代、弥生時代、そして古墳時代があって、飛鳥時代、奈良時代へと移ります。
古墳は1500年前の古墳時代と飛鳥時代の頃に、作られた墳墓です。

古墳にはいろいろな形があります。
出雲には、特に「前方後方墳」と「方墳」が多いのだそう。
緑の古墳クッションを使って、丁寧に教えてくれました。

IMG_2567.jpg


古墳といったら、各県に数個くらいしかないものかと思っていましたが、とんでもない!
なんと、全国に16万基あるそうです!!そんなに〜!?
コンビニよりも多いどころか、3倍の数になるそうです。
全ての古墳を探訪しようとしたら、ライフワークになりますね。
ちなみに島根県内に、古墳は5,000基以上あるそうです。

その中からいくつかの県内古墳を紹介してもらいました。
6世紀末の上塩冶築山古墳の石棺を模した手作りの石棺小箱が、会場で販売されていました。
出雲の古墳の消しゴムハンコや、山城方墳の死床のケースもありました。
どう使うものなのか気になります。
巨大石棺のある大念寺古墳はお墓自体が古墳になっており、八雲立つ風土記の丘資料館は、前方後円墳の形をしているのだそう。

IMG_2568.jpg


こちらは松江の太田古墳群の三号墳。宇宙船のような面白い形をしています。
まりこふんさんにとっての好きな古墳ベスト3は、この古墳に出会ったことで変わったのだそう。
中に入っての記念写真が幸せそうです。

IMG_2571.jpg


最後に再びまりこふんさんのライブで会はお開きに。ロックの日(6/9)に、墳キー(ファンキー)な歌声で「古墳にコーフン」を歌ってくれました。
熱いトークを聞いていると、太古の昔の古墳もなんだか生き生きとしたものに見えてきます。
知らないことが多い古墳が、この夜でぐっと身近なものになりました。
近場では、多摩川沿いに古墳が多く、いいお散歩コースになっています。
古墳を巡る旅は、古代文明探索のようでおもしろそう。
これからは私ももっと古墳にコーフンしながら、古墳ライフを深めてみようと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450791729
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック