2017年07月03日

没後20年 司馬遼太郎展「21世紀“未来の街角”で」

そごう美術館 (2017.6.30)
981_n.jpg


司馬遼太郎の回顧展。もう亡くなられてから20年たったんですね。
没後20年にあたる昨年から国内6カ所での巡回予定。北九州、大阪、高知、そして横浜が4会場目。
東日本地区では唯一の開催地になります。司馬さんファンは関西の方が多いんでしょうか。
タイトルに横浜開港158周年も含まれているということは、彼の作品で横浜の開港が語られることがあったからではないかと思います。

全3部構成。作品の刊行年順ではなく、作品の描かれた時代別にまとめられており、日本の歴史に沿って話が紹介されているため、ディープなファンでなくてもわかりやすく追って行けます。
作品ごとにまとめられ、自筆原稿のほか、登場人物の関係資料、関連する絵画などが展示されています。

190_n.jpg


T「戦国動乱 16世紀の街角」
U「維新回天 19世紀の街角」
V「裸眼の思索 21世紀の街角」


入り口には傘を持って歩く司馬氏のシルエット、入ってすぐには、『竜馬がゆく』の新聞連載のコピーがびっしりと壁に貼られたコーナーがありました。

467_n.jpg


会場内は、ご年配の男性がほとんど。数人で来ては、小声で話をしながら熱心に一つ一つの資料に見入っています。
女性の姿は数人しか見えず、みんな夫婦で来ている風で、女一人は私くらいでした。
歴史を扱っているだけに、男性に人気の高い作家なんですね。
そしてそごう美術館には、普段は部屋ごとに学芸員がいますが、今回は何故かガードマンがいました。
美術展ではないからでしょうか?

-----------------------------------------------------------------------
T「戦国動乱 16世紀の街角」
歴史とともに描いた戦国時代の人々の鮮烈な生きざま。
作品ごとにコーナーにまとめられています。

『国盗り物語』(1965-1966年)
斎藤道三、織田信長、明智光秀の物語。
本能寺の変で敵と味方に分かれた信長と光秀は、どちらも斉藤道三の相弟子同士だったと知ります。
「天下布武(天下を武力で制するという意)」と書かれた織田信長の黒印状。
斎藤道三の遺言状を司馬氏が書き写した色紙がありました。
もうこのブースだけで(この展覧会、すごいんじゃない?)と驚いています。

『箱根の坂』(1984年)
北条早雲の「虎の印版」がありました。うーん、見るのも初めて。貴重です。
小説の場面に合わせた絵画も合わせて飾られています。
大きな金屏風は大阪城博物館所蔵物。ゴージャス!

『関ヶ原』(1966年)
歴史資料の「関ヶ原合戦配置図」が展示され、「関ヶ原合戦図屏風」のレプリカも飾られていました。

『功名が辻』(1965年)
NHK大河ドラマ化されたこの作品では、ドラマの撮影で使用された山内一豊の甲冑とその妻千代の打掛が飾られていました。
間近で見られたので、しげしげと観察。どちらも非常に細かいところまで行き届いた縫製でした。

ほかに『城塞』『播磨灘物語』など、多くの作品コーナーで自筆原稿を展示していますが、そのどれも、すごく直しています。
5色に色分けして、消したり加えたりの推敲の多さに驚き。
天下の名作家といえども、訂正に訂正を重ねた努力の末に、作品を仕上げていったことがわかりました。

-----------------------------------------------------------------------
U「維新回天 19世紀の街角」
開港を迎えて近代国家へと大きな変貌を遂げる時代。

『竜馬がゆく』(1963-1966年)
坂本龍馬の書簡(複製)や薩長同盟の裏書きがありました。
歴史が動く音が聞こえてくる気がします。
新聞連載時に挿絵を担当した岩田寿太郎氏の原画もありました。 

『燃えよ剣』(1964年)の土方歳三の鉢金(複製)、
『新選組血風録』(1964年)の近藤勇の髑髏模様の稽古着(複製)もありました。
髑髏模様は、なかなかに迫力のあるスケルトンでした。

『胡蝶の夢』(1979年)
「胡蝶 夢」と書かれた自筆色紙があり、素敵な言葉なので、司馬氏が好んで色紙に書いた言葉かと思ったら、そういうタイトルの作品でした。

『坂の上の雲』(1969年-1972年)
こちらもNHK大河ドラマ化されたもので、秋山好古、秋山真之の兄弟や、正岡子規の撮影時の服装が展示されていました。

"横浜に触れた本"というコーナーには、『峠』(1968年)、『世に棲む日日』(1971年)、『花神』(1972年)など6、7冊の作品が並んでいました。
『花神』では、大村益次郎の細かな計算が記された数学ノート、『峠』では、河井継之助のガトリング砲(模型)が展示されています。

また、デビュー前に住んでいた大阪マンモスアパートの文机がありました。
正座をして収まる、小さな座机です。
ここで新聞記者時代に直木賞を受賞した『梟の城』を執筆したんだなあと思いながら眺めました。

-----------------------------------------------------------------------
V「裸眼の思索 21世紀の街角」
エッセイの『街道をゆく』『この国のかたち』『風塵抄』、そして子どもに向けた「二十一世紀に生きる君たちへ」が紹介されています。
『街道をゆく』(1971年 - 1996年)は、絶筆するまで手掛けていた最長シリーズで、ライフワークと言ってもいいものでしょう。43巻出ており、海外版もあるとは知りませんでした。

「二十一世紀に生きる君たちへ」
シンプルな文章ですが、非常に意味深いものを感じます。
"君たちだけが持っている大きなものがある。未来というものである。
私の人生は、すでに持ち時間が少ない。
例えば、二十一世紀というものを見ることができないにちがいない"

彼の作品は本格的な歴史小説で、量が多くなかなか難しいというイメージがありますが、壁いっぱいに展示された「二十一世紀に生きる君たちへ」の全文には、次の世代への気持ちがつづられています。
あれだけたくさんの文章を紡いできた人ながら、削いで削いで削ぎ落した、非常にシンプルな文章のために、すとんと頭に入ります。これが最終的に彼が人々に残したかった言葉なんだろうと思いました。

最後のコーナーでは、司馬さんからの「二十一世紀とは、どんな世の中でしょう」という語りかけに、来館者たちがさまざまな答えを付箋に書いて、ペタペタと壁に貼っていました。

私は、司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)からのノートブックに感想を書いて、あとにしました。

彼の緻密な作品構成から、その小説は完全な正史、正論のように思えますが、そうとは限りません。
作者が惚れ込んで描く主人公たちは、みんな青雲之志を掲げて活躍する凛とした格好よさがあります。
歴史に色付けをして主人公たちを生き生きとよみがえらせることで、歴史の面白さを人々に教えた彼は、今も変わらぬ偉大なエンターテイナーなのです。

この回顧展を観て読んでみたくなった彼の作品は
『梟の城』、そして「街道をゆく」の『横浜散歩』『十津川街道』。
もともと長宗我部元親の本が読みたくて『夏草の賦』 もチェックしていましたが、まずは有名なところから読み始めたいと思います。

7月9日㈰まで横浜・そごう美術館で展示。
その後は、愛媛県美術館、姫路文学館で展示予定です。

566_n.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451439775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック