2017年09月07日

ソニーフィルハーモニックオーケストラ 第31回演奏会

sonyフィル.jpg指揮:橘直貴
<曲目>
モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
シューマン:交響曲第4番(1841版)
ブラームス:交響曲第2番

高校の部活の大先輩がチェロで演奏されるので、聴きに行きました。
ここの定期演奏会は、毎回時期が変動するとのこと。ちなみに次回は6月開催だそうです。
ほかの演奏会との兼ね合いの関係かと思いましたが、楽団の都合ではなく、ホールの確保状況によるからだとのこと。
毎回同じ時期に開くことよりも、いいホールが取れた時を優先するというのが、また音響にこだわるソニーらしい決め手です。

さすがはソニーというべきか、全体的に安定した聴きやすい演奏。
客層もさすがはソニーというべきか、男性が多く、割とカジュアルな格好の方が多かった印象を受けました。

IMG_4553.jpg
ミューザ川崎外観。入り口前ではライブが行われていました。


DSC_0060.jpg
いつ来ても圧倒される、このホールのデザイン的な美しさ。


今回の曲目は、シューマンとブラームスの交響曲。
お互い親交があった2人の曲なので、どこか通じるものがある感じがします。
シューマンの交響曲第4番が「1841版」と書かれているのは、初稿版だという意味だそうです。
後の1853年に改訂版を出しているものの、ブラームスは1841年の初稿版の演奏も気に入り、1889年に演奏された後に、再度出版されることとなったそうで、つまりは交響曲第4番は、2つバージョンがあるそうです。

ブラームスの交響曲第2番は、1877年作のもので、その2年前にウイーン・フィルにチューバ奏者が招聘されたこともあり、チューバとトロンボーンがともに演奏する楽譜が作られたのだそう。
そうした歴史的な事情を知ると、また興味深く聴けるものです。
ブラ1を20年間かけて作ったブラームスでしたが、このブラ2はたった3ヶ月で作ったというのもおもしろいところ。
次回、ブラ1を聴く時には、チューバが登場しているのかチェックしようと思います。

これまで気づきませんでしたが、奥の方の通路に、このホールで演奏した著名音楽家のサインが飾られていました。

DSC_0057.jpg
オーボエ奏者、今は指揮者の宮本文昭氏。


DSC_0059.jpg
天国に行かれた中村紘子氏。


DSC_0058.jpg
イーヴォ・ポゴレリッチも来ていたとは。いつか聴きたいピアニストです。


館内ミュージックショップ「プレリュード」の絵が上手で、足を止めて見とれました。

IMG_4552.jpg
まごうことなきバッハ!
posted by リカ at 15:43| Comment(0) | 【music】Classic・オーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。