2007年06月19日

『ルミネtheよしもと・7じ9じ』

01.jpgat 新宿ルミネ F-14
出演:インパルス /ペナルティ /まちゃまちゃ /パンクブーブー /サカイスト /はりけ〜んず
[新喜劇] 石田靖 /藤原(リットン調査団) /水野(リットン調査団) /アキ(水玉れっぷう隊) /ケン(水玉れっぷう隊) /修士(2丁拳銃) /小堀(2丁拳銃) /三瓶 /他

急遽この日に行くことに決めたため、出演者で選んだわけではなかったけれど、やっぱりおもしろかった。
前回は、観客席の左サイドが修学旅行生で埋められていたけれど、この日は両サイドと真ん中サイドの後ろがびっしり中学生で、私達一般の社会人は、真ん中の前の方で修学旅行生に囲まれた形となっていた。
舞台から見るお笑いの人たちも「なんだか妙な構図ですね〜」と言うくらい。
熱い歓声は、この前以上だった。
サカイストはサカイ兄弟で、師匠は今いくよ・くるよとのこと。千原兄弟とか中川家とかざ・たっちとか、兄弟コンビって案外多いんだなあと思う。
はりけ〜んずの向かって左の人が、「萌え」と縦に大きく書かれたジャケットをはおってきて、たじたじだった。(実際オタクライブなどを開いているとのこと)
まちゃまちゃは、TVで見るときの「カンカンカーン」というゴングの音なしだったので、迫力はいまひとつ。でも大多数の観客である学生達に向かった毒舌を吐いていたので、臨機応変だなと思った。
インパルスは、番組のゲストばかりで、あまりコントを見たことはなかったけれど、結構シニカルなものだった。

吉本新喜劇は、かなりおもしろくて、私は今回は、新喜劇の方が笑ったように思う。ライブハウスのロックバンド役の人たちは、本格的に1曲演奏していたので、相当練習したんだろうなと思った。

普通ならば、これで修了だけれど、最後にまた舞台を替えて、ペナルティの出演となった。おそらく時間に間に合わなかったんだろうけれど、新喜劇のためにかなり大道具を固定させていたので、(大変だなあ)と幕の向こうの暗闇の中での解体作業を思った。
ペナルティは予想通りの勢いコント。まあおもしろかったけれど、中学生達の黄色い歓声で、最初の方はコントが始められなかったほどだった。
この日は、前回のようにネズミの乱入で時間が遅れることもなく、予定通りの時間に終演となった。
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【play】その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45873351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック