2018年04月18日

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

20180213162846.jpg

20180213162846 - コピー.jpg

ちらしは2種類。下はセザンヌの《赤いチョッキの少年》1888-90年


2月から開催中のビュールレ・コレクションを観てきました。
スイスの絵画収集家ビュールレ(1890-1956年)による600点におよぶ美術コレクションは、幅広い時代の作品が収集され、とりわけ印象派・ポスト印象派の作品は質が高い傑作揃いと高く評価されています。
ビュールレ・コレクションの全作品は、2020年にチューリヒ美術館に移管されることとなっています。

今回の展示作品は64点。それほど多くありませんが、日本人に人気の高い印象派、ポスト印象派が中心の観がいがある作品ばかり。
モネ、マネ、ルノワール、ドガ、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌという、そうそうたる画家の作品ぞろいです。
また、出展作品の約半数が日本初公開となります。

10年前の2008年、ビュールレ美術館から絵画4点が盗まれ、世界の美術ファンが騒然としました。
そのセザンヌ《赤いチョッキの少年》、ファン・ゴッホの《花咲くマロニエの枝》、ドガの《リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち》、モネの《ヴェトゥイユ近郊のケシ畑》は、すべて無事に回収され、今回の展示品となっています。

1. 肖像画 2. ヨーロッパの都市 3. 19世紀のフランス絵画
4. 印象派の風景ーマネ、モネ、ピサロ、シスレー
5. 印象派の人物ードガとルノワール 6. ポール・セザンヌ
7. フィンセント・ファン・ゴッホ 8. 20世紀初頭のフランス絵画
9.モダン・アート 10. 新たなる絵画の地平

という10の章で構成されています。
作品は全て、チューリヒのE.G.ビュールレ・コレクション財団蔵。

休日に行ったこともあり、会場はとても混んでいます。
場所柄か、外国人ファミリーの姿も多く見かけました。

de83d5c035cb149e224a4194a0744226.jpg
ポール・セザンヌ 《風景》 1879年頃


セザンヌ作品は6点。油彩画ですが、水彩画のような爽やかさがあります。
近くに行ってその筆致を確かめました。

e1549.jpg
クロード・モネ 《ヴェトゥイユ近郊のヒナゲシ畑》1879年


モネ作品は4点。中でもこのヒナゲシの色に、目を奪われました。
曇天と対照的なヒナゲシの赤。華やかですがどぎつくはない、モネらしい色使いです。
両手いっぱいに花を摘んでいるのは、モネの家族でしょうか。
この作品は、ビュールレが印象派絵画に魅了されるきっかけとなった一枚だそうです。

works_ch4_img_4.jpg
エドゥアール・マネ 《ベルヴュの庭の隅》 1880年


マネ作品も4点。モネにタッチが似た作品です。
センセーショナルな「草上の昼食」や「オランピア」で物議を醸した彼も、モネたちとの交流をへて、この頃には印象派的な自然の描写を取り入れています。

highlights_highlight1_img_1.jpg
ピエール=オーギュスト・ルノワール 《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢
(可愛いイレーヌ)》 1880年


絵画史上で最も有名な少女像と言われるこの作品。
今回の展覧会の要の一枚でもあり、混んだ会場内でも、この絵画の前は、ひときわ大きな黒山の人だかりができていました。
この絵の前は特に、前の人の背が高くて見えにくかったのは、やはり男性ファンが多いからでしょうか。
ほかの絵を見ている時にも「俺、今日はイレーヌだけ観に来たんだけど、ほかの絵もいいね」と話す青年二人の会話が聞こえてきました。

優しげで頼りなげなまなざしに、豊かに肩に流れるつやつやとした髪、透き通るような肌。
吸い込まれそうで、見ているだけで幸せになるような少女像です。
モデルのイレーヌは、裕福な銀行家の娘でしたが、ユダヤ人だったため、その後ナチスによりつらい半生を送ることになりました。
この作品もナチスに没収され、そののち戻されるもイレーヌが手放したことで、ナチスに武器を売って財を成したビュールレの手に渡るという数奇な運命をたどっています。
この明るい絵が描かれた頃には、そうした複雑な運命が待っているとは誰も予想しなかったでしょう。
暗黒の時代の間も、誰かに破壊されることもなく、戦火の中でも無傷で作品が残り、今こうして日本で鑑賞できるということに、感動を覚えます。

描かれたイレーヌは8歳だと知って、なかなかの衝撃を受けました。
10代の少女だと思っていたら、そんな小さな女の子だったとは。
まあ、いろいろな情報を入れずとも、とにかく一見の価値ありです。

20180215235036.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ 《花咲くマロニエの枝》 1890年


ゴッホ作品は6点。この作品は彼が療養院から退院した後に描かれた、晩年の作品。
静かで落ち着いた題材の中にも満開の花の生命力が感じられ、色のコントラストに目を奪われます。
英語で「Chestnut」と訳されており、外国人の男性が「マロニエは栗デスカ?」と連れの女性に聞いていました。「Marronnier」は「マロン」の仲間ですからね~。

20180214163008.jpg
クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》1920/1926年頃


最後のコーナーは、モネの睡蓮の絵。
高さ2メートル、幅4メートルの大作です。
オランジュリー美術館にある、壁に沿った長いモネの睡蓮の絵よりは小ぶりですが、この作品はこれまでスイス国外に一度も出たことがないという貴重な作品でした。

今回の展覧会のイレーヌ像を使ったコピー文句「絵画史上、最強の美少女(センター)」は、けっこう賛否両論ですね。
世界的な名作にアイドルチープ感がついてしまいそうですが、話題になったことで観客も増えたことでしょう。
ミュージアムショップには、可愛いイレーヌの格好をしたリカちゃん人形が売られていました。

たいていの人なら満足できるだろうこの展覧会。
GW中は混雑必至でしょうから、早めの鑑賞をお勧めします。
東京の後は九州、名古屋でも開催される予定です。

-------------------------
至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
東京・国立新美術館 2018.2/14(水)~5/7(月)
九州国立博物館 5/19(土)~7/16(月・祝)
名古屋市美術館 7/28(土)~9/24(月・祝)
posted by リカ at 17:41| Comment(2) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私も至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を見ましたので、大変興味を持ってブログを読ませていただきました。日本初公開の・マネ、モネ、ピサロ、シスレーの印象派の風景画は光輝くような新鮮な美しさを感じました。また、ブログに詳しく書きましたが、印象派展に出品しなかっマネの印象派的表現の作品を見て、「印象派の父」といわれるマネと、モネ、ピサロ、シスレーら印象派の画家たちとの本質的な違いが理解できました。日本に初めて来たゴッホの《花咲くマロニエの枝》は、パリ時代の新印象主義的な表現にタッチが厚みを増し、ゴッホの作品では初めて見た青、緑、色の色彩の美しいハーモニーが大変お美しく、魅力的でした。

私は、今回の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」で展示されていた64点の作品の全貌を追いながら、作品の背景と本質的魅力について考察してみました。 ざっとでも読んでいただいて今後のお役に立てて頂けると嬉しいです。ご感想・ご意見などありましたら、ブログにコメント頂けると感謝いたします。


Posted by dezire at 2018年04月20日 15:48
コメントをどうもありがとうございます。
ビュールレ・コレクションの印象派展は、現在開催中の美術展の中でも、際立って見がいのある展覧会ですね。

おっしゃるように、初来日のゴッホの《花咲くマロニエの枝》は、初夏らしいさわやかな色彩の組み合わせの自然さに、目が引き寄せられました。作家の心の穏やかさが現れているようにも感じられる、美しい作品でした。

dezireさんがお書きになったブログも、拝見させていただきます。
Posted by リカ at 2018年04月23日 09:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください