2019年09月20日

初めて絵画に「カワイイ」の概念を加えた画家~「円山応挙から近代京都画壇へ」

5.jpg


■ 円山応挙とは


東京芸大美術館で開催中の展覧会。
前期と後期の二期構成ですが、前期(8月3日 - 9月1日)は、猛暑に負けて、上野までたどりつけませんでした。
後期になり、少し暑さが和らいできた日に訪れました。

18世紀の江戸時代中期から後期にかけて京都で活躍した絵師、円山応挙(1733-1795)。
写生的画法に宋・元画の技法と西洋画の遠近法を取り入れ、円山派の祖とされています。

自然や花鳥、動物を生き生きと描いた応挙の画風は、狩野派のように堅苦しく難しい解釈を必要とせずに単純に目で見て楽しめる斬新なもので、京都で評判となりました。

■ 四条派って?

円山応挙の画風の流れを引いた「円山派」は理解できても、「四条派」についてはわかりません。
何だろうと思いながら会場に足を運ぶと、わかりやすいパネル解説がありました。
私のような(よくわからないけれど来てみた)という人が多いのかもしれません。

「四条派」の祖は呉春(1752-1811)。
与謝蕪村に学び、蕪村没後に応挙の画風を学んだ彼は、応挙の写生画に蕪村の瀟洒さを加え、南画と写生画とを融合させた情趣豊かな作風を確立しました。
彼が住んでいた通りの名を取って「四条派」と呼ばれるようになったそうです。

■ 円山・四条派

明治維新以降、京都画壇の主流派となったのは、「円山派」と「四条派」を融合した「円山・四条派」。
応挙・呉春を元とする円山・四条派の流れに、近代京都画壇をリードしてきた竹内栖鳳、山元春挙、今尾景年、上村松園たちも組しています。
この展覧会は、応挙、呉春から始まった円山・四条派の流れを通じて、京都画壇についての理解を深めるものとなっています。

■ すべては応挙にはじまる。

○ 重要文化財 円山応挙《写生図巻(甲巻)》

7.jpg
重要文化財 円山応挙《写生図巻(甲巻)》(部分)
明和8年~安永元年(1771-72)株式会社 千總蔵

写真などまだない時代の、彼の精密な写生画は、当時の人々をたいそう驚かせたことでしょう。

モフモフのかわいらしいウサギ!
いまにも動き出しそうで、さわると暖かそうです。
彼が描いたサルもイノシシも、フワフワの触りたくなるような毛並をしていました。

■ 孔雀、虎、犬。命を描く。

○ 重要文化財 円山応挙《松に孔雀図》


6.jpg
 重要文化財 円山応挙《松に孔雀図》寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵


応挙の最高傑作の一つとされている、今回の展覧会の目玉作品。
彼は息子や門人たちとともに兵庫県・大乗寺の襖絵群を制作しました。
今回は、応挙が最晩年に描いた《松に孔雀図》 が展示されています。

金地に墨一色で描かれた孔雀の豪奢な品の良さ、そして微に入り細に入る細かさ。
うーーん、本当に墨だけで描いたのでしょうか?

なんだかカラー色が見えるのは、目がおかしいんでしょうか?
たとえば松は緑に、孔雀は青く見えますが、それって私だけ?
黒一色とは思えない豊かな風合い、そして奥行きさえも感じます。
すばらしい襖絵です。

実際の大乗寺の部屋を再現した、十字型の配置となっています。
本当にお寺の一室にいるような気分で、表から裏から、じっくりと鑑賞できます。

・後ほど調べたところ、応挙は光の反射具合で青みを帯びる「松煙墨」を用いてこの作品を描いているとのことでした。
よかった、色盲じゃなかったみたい。

○ 円山応挙《狗子図》

8fa55276-s.jpg
円山応挙《狗子図》安永7年(1778) 敦賀市立博物館蔵

私にとっての応挙とは、とってもかわいい犬を描く絵師というイメージ。
犬好きだった応挙は、キュートな犬の絵を何十枚も残して「絵画に“カワイイ”を持ち込んだ絵師」とされています。
う~ん、すごい功労者!
応挙が描いたわんこたちの、コロコロとした愛らしさ。フカフカな感触も伝わってくるようです。

■ 山、川、滝。自然を写す。

○ 重要文化財 円山応挙《保津川図》

8.jpg
 重要文化財 円山応挙《保津川図》寛政7年(1795)株式会社 千總蔵


現代において、絵画で見たものを見たままに描くことは当たり前のこと。
学校でも写生の時間があり、まったく珍しいことではありません。
ただ、漢画ややまと絵が台頭していた時代は、見たことのない中国の仙人や風景や、何百年も前の平安貴族の物語などを描くのが絵画の常識だったことを、まずは認識しておかなくてはなりません。

今の私たちが「保津川図屏風」を鑑賞しても、特に引っ掛かりは感じませんが、制作時には、自然をこのようにのびのびと描いた絵画は非常に珍しかったということです。

この作品はとことん写実性に徹した描き方ではなく、琳派や狩野派、やまと絵といった日本の王道の画風に、新たに写生を取り込んだため、当時の人々にもさほど抵抗なく受け入れられていきました。

濁った急流部分では自然の荒々しさを描き、穏やかな流れの部分では、鮎が泳ぐ水清らかな川の表情の豊かさを表現しています。

ちなみに、所蔵元の千總とは、京友禅着物の老舗呉服会社。
今回は、多数の作品の展示に協力してくれています。

応挙の保津川図のそばに、その約100年後に描いた竹内栖鳳の保津川図も展示されていました。

■ 美人、仙人、物語を紡ぐ。

○ 上村松園《楚蓮香之図》

1.jpg
 上村松園《楚蓮香之図》大正13年頃(c.1924)京都国立近代美術館蔵


美人画に、浮世絵の技法を取り入れたことで知られる上村松園。
唐美人には、応挙の影響が見られるといわれます。
応挙の美人画は、あまりピンときませんが、幽霊を描いているので、美人も描いたことでしょう。(!?)
展示されている彼の美人画と、この松園の作品は、かなり似た雰囲気を醸し出していました。


■ まとめ

見るだけで楽しめる、わかりやすい応挙の絵。
今回はフォーカスされませんでしたが、彼は「足のない幽霊画」を初めて描いた人物だとも言われています。
そして、応挙の画風に、蕪村の瀟洒さを融合させた呉春。

京都で人気を博した二人の画家の絵画の流れが円山・四条派として、100年以上の長い間、京都画壇の主流となっていったというところに、山中の一滴が次第に広がって川となり、大海へと流れ込んでいくような壮大なイメージを感じました。

東京開催の後には、本拠地・京都の国立近代美術館で、重要文化財12件を含む124点が一挙公開される予定でます。
円山応挙から近代京都画壇へ
東京藝術大学大学美術館
会期 後期:2019年9月3日(火) - 9月29日(日)


巡回:京都国立近代美術館
2019年11月2日(土) - 12月15日(日)

posted by リカ at 19:05| Comment(2) | 【finearts】日本画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
《狗子図》のワンちゃん達、かわいらしすぎ!江戸時代の作品と知らなかったら、サンリオのキャラクターにしか見えないです。「絵画に“カワイイ”を持ち込んだ絵師」とのことなので、円山応挙は、世界のキティちゃんのルーツかも!?
Posted by ユーミチカ at 2019年09月21日 15:43
ユーミチカちゃん、本当にこのフワフワ、モフモフ感を見た江戸時代の人たちは、心ときめいたでしょうね~。
このこぼれるような愛らしさ、応挙は犬好きだったんだろうなと思います。

日本の「カワイイ」は世界でも有名になっているので、もしかするとキティちゃんの大元のルーツは、応挙のわんこなのかもしれません~💛🐶
Posted by リカ at 2019年09月24日 17:24
コメントを書く
コチラをクリックしてください