2019年09月26日

3Dドーム映像作品『9次元からきた男』

日本科学未来館ドームシアター

ki_pc_miraikan_01_02.jpg

私は完全な文系人間で、科学は学校の授業レベルのものしかわかりません。
この世は3次元か4次元だと思っていましたが、9ですって?
9次元ってなんでしょう?

● 超ひも理論

まず、この宇宙がどのように誕生したのか、どんな姿をしているのかという疑問を解き明かす「超弦理論(超ひも理論)」。
これは万物の根源は「粒子」ではなく極小の「ひも」で出来ていると考える理論です。
1本の線のようだったり、輪ゴムのようだったりするひもが粒子になっているといいます。

このひも理論によれば、我々のいる宇宙は10次元で構成されているといいます。
ただ人間が直感的に理解できるのは空間の3次元と時間の1次元だけで、われわれの目に見えない6次元は、この小さな世界に折りたたまれています。
超弦理論では、空間が9次元。
ちなみに、超ひも理論の発端なる「ヒモ」モデルを初めて考案したのは、南部陽一郎という日本人だそうです。

● ざっくり説明

この作品は、重力を使って宇宙を理解しようとしているマクロな世界の法則と、素粒子のようにミクロな世界の法則とを結びつける、究極の統一理論を追いかけつづけている科学者たちの姿を映像として表現したものです。
宇宙のマクロの世界と素粒子のミクロの世界を表す理論は矛盾しますが、それを統一するのが、現代物理学究極の「万物の理論」。
現在最も有力な仮説「超弦理論」の世界がビジュアライズされます。

主人公T.o.E.(トーエ)が何者であるかは、まだ不明ですが、T.o.E.とはTheory of Everything(万物の理論)の意味。
物理学の究極の目標である「万物の理論」であり、宇宙の謎。
その究極理論の候補と考えられている「超弦理論」の9次元空間を、自由に移動できる男です。

私たちと同じ3次元空間に住む科学者たちが、T.o.E.を捕まえて「万物の理論」の秘密を知りたいと願っているという物語の設定。
トーエの渋い声役は、俳優の小山力也氏でした。

初めに問いかけられる「自分とは何か」という疑問が、いつしか「宇宙創世のルーツとは何か?」に大きく変わっていきます。
ミクロの世界での「不確定性原理」、「余剰次元」、「カラビ-ヤウ空間」、「膨張する宇宙」などといった科学の話が映像化され、目の前に非現実世界が広がります。
難しいテーマではありますが、観て味わうことが目的の体感映画なので、とにかく映像に引き込まれます。
科学理論は、あまりわかりませんでしたが、それでもおもしろかったし、メディアアートで表現された映像を通して観ると、理解できたようです。
3D CG技術を駆使した、都心の超高層ツインズビルがぐにゃりとゆがんで、神社の朱鳥居に変化する光景などにも目を奪われました。

最後まで顔を隠していたT.o.E.。
それは万物の理論がまだ明らかになっていないということなのでしょう。

3D眼鏡をかけてのドームシアターでの鑑賞なので、映像が立体的に、臨場感たっぷりに見えました。
監督は『呪怨』の清水崇氏、監修は現代物理学の権威、大栗博司教授。
とても観がいのある映像です。


posted by リカ at 18:01| Comment(0) | 【Cinema】日本映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください