2019年10月24日

永遠の少女といったらやはり…「不思議の国のアリス展」

1-min.jpg

横浜そごうの美術館で開催中のアリス展。

2010年にも、日本橋三越本店でアリス展が開催され、観に行きました。
アリスは時代を問わず、人気があるんですね。
今回は、ルイス・キャロルの原作を元に、ルイスの自筆スケッチや挿絵画家の作品、そしてアリスをモチーフにした古今東西のさまざまなアーティストの作品約200点が展示される、日本初の大規模なアリスの展覧会となっています。

500.jpg
ルイス・キャロル(チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン  1832-1898

ルイス・キャロルの本名はCharles Dodgson。
これまで読んだ本には、チャールズ・ドジソンと書かれていましたが、いつの間にかドッドソンという呼び名の方がメジャーになっていたんですね。

第1章 始まりの話 ― アリス誕生

物語と一緒によく知られている挿絵は、本人が描いたものと思っていましたが、違いました。
挿絵画家のジョン・テニエルによるものでした。
(2010年に書いた展覧会レビューを読み返してみたら、同じ感想を書いていました。すっかり忘れていたようです。ああ学習能力がなさすぎ!)

281.jpg
ルイス・キャロル『地下の国のアリス』挿絵

ルイス本人は挿絵も描く気満々でしたが、美術評論家のジョン・ラスキンが反対したそうです。
テニエルの挿絵は、本人の絵よりも上手でした。やはりプロは違いますね。

5x500.jpg
ジョン・テニエル『不思議の国のアリス』挿絵のための下絵

展示された挿絵の下絵は、すべて繊細なタッチの鉛筆画でした。
所蔵元はフィラデルフィア。
本国イギリスではなく、アメリカでコレクションされています。
ほかにも、今回の展示品はNY公立図書館の所蔵品が多いと感じました。
国内からは、聖徳大学の所蔵品が多かったです。
児童学科がある大学なので、児童文学研究も進んでいるのでしょう。

hl_img_02.jpg
チャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン撮影
《アリス・リデルの肖像(複製)》(1858年)

詳しい年表が掲示されていました。
ルイスは1832年生まれ。180年以上前の人なんですね。
オックスフォード大学の数学講師となりながら、図書館司書補としても働いていたそうです。

彼が働きだした頃に、オスカー・ワイルドが誕生。
ルイスとワイルドは22歳離れており、アリスのモデルとなったアリス・リデルは、オスカー・ワイルドの2歳上でした。

第2章 アリスの物語 ― 不思議の国への招待

展示されているのは、次に紹介する、現在活躍中の7人のアーティストが手掛けたアリスの物語。
 ・チャールズ・サントーレ
 ・ヘレン・オクセンバリー
 ・ロバート・イングペン
 ・ラルフ・ステッドマン
 ・ジョン・ヴァーノン・ロード
 ・バリー・モーザー
 ・アンヘル・ドミンゲス
一人ひとり個性的なアリスの世界が展開されます。
第2章は、全面的に撮影OKです。

第3章 アートの国 ― 世界が愛する永遠のアリス

映画・アニメ・舞台のアリスについて。
『不思議の国のアリス』の初めての長編映画は1933年作で、『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』のストーリーが盛り込まれたものでした。
名優ゲイリー・クーパーが白の騎士を演じたそうです。
一番メジャーなディズニーアニメは、それから20年近く後になってからの、1951年の作品でした。

そして、アリスを描いた古今東西のさまざまなアーティストの作品コーナーとなります。
アーサー・ラッカムが描くアリスは、原作の持つはちゃめちゃ感やドタバタのない、静かで古典的な世界。

e818029152af63fc96ba02d58d6c8345.jpg
エリック・カール 『チェシャネコいもむし』 2018年

「はらぺこあおむし」の作者エリック・カールの、はらぺこあおむしをもじった「チェシャネコいもむし」という絵がありました。
チェシャネコがいもむしになるというメタモルフォーゼ。
去年仕上げたばかりの、新しい作品です。

picture_image_625.jpg
マリー・ローランサン『不思議の国のアリス』挿絵

マリー・ローランサンも、アリスの絵本を描いていました。聖徳大学所蔵。
黒髪のアリスだからか、どことなくオリエンタル感あふれる、東洋の少女のように見えます。

dali-1_zps1lnqm8v3.jpg
サルバドール・ダリ『うさぎの穴に転がる(Down the Rabbit Hole)』

シュルレアリスムの代表的アーティストであるダリも、アリスを描いていました。
会場には、サイン入り扉絵が展示されています。
なぜか、どの挿絵のアリスも、縄跳びをしていました。
迫りくる圧巻の色彩と疾走感。う~ん、シュールです。

317.jpg
山本容子 《Hop, Step, Hop, Step》 2007年

山本容子、草間弥生といった日本を代表する個性派女流芸術家の作品もありました。
草間風といえば黒いドット。とうとうアリスの顔までドット柄になっていました。

終盤には、「ミミクリーの小部屋」という、たくさんのアリスに登場する挿絵が飾られた部屋がありました。
その前に立って手を振ると、絵に描かれた人物たちがめいめいに手を振りかえしてくれます。
なんとも不思議な体験ができました。

子供のころから見慣れているアリスの物語ですが、今回、さまざまな表現によるアリス作品を観ながら、引っ掛かりを感じました。
思えばアリスは小さな少女。お茶会に参加して紅茶を飲むには、早すぎる年齢なんですね。

あのお茶会は、参加メンバーのキャラが濃すぎるため、一見おままごとのように見えますが、きちんとしたアフタヌーンティーセレモニーの流れに厳格に則っているという運びで話が進んでいきます。
そうしたところに、シュールさと違和感が生じているのだと、気が付きました。

発表から150年たった今もなお、世界中の人々に愛され、多くのアーティストがモチーフに採り上げ続ける『不思議の国のアリス』。
子どもも大人も引き込まれる、その魅力は尽きません。
今回は、館内で「リアル脱出ゲーム」とコラボしたイベントも同時開催されており、3連休の最終日だったこの日、大勢の人たちが熱心に挑戦していました。

2019年9月21日(土)~11月17日(日)
そごう美術館

そののちは、以下の場所で開催されます。

福岡 2019年12月3日(火)-2020年1月19日(日) NEW福岡市美術館
静岡 2020年2月1日(土)-3月29日(日) 静岡市美術館
名古屋 2020年4月18日(土)-6月14日(日) ※会場は後日発表
新潟 2020年6月27日(土)-9月6日(日) 新潟市新津美術館

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください