2019年10月30日

「Milky Way&The Moon -忘れられない、天の川へ-」

kv.jpg
コニカミノルタプラネタリウム | 満天inサンシャインシティ‎

サンシャインシティ‎に行くのは久しぶり。
まず水族館を見て、食事を済ませ、その後でプラネタリウムを鑑賞しました。

プラネタリウムといったら、水族館のように子供たちがたくさんいて、ワイワイワクワクと興奮した声があちこちから聞こえてくるイメージですが、平日夜の上映に行ったため、子供たちの姿はありません。
もともと、大人を対象にしたプログラムなので、開演前からとても静かです。

静かに降りしきる雨の音と映像から、始まりました。
そこに重なる、俳優、池松壮亮のナレーション。
おちついた声に心地よいBGM、そしてどこからか漂ってくるアロマの芳香に包まれて、早々に眠りの世界に誘われます。
素敵な空間なので、起きていたいと思って頑張ったのですが。
頭の上に、雄大な天の川が広がったあたりまでは覚えていますが、そこで無情にも、記憶は途切れています・・・。

まあ、これはヒーリング用の番組で、リラックスするのが一番の目的。
意識しなくても、その通りの状態になりました。

終わってから、連れにどんな流れだったのかを教えてもらおうと思いましたが、やはり同じく寝落ちしていたようです。
プラネタリウムには、十分睡眠をとった状態で行かないといけないということを、すっかり忘れていました。

rM4.jpg

ここの映写機はコニカミノルタ製。
日本科学未来館や川崎のプラネタリウムにあるメガスターIIがお気に入りですが、こちらも立派なマシンなので、しげしげと眺めます。
有楽町マリオンに新しくできた「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」も、気になっています。

館内が明るくなると、雲シートや芝シートの席があるのが見えました。
寝転がって、星を眺めるようになっているプラネタリウム。
もう完全に、まどろみタイム用ですね。

別の時間には、かつて2006年に観た「銀河鉄道の夜」が上映されていました。
ブログ『銀河鉄道の夜』

(あれからずーーーっと放映されているのかな)と思いましたが、たまたま今、リバイバル上映されているようでした。
今でも、その時に観た素敵な映像が心に残っているので、再上映にも納得です。

そんなわけで、内容についてたいして覚えていない結果になりました。
代わりに、心地よい眠気に誘われて、とてもリラックスしたひと時を過ごせました。
もうこれは、ヒーリングの眠りの時間を楽しむのが一番なんでしょうね。
(どうしても最後まで観たい!)という方は、行かれる際には、十分に寝だめをすることを、お勧めします。

この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください