2001年10月03日

『群馬交響楽団 東京公演 まるごと群馬デー Part3』

指揮:高関健、ピアノ:野原みどり at 東京芸術劇場大ホール A席 2FM-46(\4500)

<プログラム> ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第3番 ニ短調」、ショスタコーヴィッチ「交響曲第5番 ニ短調」
(アンコール) ショスタコーヴィッチ バレエ組曲第1番-1 「叙情的なワルツ」

連れに「群馬交響楽団の演奏を聴きに行かない?」と言ったら、「えっ、群馬まで演奏を聴きに行くの?」とのけぞられた。地方オケって地元対象っていうイメージは確かにあるからね…
仕事をあがる時に、職場の群馬出身の人に「これから群馬交響楽団の公演に行くんです」と話したら、「群響って東京にも来るんだ?」とやっぱり驚かれた。 「どうしてわざわざ群響に?でもありがとう」なんてお礼を言われたりして。
その人も地元ではよく聴いているという。 地方オケであるだけに、私の神奈フィルに対するサポート感覚と似ているものがあるのかも。

今まで地方都市フィルといえば、どっぷりとお世話になっている神奈川フィルハーモニーのほか、札幌交響楽団、京都交響楽団の演奏を聴いたことがある。ほかもあるかもしれないけれど、あまり覚えていない。 群響を聞くのは初めて。どんなものだろう。

月曜日に訪れたばかりの芸術劇場にまた足を踏み入れる。 こんなに頻繁に同じホールに来ることもめったにない。
今度は間違えて中ホールに行くことなく、長いエスカレーターに乗ってまっすぐ大ホールへ。
2日前よりも人が入っている。今回は2階の後ろの方の席。その辺りは割と空いている。

プログラムは、私にしては少し難しいものだった。
ラフマニノフも1番と2番なら聴き馴染んでいるけれど、、3番になるとよくわからない。
最後のピアノは「う〜ん、さすがにラフマニノフ」というロマンティックな感じだった。
そういえば、ハリウッド映画の音楽は、多分にラフマニノフ風だといわれるらしい。

休憩後は今度はショスタコーヴィッチ。
これこそ現代音楽で、苦手かも〜〜と腰を引きながらの観賞だったけれど、なんだかすごくいい曲で気に入った。
単に苦手意識が先走ってしまっただけみたい。
かえってこっちの曲の方が聴いたことがあり、しかも好きな展開方だったので、夢中になって聴いた。
不協和音があるにはあるけれど、ドラマティック。

現代風のどこか不協和音的な旋律もあるんだけれど、それはそれでぴりりとしたエッセンスになっている。
アンコールの曲もどことなく機械的ながらもムードある曲調。
すごく高度なプログラムだったけれど、それなりに楽しめた。というかたまにはこういう本格的なものがあるのもいいな。難しいプログラムなので、群響はやるなぁと思う。 ジモティとしては神奈フィルも群響同様、今後もがんばって欲しいと思う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7736176
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 群馬交響楽団群馬交響楽団(ぐんまこうきょうがくだん、Gunma Symphony Orchestra)は、群馬県にある常設の管弦楽団である。日本の地方管弦楽団の草分け的存在で、高崎市を本拠地として活動..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2008-01-25 18:17


Excerpt: 群馬交響楽団群馬交響楽団(ぐんまこうきょうがくだん、Gunma Symphony Orchestra)は、群馬県にある常設の管弦楽団である。日本の地方管弦楽団の草分け的存在で、高崎市を本拠地として活動..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2008-02-16 10:34