2012年05月09日

『ボストン美術館展』

(母からのメール、全文掲載)

今日は、お天気がパッとしないで私好みだったので、急遽思い立ち、上野の東博(あずま ひろし???)にボストン美術館展を観に行ってきました。
日本の作品なのに、アメリカ人に安く買い占められて、国宝級の作品も日本では拝見できないという悔しい思いを引きずって、アメリカには行けない私としては、この機

会を見逃したら、もう未来永劫に それらの作品にお目にかかることはできないと思って 行ってきました。
上野公園の木々は、前回 西洋美術館に行った時には、まだ芽ぶきが終わっていない感じでしたが、今日は見事に新緑の季節に変わっていました。
博物館までの公園の中も散歩気分で、とても清々しかったです。
でも、博物館に行く途中の噴水は工事中で、塞がれていて、別の所に来たような気分でした。⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【mama】母の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

『ユベール・ロベール展』・『アンリ・ル・シダネル展』

(母からのメール、全文掲載)

今日は、先に西洋美術館に行って『ユベール・ロベール展』を鑑賞しました。
古代の廃墟や遺跡や建造物など 私好みの古い物が、素晴らしく良く描けていました。
油彩はもちろん素晴らしく 目を見張る美しさで 今回多かったのは色チョークの作品です。
これまで良くエッチングの作品を観ておりましたが、今回のは「血」を思わせる赤チョーク(サンギーヌ)と言うらしいのですが、その作品がとても多かったこと。黒チョークのもありましたが、どれも緻密で、素晴らしかったです。
そしてその色チョークの実物も展示されていました。初めて見ました。⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【mama】母の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

日本画 杉山寧―晩年の大作<<洸>>を中心に

spexh_main.JPGポーラ美術館

ポーラ美術館は結構高い山の上にあるので、高尾山の急なロープウェイで登ったことを連想しました。
静かな山の中だけに、広い敷地にゆったりと建っていて、中にレストランも併設されていたので、着くなり昼食をとりました。
ゆったりと目の前に広がる山を見ながらの食事です。寛げるので、好印象です。

⇒ More
posted by リカ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 【mama】母の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする