2011年05月10日

『ジュリエットからの手紙』

juliet_1_1b.jpg監督: ゲイリー・ウィニック.
出演: アマンダ・セイフライド, バネッサ・レッドグレーブ, クリストファー・イーガン
Preview at 中野ZERO


ヴェローナのジュリエットの家を訪れたことがあり、そこから始まる物語というので、楽しみに観に行きました。
オープニングに、男女のキスシーンを描いたクラシカルな名画が次々と映し出されていき、本編のロマンチックさを予感させます。
ヴェローナは、中世の趣がそのまま残されており、とても美しい街並みが映画でも堪能できます。

ジュリエットに向けて恋の悩みを綴った手紙が世界中から年間5000通も送られるということは、少し前にTVで紹介されて知りました。
映画でも、ジュリエットの屋敷の中庭で、おびただしい数の女性たちが、「ジュリエットの秘書」として一心に筆を走らせているシーンが映し出されますが、私が訪れた時には、全くそのような光景はなかったので、最近のことなのかな?と思います。

それに、一通一通返事を書いていくボランティアの人たち。
手書きなので、とても追いつかないだろうと思います。
NYからイタリア旅行中のヒロインのソフィが、ひょんなことで忘れられたままになっていた手紙を見つけ、それに返事を出したことから、ストーリーは動き出します。

50年前に手紙を出したクレアがそれを読んでロンドンからイタリアにやってきて、かつて悩んでいた恋人と再会する旅に彼女たちは繰り出すのです。
『舞踏会の手帳』に似てるなと思いました。それよりはもっと救いがありますが。
その恋人の名はロレンツォ・バルトリーニ。イタリア人は、同姓同名の人がたくさんいるんですね。驚きました。
⇒ More

2011年04月04日

『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』

51RE9VS4BYL.jpg監督: ジョエル・ズウィック
出演: ニア・ヴァルダロス, ジョン・コーベット

主演女優、ニア・ヴァルダロスの体験を基にした彼女の一人舞台を、トム・ハンクス夫妻がプロデュースして映画化し、大ヒットしたインディーズ作品ということで、前々から気になっていました。
先日ギリシア料理店に行って、映画でもギリシアの雰囲気を味わいたくなり、観てみました。

ギリシアの話かと思いましたが、舞台はシカゴ。
人種のるつぼ、アメリカですが、シカゴにもギリシア人コロニーがあるのでしょうか。
外国に住んでいても、ギリシア人としてのアイデンティティを損なわないギリシア人の厳密さには圧倒されます。

明るくごきげんな国民性ですが、そのギリシア第一主義にはびっくりするほど。
ギリシア人と結婚すべきだという親の考えに縛られる子供たちが気の毒です。
子供にとって、みんなが通うガールスカウトではなく、ギリシア学校に行かせられるのは苦痛だったろうと、動揺します。
⇒ More

2010年12月30日

『プリティ・ウーマン』

pw.gif監督 ゲイリー・マーシャル
出演 リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ

おそらく私の知人はみんなとっくに観ているだろうこの作品を、私はまだ観ていませんでした。
シチュエイションがあまり好みでなさそうだったし、『マイフェアレディ』の現代版だろうと思っていたからです。
今ではハリウッド女優として押しも押されぬ位置にいるジュリア・ロバーツが、こんな体当たりの役をやっていたことにびっくりしました。
彼女が背が高いので、ヒールを履くとハリソン・フォードと同じくらいになってしまいますが、その辺のちょっとした不自然さも演出の計算のうちでしょうか。⇒ More