2011年01月23日

『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』

081211_redcliff2_main.jpg監督: ジョン・ウー
出演: トニー・レオン, 金城武, チャン・フォンイー

前篇を見ていたため、いよいよ戦いとなる後編を楽しみに観ました。
前篇で、主要登場人物はすでに頭に入っています。
今回は、孫権の妹役のヴィッキー・チャオが大活躍。
男装して、敵国に忍び込み、兵士としてスパイ活動を行います。

彼女も、周瑜の妻の小喬(リン・チーリン)も、自ら敵国へと単身赴きますが、主要女性陣がこぞってそんな危険を冒す話の展開にびっくり。
両方とも、原作にない話ですが、いくらエンターテインメント性を高めるとはいっても、似たようなパターンをそんなに作り出していいのでしょうか?
中国の女性は、昔は男勝りのヒロインばかりだったのでしょうか?
彼女たちだけでなく、この映画では大将格がずいずいと前線に出ています。
戦い方として大丈夫なんでしょうか?⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Cinema】アジア映画 | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

『レッドクリフ Part I』

レッドクリフ).jpg出演:トニー・レオン、金城 武
監督:ジョン・ウー

吉川英治の『三国志』を読んでいるため、三国志演義ベースのこの映画はわかりやすいと思ったけれど、「レッドクリフ」というタイトルが、なんだかハリウッド的な感じがして、しっくりこなかった。中国の原題「赤壁」と同じようなものにした方が、原作ファンの心に響いたのではないかと思う。

開始早々、趙雲のスタンドプレイ。彼のここのシーンは好きだけれど、この人はこんなに目立っていただろうか?と思う。ひとり白馬に乗っているし。

⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【Cinema】アジア映画 | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

『カンフーハッスル』

B000FF6VOO.09.LZZZZZZZ.jpg監督・出演 : チャウ・シンチー

『少林サッカー』がおもしろかったので、楽しみに観たけれど、これは前作よりもかなり残酷なシーンが多かった。
斧を振り回している暴力団が登場する。斧というものを、今世紀に入って初めて見たような気がする。
団員は、みんな黒スーツにシルクハットをかぶったおしゃれな格好なのに、手には斧を持っているのが、なんだかバランスが悪くて変。

⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【Cinema】アジア映画 | 更新情報をチェックする