2008年10月05日

『ル・ノワール ウインドオーケストラ 第6回ミニコンサート』

at 牛込箪笥ホール 指揮:草川正憲

minicon.jpg第1部
 1-1 オーメンズオブラブ 
 1-2 ロマネスク    
 1-3 動物の謝肉祭   
 1-4 キャンディード
第2部
 2-1 レイダース〜失われたアークメドレー
 2-2 マーチスオンパレード
 2-3 イン・ザ・ムード 
 2-4 久石譲メドレー  
 2-5 ディスコ・キッド

あくびひめさんがこの楽団のフルートパートに所属しており、声をかけてもらったので、演奏会に出かけた。
初めてのホール。ステージと客席の段差がなく、むしろ後ろに行くにつれ、客席の方が高くなっていくので、目線を上げずに済む。
そして、メンバーが楽しく演奏をしているのが、よく伝わってきた。とても雰囲気がいいオーケストラなんだなあと、はたから見てもわかる。
曲ごとの合間に、トロンボーンの人のMCが入り、それがとてもおもしろかった。

⇒ More

2006年05月06日

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2006』記念ライブ

at 東京メトロ銀座駅内コンコース(銀座のオアシス)ab_logo.gif
by 東京芸大有志

銀座駅に降り立ったらライブ演奏が聴こえてきた。ちょうど演奏中に通りかかれたので、そのまま聴くことにする。
金管メンバーで、構成は、オーボエ、クラリネット、チューバ、ファゴットが各2人ずつ、それにベースの計9人。
オーボエが主旋律を担当し、1stオーボエは芸大教授のようだった。
特に銘うったものは見当たらず、プログラムもわからないけれど、耳馴染みのあるモーツアルトのナンバーを何曲も演奏してくれた。
とてもリラックスした、のんびりした気持ちになれる。大勢の人が聴き入っている。こうしたメトロ内コンコースでの演奏は、音響もいいしいいアイデアだと思う。それにモーツアルトはみんなが好きなメロディなので、今回のイベント(おそらくモーツアルト生誕250年記念)が定期的に催されればいいのになと思った。