2003年02月13日

第7回日本財団ランチタイムコンサート『ソプラノコンサート〜イタリアの歌、日本の歌〜』

福島雅美(ソプラノ) 鳥井奈津子(ピアノ) at 日本財団バウ・ホール

曲目:◇浜辺の歌/成田為三
◇Mozart オペラ「フィガロの結婚」より Voi che sapete(恋の悩み知る君は)
◇Handel オペラ「Giulio Cesale」より Piangero la sorte mia(この胸に息のある限り)他

途中から入ったので、演奏者の全く見えない席しかあいていなかった。耳だけのライブ演奏を鑑賞することとなる。
演奏者との間には直径2mほどの太い柱が2本あったので、そこに音が跳ね返ってしまったようで、音響がよくなかった。(ロビーはホールではないからね)
演奏はいまいちかな・・・と一緒に行った人たちと話し合う。
まあ、ガラス越しにさんさんと冬の日の光が入るロビーでぬくぬくと音楽鑑賞できたので気持ちはよかった。
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】Classic・声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月10日

【声楽】 『期待の若手演奏家によるアフタヌーンコンサート Vol.91』

西原千晶 (ソプラノ)、渥美史生 (バリトン)、高木由雅 (ピアノ) at アフィニス 

仕事の切りが悪く、ホール内に入ったらちょうど終わって観客が拍手しているところだった。
がっかりして外に出たら、また音楽が聞こえるので「??」とホールに戻ると、また歌い手が壇上に戻って歌っている。
どうもアンコールということらしい。アンコール用に時間を設け、早めに終わったのね。ということで、アンコールだけ聴くことができた。上手だった。でも曲名はわからずじまい。
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】Classic・声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【声楽】 『期待の若手演奏家によるアフタヌーンコンサート Vol.91』

西原千晶 (ソプラノ)、渥美史生 (バリトン)、高木由雅 (ピアノ) at アフィニス 

仕事の切りが悪く、ホール内に入ったらちょうど終わって観客が拍手しているところだった。
がっかりして外に出たら、また音楽が聞こえるので「??」とホールに戻ると、また歌い手が壇上に戻って歌っている。
どうもアンコールということらしい。アンコール用に時間を設け、早めに終わったのね。ということで、アンコールだけ聴くことができた。上手だった。でも曲名はわからずじまい。
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】Classic・声楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする