2018年06月21日

Glory ROLLY Groovy

2018/6/16(土)
at 横浜赤レンガ倉庫1号館ホール G列 4番-5番(8000)
RGB_ROLLY_FlyerYokohamaOmote_fixw_640_hq.jpg

【出演】ROLLY(vo/g)
    中西俊博(vl)・クリス・シルバースタイン(b)・楠均(perc)・林正樹(p)
    アルフォンヌ(羽田謙治)
【演出】吉澤耕一 【音楽監督】中西俊博

【プログラム】
<1st Show>
 Trust In Me
 La Papillon Noiel ~黒い蝶の館
 仮面舞踏会
 Willkommen
 花のワルツ
 タイスの瞑想曲
 禿山の一夜
 サ・セ・パリ~セ・シボン

<2nd Show>
 弾き語り
 The Man I Love
 グノシェンヌ
 剣の舞
 Minnie The Moocher
 恋の$1,000,000マン
 時間の言葉~2001


横浜フランス月間2018に関連して開催されたROLLYのライブ。
「ジュテーム! 大好きアイ ラブ ユー! パリは燃えているか! ハマは萌えている!」
というサブタイトル付きです。
大佛次郎を入れてきました。

ROLLYが以前より何度も行っていたライブで、今回は5年ぶりの開催だとのこと。
すかんちの曲は聴いたことがなく、ROLLYのこともほとんど知りませんが、音楽のジャンルを超えた試みをいろいろ行っているとことは知っています。
ずいぶん前に「ROLLYのシャンソンは素晴らしい」と耳にしてから、一度生で聴きたいと思っていました。

今回は、たまたま「メジャーデビューする前のローリーに子供の頃に会っている」という友人がいたので、一緒に行くことに。
小学校に慰問(??)に行ったんだそうです。やさしい!
IMG_5085.jpg

会場は、横浜赤レンガ倉庫の3階ホール。
薄暗い廊下を抜けて中に入ると、ピチャン、ポチャンと水滴がしたたる音がしていました。

ROLLYの声で「ここは花の都パリの地下2階にある、光の差さないカタコンベです」とアナウンスが入ります。
最上階まで階段を昇りつめていった場所なのに。
でも小劇場っぽくて、雰囲気たっぷりでした。

暗黒の墓地に流れるエレジー。
お耽美でデカダンチックです。
初めて聴くROLLYの歌声。張りがあって音域も広く、すごく上手。
聴き惚れました。

また、演奏者たちも皆さんお上手。
ヴァイオリンもピアノも、一流の演奏を聴かせてくれます。
このホールはそれほど収容人員が多くなく、観客席に突き出すように舞台を作っているため、本人たちとの距離感がとても近く感じて、耽美的な世界に一緒に取り込まれる感じ。
黒い蝶の館だったり仮面舞踏会だったりしながら、秘めやかな宴は続きます。

コミカル担当として、俳優の羽田謙治扮するアルフォンヌという執事が登場。
「タイスの瞑想曲」の時に、チュチュ姿のバレリーナが出てきたと思ったら、彼でした。
笑わせてくれましたが、つま先立ち歩きを見せてくれたし、見せ方がとても上手でした。
一幕と二幕の間、休憩時間が入りましたが、夢うつつのまま、外に出る気にならずに、そのままの世界に浸っていました。
IMG_5081.jpg

ROLLYは、歌も聴かせてくれましたが、何度も華やかな衣装を替えては楽しませてくれました。
今年55歳だそうですが、スタイルがいい!
背中が大きくあいたドレスも、美しく着こなしていました。

「それでも、銭湯に入ったら、お尻が下がったおっさんなんです~」
そんなことを言っちゃうところが残念だけどすてき。

アンコール曲は、恋のマジックポーション。
55(ゴーゴー)ROLLYのデザインのついたピックのプレゼント付きでした。
IMG_5083.jpg

メンバーたちの質の高いパフォーマンスに魅了されたすてきな夜会。
すっかりROLLYのファンになりましたよ。
宴の後もポーっとして、なかなか余韻が覚めませんでした。

漫画家の魔夜峰央さんも、このライブに来ていたと、あとで知りました。
デカダンつながり!
IMG_5084.jpg

posted by リカ at 16:54| Comment(0) | 【music】Rock, Pops, R&B | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

SPITZライブツアー「30th ANNIVERSARY TOUR“THIRTY30 FIFTY50”」

8月23日@横浜アリーナDH6oMDKU0AEypmt.jpg

スピッツ結成30周年目のメモリアルライブに行きました。
もともと好きなバンドだったことに加えて、友人がドラマー崎山さんの熱烈なファン。
旅行がてら友人の家に遊びに行くたびに、夜な夜なスピッツのDVDを見せてもらっているうち、そのスピッツ強化合宿の成果が出て、いつしかけっこうな数の曲に馴染んでいました。

『スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版- リバイバル上映』(→感想)も、一昨年友人と一緒に映画館で鑑賞しています。
ライブのおさらいはできていますが、実際に彼らのライブに行くのはこれが初めて。
当日を楽しみに待ちました。

久しぶりの暑い真夏日。一緒に行く友たちと落ち合って、お茶をしてから向かいます。

IMG_4124.jpg
京甘味 文の助茶屋

IMG_4123.jpg
友人たちは甘酒

IMG_4121.jpg
私はグリンティフロート

IMG_4118.jpg
開演のずいぶん前からアリーナ前には行列ができています

開演と同時に入った時には、ずらりと席が並ぶ巨大なアリーナに圧倒されました。
この席が全部埋まるのかしら~と思いましたが、時間になったら見事にびっしり埋まっていました。
照明が落ちると、グッズのバッジが、そこかしこでキラキラ光って、とてもきれい。

変わらないように見えるメンバーは50歳になり、ファンクラブの会報は100冊目を迎えています。
今回が横アリ初単独ライブだと聞いて驚きますが、メンバーたちが、1万人規模の大きなアリーナよりも小さめのホールでの公演をこれまで好んできたからのようです。
「横アリにはこれまでASIAN KUNG-FU GENERATIONのイベントと、RADWIMPSの前座で(え?)2回来ました」とマサムネ氏が言って会場を笑わせます。

なんと今回が、スピッツ1000回目のライブなんだとか!!
「よくわからないし、きちんと数えたらわかるんだろうけど、まあ今回ってことにします」というアバウトな感じで、公式発表されました。
30周年、50歳、1000回目という、キリ番尽くしのすごい会で、会場は大盛り上がり。
まさにメモリアルタイムに参加できたことになります。

スピッツのファンは、みんなお行儀がよさそうなので、演奏は座って聞くのかな?と思いましたが、ところがどっこい、最初からみんなスタンディングでノリノリでした。

IMG_4126.jpg
物販ブースも大賑わい

時々入るトークタイムのゆるい感じがいいです。
「年になってきたら、どんどん話が長くなるんだよね」と言いながら、自分たちがロックバンドと思われていない話や、あまりに普通の格好なので、いつも関係者口から入館するのが大変な話などを教えてくれました。

田村リーダーは、サカナクションの楽屋に間違えて入って、ソファーに落ち着いたところで間違いに気づいたとか。それが彼らとの最初の出会いだったとか。(先輩なのに!)

そんな脱力系の話をしながらも、「最後まで楽しませるから!」「すてきな夜にするからさ、最後までついてきてくれ!」と、ビシッと決めてくれるところはさすが。

古いイメージだった横浜アリーナでの久しぶりにライブでしたが、建物がリニューアルしてパワーアップしたようで、音が変にぼやけることもなく、クリアに届きました。
武道館とはかなり違う音響。

舞台照明もとてもマジカルで、曲ごとに変わり、イメージを壊さずに表現していました。
中でも感激したのは、青い光に包まれて聴いた「ロビンソン」。
アリーナ全体が宇宙の風になりました。ルララ~♪
「正夢」では、キラキラの紙吹雪が大量に舞い続けて、アリーナがスノードームになったようでした。

聴きなじんだ曲がたくさん登場して、ずっとハッピーが続きます。
知らなかったのは、ほんの数曲でした。
どんな神ライブなんでしょう。
最初から最後までずっとクライマックス状態の熱いステージに、釘付けです。
全部で20曲以上歌ってくれて、アンコールは2曲。
18時半に始まり、終わったのは22時近くでした。

IMG_4127.jpg

感想は、一言で言って「ファンタスティック」!
メンバー全員、すばらしいパフォーマンスを見せてくれた、満足度が高いライブで、ますます彼らのファンになりました。
それもこれも、英才教育を施してくれた友人のおかげです。さっちゃん、スピッツの世界にいざなってくれてどうもありがとう!

IMG_4132.jpg
乾杯!

posted by リカ at 17:40| Comment(0) | 【music】Rock, Pops, R&B | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

「TOKYU MUSIC LIVE 2016~財津和夫プロデュース/The Day 虹の向こうでお会いしましょう」

2016.6.7、Bunkamuraオーチャードホール
プロデューサー:財津和夫、ゲスト:太田裕美、KAN、沢田知可子

IMG_5505.jpg


            【演奏曲目】
          M1 Smile
          M2 虹とスニーカーの頃
          M3 WAKE UP
          M4 急行の停まる街
          M5 カレーライス
          M6 まゆみ
          M7 愛は勝つ
          M8 銀の指環
          M9 会いたい
          M10 私の花
          M11 空を見上げてごらん
          M12 You are my Sunshine
          M13 青空の翳り
          M14 木綿のハンカチーフ
          M15 さらばシベリア鉄道
          M16 青春の影
          M17 サボテンの花
          M18 心の旅
          EN Over the Rainbow

出演者は往年のJ-POPを彩ってきた大御所揃いですが、KAN以外はヒット曲くらいしか知らないので、知らない曲ばかりかな、楽しめるかなあと思いながら会場へと向かいました。
シンプルなライブなのかなと思っていましたが、最初からキラキラとまばゆい照明アート。

最初と最後は洋楽カバーですが、あとは持ち歌がどんどん披露されます。
みんな、自分のヒット曲を惜しげもなく歌ってくれます。

「わがままはー」の歌がいきなり来たので驚きました。
沢田知加子も、登場してすぐに「会いたい」を熱唱。財津和夫の作詞作曲だそうです。
彼女は、この曲を「もう25年も歌っている」そう。四半世紀ですね。

世代を超えた名曲なので、私のiTunesに入っている歌がいくつもあります。
ヒット時期とほぼ遜色ない声のハリと声量。プロですねー。

IMG_5502.jpg


太田裕美の「木綿のハンカチーフ」は、もう40年選手だそうです。そんなに?
その後、いろいろな人が「木綿の...」をカバーしていて、最近ではMay J.も歌っているんだとか。
いったい何人のカバーバージョンがあるのでしょう。

でもやはりオリジナルが一番。実際に聴けるとは思わなかったので、感激しました。
白いワンピース姿で登場し、遠目に見ると少女にしか見えない彼女。
歌の雰囲気を壊さないイメージのままでした。

財津さんとKANはどちらも福岡出身だそう。
KANはたしか数年間、パリに音楽留学をしていたんですよね。
背中に羽をしょって現れました。いつもこのスタイルなんでしょうか?
「心のきれいな人にしか見えない」羽なんだそうです。なるほど、じゃあ見えない人もいるんでしょうね。
「まゆみ」や「愛は勝つ」を歌ってくれました。
イトコのまゆみちゃんが好きだった歌だなあと思いながら、耳を傾けました。

往年のヒットソングを長年歌い続けるスターは、その歌声も見た目も、ほとんど変わらないものですね。
だからこそ、時代を超えて愛され続けるのでしょう。

知っている有名曲のオンパレードで、とっても贅沢な選曲に感激した、楽しいライブでした。
posted by リカ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【music】Rock, Pops, R&B | 更新情報をチェックする