2020年01月08日

ミュシャ展〜運命の女たち

img_01.jpg
そごう美術館

アール・ヌーボーを代表する画家・アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)。
日本人は印象派が大好きですが、ミュシャもかなり人気が高いですね。
これまで、何度となく展覧会が開催され、かなり足しげく観に行っています。

今回の展覧会の特徴は、ミュシャ生家の近くに住むチマル博士の3代にわたるミュシャ・コレクションから、ポスター、装飾パネル、油彩画、素描、水彩画など約150点が出品されている点。
日本初のチマル・コレクションのみのミュシャ展となり、従来とは異なる視点で構成されています。

今回のテーマは「運命の女たち」。
ミュシャの人生上の女性たちに焦点を当てて、華やかな女性像を得意とする彼の作品を紹介しています。
個人的には、彼の作品で一番好きな『イヴァンチッツェの思い出』〈1903〉のモデルとなっている、初恋の人ユリンカが気になっています。

ミュシャ修正版.jpg
《イヴァンチッツェの思い出》1909年 * 今回未展示

展示されているのは現チェコ共和国で暮らした十代の頃から、ドイツでの修業時代を経てパリで名声を博し、アメリカに渡り、祖国に捧げた晩年までの作品。
学生時に描いた女友達のデッサンは、初めて展示されるもの。小作品ですがとても上手です。

ミュシャ初恋の人ユリンカの本名は、ユリエ・フィアロヴァー。
早逝してしまいましたが、彼女の面影は、ミュシャの描く女性像の多くに投影されています。

今回展示されていた作品は、私が好きなものと少し異なっていました。
構図も絵柄もそっくりですが、簡略されたデッサンのよう。
こちらは習作なのでしょう。

28a6.jpg
《イヴァンチッツェの思い出》1903年

それから彼のメジャーデビューのきっかけとなった、大女優サラ・ベルナールを手掛けたポスターの数々。
サラの演じる『ジスモンダ』のポスター依頼が工房に入った時はちょうどクリスマス期でみんな休暇中でした。
そこで、ひとり残っていたミュシャが慣れないポスターを手掛けることになりましたが、それをサラが一発で気に入り、彼と契約を結んだという、ラッキーなエピソード。

b0.jpg
左:《椿姫》1896年   右:《ジスモンダ》1894年

27歳でミュンヘンからパリへ移った彼は、流れるような髪と衣装をまとった美女たちの絵を次々と描いていき、ベル・エポック時代を彩るアールヌーポーの旗手となりました。
ここから先は、よく見慣れた作品が続きます。
「モエ・エ・シャンドン」のメニュー表のデザインも手掛けていました。
ゴージャス感がぴったり。

パリでは人々の人気を一身に集め、キラキラした世界で過ごしていたのだろうと想像しますが、実際にはそういうわけでもなく、画塾でデッサン講座の先生をしていたとのこと。
彼のデッサンは、確かにとても的確な表現がなされたものでした。

「サヴォン・ミュシャ」という石鹸が展示されていました。
商品ブランド名に画家の名前が付いたのは初めてだそう。
ミュシャの人気が伺い知れます。

main.jpg
《黄道十二宮 ラ・プリュム誌のカレンダー》(部分)1896年

華やかな女性を通して商品のイメージや夢を売った彼は、経済成長に沸くアメリカでも大歓迎されました。
アメリカの大富豪の娘の肖像画を描くなどをして、多額の資金援助を受けた彼は、人生後半のライフワークとして、スラヴ民族の歴史を描いた20点の大作《スラヴ叙事詩》に着手します。

当時のスラブはオーストリア・ハンガリー帝国下にあり、母国にいてもドイツ語を話さねばなりませんでした。
1908年にボストンで演奏されたスメタナの「わが祖国」を聴いたことがきっかけで、母国愛を刺激され、制作意欲が湧いた彼は、絵を通じて祖国の人々に母国の誇りを失わぬよう、呼びかけたのです。
展示されていたミュシャ本人の写真はどれも、スラブの民族衣装姿。
実の娘や友人の娘に民族衣装を着せて、絵のモデルにすることもありました。

4b4.jpg
アルフォンス・ミュシャ

過去に開催されたミュシャ展は、華やかで美しい作品の数々をメインに構成されていましたが、今回の展覧会は、ミュシャという画家の人生や、モデルとなった女性たちについて、丁寧に紹介されていました。
ついついロマンチックで流麗な彼の作品の方に目を奪われがちですが、今回はその背景にある画家本人とその人生について、詳しく知ることができました。

『ミュシャ展~運命の女たち~』
会期 2019年11月23日~12月25日
会場 そごう美術館

posted by リカ at 15:30| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年

fb.jpg

■ 展覧会概要とハンガリー史

日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念した、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展。
日本とオーストリアも、今年150周年ということで、いろいろな企画が催されています。
両国とほぼ同時に外交関係が始まったのですね。

ハンガリーの歴史をざっくりおさらいすると、オスマン帝国のヨーロッパ侵攻により、1541年に三分割されました。
①ハンガリーの北部・北西部・クロアチア:ハプスブルク領
②ハンガリーの中・南部(ブダペストを含む):オスマン帝国領
③東部:トランシルヴァニア自治領
ハンガリーの三分状態はその後約130年続きます。オスマン国だった時代もあったとは。
1699年に②と③が①に組み込まれ、ハンガリー全域がオーストリア・ハプスブルク家の領土とされました。

その後、民族運動を経て1867年にオーストリア=ハンガリー帝国という二重帝国状態になり、第一次世界大戦終結に伴い1918年にハンガリー共和国として分離独立。
ハンガリー革命後にハンガリー王国となるも、第二次大戦後に社会主義時代などを経て、現在は第三ハンガリー共和国となっています。
なかなか複雑です。

17-18世紀のハンガリー王国の首都は、現在のブダペストではなく、スロバキアの首都、現ブラチスラヴァだそう。
ややこしいですね。ハンガリー史を踏まえておかないと、間違えてしまいそう。
ハンガリー共和国からハンガリーになったのは、2012年の1月1日のことでした。そんなに最近だったとは。

ヨーロッパ中部にあるため、さまざまな国の影響や干渉を受け続けてきた場所。
それだけに、文化的に熟した国でもあります。

以前、ブダペストにある国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーを訪れました。
素晴らしい絵画の数々に圧倒されましたが、日本では知られていないハンガリーの作家たちが多いという印象でした。

2012年に(ハンガリーになったため?)2館は一つの組織に統合され、現在収蔵分野の再編が進められています。
今回は1994年以来25年ぶりに日本で開催されるコレクション展です。
展示はⅠ章「ルネサンスから18世紀まで」とⅡ章「19世紀・20世紀初頭」の2部構成。

Ⅰ章「ルネサンスから18世紀まで」

■ クラーナハの不釣り合いカップル

02.jpg
ルカス・クラーナハ(父)《不釣り合いなカップル 老人と若い女》
1522年、ブダペスト国立西洋美術館

ドイツ・ルネサンスを代表するクラーナハの作品。
「老女と若い男」バージョンの《不釣り合いなカップル 老人と若い男》(1520-22頃)も並んでいます。
前者は、若い女に触る老人と、彼の財布に手を伸ばす女が描かれ、後者は、老女が青年にの手にコインを握らせて、愛を金で買おうとしている様子が描かれています。

■ キリスト教国として

03.jpg
ティツィアーノ《聖母子と聖パウロ》
1540年頃、ブダペスト国立西洋美術館

オスマン帝国の支配下からハプスブルク帝国に併合されたハンガリーには、カトリック教会のフレスコ画や祭壇画、宮廷肖像作家が登場します。
ヴェネチア共和国の巨匠、ティツィアーノの《聖母子と聖パウロ》。
剣と本を持ち、ローマ兵士風のいでたちをした聖パウロが、聖母マリアと幼いイエスに敬意を表しています。
聖母子とも、ティツィアーノらしい気品のある顔立ちをしています。

■ ゴヤの作品、その他

 ゴヤの絵画がありましたが、すぐにはわかりませんでした。

img_2.jpg
フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス
《カバリェーロ侯ホセ・アントニオの肖像》(1807)

 彼の本名は、フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス。
 薄暗い展示室の中だと、一見、ゴヤと書かれていることに気づきません。
 まだまだ修行が足りません。

 個人的に気に入った、すてきな絵画もいろいろありました。
ボニファーチョ・ヴェロネーゼと工房《春》(1530年代末/50年代初頭)
 風に乗る浮遊感と、女性の髪のなびき方が美しい作品。

ドレペドロ・ヌニェス・デ・ビリャビセンシオ《リンゴがこぼれた籠》(17世紀後半) 
 犬の毛並や、少年ののびやかな体つきなど。抑えた色合い。
 Wikipediaの英語版「Pedro Nuñez de Villavicencio」の紹介ページに、当該作品が掲載されています。
 実物はもっと素晴らしい色合いです。

《聖ヨセフをカルメル修道会の守護聖人にするよう、アビラの聖テレサに促す聖母》
 これは長いタイトルが気になりました。
 キリスト教義の素養がないため、背景がわかりませんでした。解説があれば助かったのですが。

バルトロメ・ゴンザレス《王子の肖像》
 フェリペ3世の宮廷画家だったゴンザレス。
 ちなみにスペイン王家の宮廷画家として有名なベラスケスは、そののちのフェリペ4世付きの宮廷画家です。
 まだ小さな王子の衣装には、いろいろなものが下がっています。
 よく見ると、鈴、笛のほか、赤サンゴやアナグマの手など。
 いったいどんな分か?と思いますが、当時は子供の死亡率が高かった時代。
 これは死神に連れていかれないようにとの魔除けだそうです。

■ 性格表現の頭像

05.jpg
フランツ・クサーヴァー・メッサーシュミット
《性格表現の頭像 子どもじみた泣き顔》
1771-1775年、ブダペスト国立西洋美術館

彫刻作品では、フランツ・クサーヴァー・メッサーシュミットの頭像作品2点が際立っています。
2018年に西洋美術館で開催された『ルーヴル美術館展 肖像芸術―人は人をどう表現してきたか』でも、69点あるこのシリーズの一作を観ました。
しかめっ面や大きく口を開けた顔などの奇妙な表情が生々しく表現されています。

Ⅱ章「19世紀・20世紀初頭」

■ ハンガリーで最も愛されている絵

01.jpg
シニェイ・メルシェ・パール《紫のドレスの婦人》
1874年、ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

本展のポスターに使われている主要作品。
19世紀ハンガリー近代美術の先駆者、シニェイ・メルシェ・パールの作です。

紫のドレス、草地の緑、花の黄色。どの色彩もそれぞれが鮮やかに発色し、光を帯びた印象的なコントラストとなって、モデルの魅力を引き立てています。

彼はミュンヘンで絵画を学び、パリとの関係はありませんでしたが、この絵に表されるように、1870年代のパリ印象派のような光を描く絵画表現を追求しました。

この作品は評論家の間では不評でしたが、ハンガリー国民の間で一番人気を博し、ハンガリーで最も愛される名画として切手をはじめ、様々な関連グッズが作られているそうです。

ほかにも
ムンカーチ・ミハーイの《パリの室内(本を読む女性)》(1877)、《本を読む女性》(1880年代初頭)
ギュスターヴ・ドレ《白いショールをまとった若い女性》
ロツ・カーロイ《春―リッピヒ・イロナの肖像》

といった、エレガントで美しい女性を描いた作品が並び、まさに貴婦人の肖像画の間といった感じ。
いつまでもいたくなるような部屋でした。

■ アール・ヌーヴォーの世界観

11.jpg
ヴァサリ・ヤーノシュ《黄金時代》1898年
ブダペスト、ハンガリー・ナショナル・ギャラリー

ハンガリー世紀末美術を代表する画家ヴァサリ・ヤーノシュの大作。
寄り添うカップルが、ヴィーナス像にバラをささげ、煙を立ち上らせている、香り立つようにロマンチックな作品。
アール・ヌーヴォー調の額もヤーノシュ本人の作で、額の装飾がより一層作品を際立たせ、全体的に統一した世界観を作り上げています。

■ 観終えて(おわりに)

「ドナウの真珠」と称えられるハンガリーの首都、ブダペスト。所蔵作品も逸品ぞろいです。
今回は、ルネサンスから約400年にわたってのヨーロッパとハンガリーの芸術名品130点が一挙来日しています。
紹介される機会の少ないながらもすばらしい銘品の数々を、日本にいながらにして見られるということに、感激を覚えました。


続きを読む
posted by リカ at 17:06| Comment(2) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

人生を駆け抜けた画家の鮮烈さ~「ゴッホ展」

IMG_5209_censored.jpg

■ 会について

後期印象派を代表する画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。
彼が画家として活動したのは、27歳から37歳までのたった10年間でした。
その初期から晩年までの重要作が結集します。

「人生を変えたふたつの出会い」という会のサブタイトルは、ゴッホが画家として独自の画風を確立するまでに出会った「ハーグ派」と「印象派」の画家たちとの交流のこと。

これまで、ゴッホの展覧会といえば、故郷オランダが所蔵する作品が中心となっていましたが、本展は、駆け出しの画家だった頃の彼に影響を与えた「ハーグ派」と「印象派」の画家たちの作品を交えて、画家としてのゴッホがどのように生まれていったかを探っています。

開園時間に行った時にはすでに建物の外に長い行列ができており、並んで待ちました。
以前この美術館で開催された「怖い絵展」「フェルメール展」のことを思い出します。
やはりゴッホは人気の高い画家ですね。

■ 展覧会の構成

分かりやすく、2部構成です。

第1部 ハーグ派に導かれて
ハーグ派とは、オランダ・ハーグを拠点に活動した画家たち。
くすんだ色が特徴で『灰色派』とも呼ばれています。
ゴッホの親戚で最初の師匠だったハーグ派の主要画家アントン・マウフェを含む、ハーグ派の作品を18点紹介。

第2部 印象派に学ぶ
ゴッホが1886年にパリに出てから、印象派の影響を受けた作品の変化にフォーカスします。

■ 展示作品

約40点のゴッホ作品と、アントン・マウフェやポール・セザンヌ、クロード・モネなどハーグ派と印象派を代表する画家たちの作品約30点。
オランダ・ハーグ美術館館長を監修に、イスラエルやスイス、モナコ公国など、非常に珍しい所蔵先からの作品借用が実現しました。

■ ハーグ派とその影響

ゴッホは、モンティセリを主とするハーグ派の画家たちから、画材の使い方を学びました。
モデルを前にして、真っ暗な背景に横から光が当たる人物の頭部や、薄暗い室内で食事のテーブルを囲む人々の姿を実際に確認し、作品に反映させていました。

cf347.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ《農婦の頭部》1885年4月
スコットランド・ナショナル・ギャラリー

この女性をモデルにした作品を40枚ほど書き上げたというゴッホ。
女性にとってはよっぽど大変だったようで、その後この村では、誰もモデルになってくれなくなったそうです。

モンティセリの作品では《猫と婦人(猫の食事)》というかわいい一枚が気に入りました。

■ 印象派とその影響

ハーグ派に影響を受けていた頃の作品にはオランダ絵画特有の暗さがありましたが、パリに出たゴッホは印象派の画家たちと交流し、彼らの描く色彩の輝きに刺激を受けるようになりました。
ゴッホの作品には、原色に近い明るい色彩が用いられるようになり、絵の具も厚く塗り重なるようになっていきます。

ゴッホ「ああ、モネが風景を描くように人物を描かねば。」(弟テオヘの手紙)

lif1911030020-p1.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ《パイプと麦藁帽子の自画像》
1887年 ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)

敬愛するモンティセリ風とのことですが、モンティセリは特に麦わら帽子をかぶっていたということはないそうです(?)

■ 《糸杉》と《麦畑》

会のポスターにもなっているメイン作品。

ゴッホ「僕の野心はほんの大地の端くれだ。芽吹く麦だ。オリーヴの園に糸杉だ。
例えば最後のやつなんかはそうやすやすと描けない」

81.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》
1889年6月 メトロポリタン美術館蔵

とうとう彼個人の表現法を見出したゴッホ。
全てがうねり波立つように見える圧倒的な存在感。
鮮やかな色彩は、生命が飛び散り、鼓動するようです。
どこか心をざわつかせ、強い印象を残す作品。
間近に寄ると、ゴッホ特有の油性塗料の盛り上がりや激しい筆あとが見られます。

9afd.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホ《麦畑》
1888年 P. & N. デ・ブール財団

ハーグ派に影響を受けていた頃とは、作風ががらりと変わりました。
印象派の明るい色にならった一枚。
風が吹くたびにキラキラと輝く、プロヴァンス地方の黄金色の麦畑が描かれています。 

■ 観終えて

今回は、ハーグ美術館の所蔵品がメイン。
日本で紹介される機会があまり無いため、ほとんど知らなかったハーグ派の作品がまとまって観られたのは、いい刺激になりました。
また、ピサロやセザンヌ、モネやルノワールといった印象派巨匠の、これまで見たことがなかった作品を観られたのは、思わぬ収穫でした。

まだ画家としての駆け出しの頃から、いろいろな刺激を受け、それを自分に取り込んでいったゴッホ。
強烈で独特な画風を確立したゴッホですが、鮮やかな色彩と豊かな表現力を手にするまでに、繊細な印象派の絵画にも影響を受けていたのですね。
試行錯誤の果てに手にした、彼オリジナルの表現法で仕上げた作品は、鮮烈に輝いて見えます。

自分のスタイルを確立し、ゴッホならではの作品をどんどん描き進めていくかのように思えたその矢先に、精神を病んでその生涯を閉じてしまったのはとても残念ですが、今回は、画家としての人生最後の10年間を、迷い模索し、吸収しながら進んでいった彼の変遷が分かる展覧会になっています。

■ 会期

10月11日 (金) ~ 2020年1月13日 (月・祝)
「ゴッホ展」
 *「ゴーゴーゴッホ」というアドレス名がいいですね。
上野の森美術館

そののち、兵庫県立美術館でも開催されます。
兵庫県立美術館(会期:2020年1月25日~3月29日)

IMG_5222_censored.jpg

ミュージアムショップには、麦わら帽子姿のスヌーピーなどのコラボグッズが盛りだくさん。
パイプと麦藁帽子のゴッホ風に、写真撮影を撮ることもできます。

続きを読む
posted by リカ at 20:10| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする