2017年06月12日

フランス絵画の宝庫 ランス美術館展

at 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
e199571.jpg
ポール・ゴーギャン「バラと彫像」1889年


パリの東130kmほどにある、フランス北東部シャンパーニュ地方の中心地ランス(Reims)は、歴代の王が戴冠式を挙げた、世界遺産のノートルダム大聖堂で知られている町です。
そのランス美術館コレクションの17世紀から20世紀までの作品とランスに縁の深いレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品コレクションの展覧会が開催中です。

     1.国王たちの時代
     2.近代の幕開けを告げる革命の中から
     3.モデルニテをめぐって
     4.フジタ、ランスの特別コレクション
     「平和の聖母礼拝堂」のための素描

1.国王たちの時代

ブルボン王朝が始まった16世紀から、太陽王ルイ14世治世の17世紀、ロココ調の18世紀と、フランスの芸術は飛躍的な発達を遂げました。

カラヴァッジオ風の陰影を描いた画家を「カラヴァッジェスキ」というそうです。
その代表とされるテオドール・ロンブーの「コンサート」(17世紀)。
3人の音楽家がクローズアップされていますが、真ん中の人物は、楽器をひっくり返しているため、コンサートとは呼べないような図柄になっています。

フランドル画家、ヤーコブ・ヨルダーンスの「サテュロス」(17世紀)
サテュロスはバッカスの従者。ヤギの特徴をもつ半獣半人の姿で描かれます。


2.近代の幕開けを告げる革命の中から

ダヴィッド「マラーの死」

20170422_art01.jpg
ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)「マラーの死」(1793年7月13日以降)

(あれっ?)と思いました。この絵、ベルギー王立美術館で何度か観たことがあります。
構図も何もかもがそっくり。どういうわけでランス美術館に?
でも、大きさがどうも違う気がします。ベルギーで観たものは、もっと大型作品だったように思います。
ダヴィッドが、同じ構図、同じタイトルの作品を複数描いていたのかと思いましたが、よくわかりませんでした。
原画はベルギー王立美術館所蔵のものであり、Wikipediaには「ダヴィッドの弟子が手がけた複製画が何枚か現存しており、ディジョン、ランス、ヴェルサイユの美術館などで見ることができる」とあります。
本作はダヴィッド(および工房)作となっていることから、作画には弟子の手も入っていると見做すのがよいのでしょう。

暗殺という息の詰まる一瞬を、崇高に描き上げた一枚。新古典主義らしい作品です。
これは英雄の悲劇的な死という、マラーを礼賛した描き方になっているとのこと。
ミケランジェロの『ピエタ』としばしば比較されているとのことは、知りませんでした。

ちなみに制作年月日が「1793年7月13日」とされているのは、この日がマラー暗殺日だからです。

ドラクロワ「ポロニウスの亡骸を前にするハムレット」

20170422_art02.jpg
ウジェーヌ・ドラクロワ「ポロニウスの亡骸を前にするハムレット」(1854−56)


ドラクロワは19世紀ロマン主義を代表する画家。政治家タレーランの子という噂があったそうです。
新古典主義の巨匠アングルと比べられた彼の作品は、往々にしてオリエンタリズムに満ちたものとなっています。
これはシェイクスピアの『ハムレット』の作中シーンを描いたものです。

デュビュッフ「ルイ・ポメリー夫人」

174811.jpg
エドゥアール・デュビュッフ「ルイ・ポメリー夫人」(1875)


知らない画家ですが、大判の華やかな作品が目を引きました。
シャンパーニュ地方らしく、描かれているのはシャンパン会社、ポメリー社の社長息子の妻。
青いドレスの美しさとモデルの健やかな美しさが印象的でした。

3.モデルニテをめぐって

ポール・ゴーギャン「バラと彫像」 1889年

今回のポスターになった作品。(1枚目画像)
一見、よくある静物画のようですが、なにげないようで緻密に計算された絵なのだそう。
薔薇が光線の加減で青やピンクの影を帯びている様子が描かれており、安定の良さを感じました。

ピサロ「オペラ座通り、テアトル・フランセ広場」

20170422_art05.jpg
カミーユ・ピサロ「オペラ座通り、テアトル・フランセ広場」1898年


ピサロはパレ・ロワイヤル広場に面したホテル≪グラン・ドレル・デュ・ルーヴル≫の一室から眺めたパリの風景を連作的に描いた作品を10作近く残しており、これもその一枚となります。
通りの奥に見えるのがオペラ座。
馬車が行き交う、アール・ヌーヴォーや世紀末芸術で華やいだ、豊かな19世紀末パリの雰囲気が伝わってきます。

4.フジタ、ランスの特別コレクション

藤田嗣治は、フランス人となり洗礼を受けたのち、レオナール・フジタとして活躍し、自ら作成したランス礼拝堂に眠っています。
シャンパンのG.H.マム社は、フジタがデザインしたバラの絵を今でもふたのデザインに用いています。
この美術館は、シャンパーニュ地方のランスと縁が深かった彼の作品コレクションも有しており、今回特別コレクションとして30点弱の作品が展示されました。

「少女」(1957年)は、みずみずしいタッチで描かれていますが、彼が71歳の時の作品だと知り驚きました。
「猫」は、おそらく彼本人が作成しただろう木彫りの額に注目しました。

レオナール・フジタ「マドンナ」
b5d.jpg
レオナール・フジタ「マドンナ」1963年


「乳白色の肌」と言われる、輝く独特の乳白色を用いたフジタですが、これは珍しくも、聖母マリアを黒人として描いています。取り囲む天使たちもみな黒人たち。
もともと中東の人なので、実際からは遠からずといったところでしょう。
このマリアは、映画「黒いオルフェ」の女優、マルベッサ・ドーンがモデルとなったそうです。
言われてみれば、確かに現代風の顔つきです。

あまり知識がないままに訪れた展覧会でしたが、行ってみるとかなりの傑作揃いで、見がいがありました。
この展覧会は、6月25日(日)まで開催中です。
「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」

posted by リカ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

「大エルミタージュ美術館展」“仮装ナイト”

IMG_2300.jpg


エルミタージュ美術館の所蔵品展覧会は、これまで何度も国内で開催されていますが、目下森アーツセンターで開催されている「大エルミタージュ美術館展オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」では、タイトルの通りに西洋の名画が展示されています。

展覧会会場にて開催された仮装ナイトに参加しました。
「もしあなたが宮殿の主、エカテリーナ2世に舞踏会&コレクション鑑賞会に招かれたら…?」というイメージでドレスアップした紳士淑女たちが、世界的名画に囲まれた会場内に集っています。
笑いさざめくロングドレス姿の女性や、仮面をつけた男性たち。スタッフは頭に銀色のティアラを付けています。
非日常感たっぷりで、本当に宮殿にいるような優雅な気分になりました。
(ちなみに私は、ワンポイントでもOKということで、仮面とヘッドドレスで参加しました)

IMG_226.jpg
ウィギリウス・エリクセン「戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像」1760年代
の前で集う方々

IMG_227.jpg


1 イタリア:ルネサンスからバロックへ
2 オランダ:市民絵画の黄金時代
3 フランドル:バロック的豊穣の時代
4 スペイン:神と聖人の世記
5 フランス:古典主義的バロックからロココへ
6 ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

作者の国別にまとめられているため、特徴がわかりやすく、ルネサンス期にそれぞれの国がどのように発展したかを、絵画を通じてうかがい知ることができます。

・・・・・・

1 イタリア:ルネサンスからバロックへ

IMG_2272.jpg
ティツィアーノ・ヴェチェリオ「羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」1538年


モデルはビロードのコートを羽織っており、豊かな光沢が見て撮れます。
白い羽根飾りつきの帽子がゴージャス。
貴族の少年のようにも見える、凛とした表情です。

・・・・・・

IMG_2276.jpg
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエボロ「受胎告知」1724-25年


品のある落ち着いた色彩と動きのある構図の織りなす、調和のとれたバランス。

・・・・・・

2 オランダ:市民絵画の黄金時代

17世紀にバロック絵画がイタリアからユトレヒト(オランダ)に伝わったことで、アムステルダムで市民絵画の黄金時代が興隆しました。

IMG_2280.jpg
左ヘラルト・ファン・ホントホルスト「陽気なリュート弾き」
右ヘラルト・ファン・ホントホルスト「陽気なヴァイオリン弾き」
中央ディルク・ハルス「ホーム・コンサート」


呼応し合っているような絵の配置がいいですね。見るからにとても楽しそうな演奏家たち。
明るい音色が聴こえてきそうな演奏会の光景です。

・・・・・・

IMG_2281.jpg
レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン
「運命を悟るハマン」1660年代前半


旧約聖書の『エステル記』に登場する一場面。
ペルシャ王の側近のハマンが、王の逆鱗に触れて死刑宣告を受けたシーンです。
ハマンの絶望的な気持ちを表すかのように、レンブラントらしい深い闇が広がっています。

・・・・・・

3 フランドル:バロック的豊穣の時代

17世紀、フランドル地方ではバロック文化が栄えました。

IMG_2284.jpg
ピーテル・ブリューゲル(2世)「スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色」1615-1620年頃


楽しそうにスケートやカーリングをして遊んでいる光景。
しかし足元の氷はいつ割れるのかわからず、人生の不安定さと不確実さを表す寓意になっているのだそう。
そんな隠れた意味を持つとは知りませんでした。ある意味メメント・モリにもつながりますね。

・・・・・・

IMG_2285.jpg
ルーベンス「マリー・ド・メディシスの戴冠式」1622年


ルーベンスは、フランス王妃マリー・ド・メディシスの生涯をテーマに24枚の連作を描いています(ルーヴル美術館所蔵)が、それとはまた別に描かれたもの。
白い影のような美しさが印象的でした。

・・・・・・

IMG_2286.jpg
スランス・スネイデル「鳥のコンサート」


大型のキャンバスいっぱいに描かれた大小さまざまな鳥たち。
写実的で羽根の一枚一枚まで細かく描きこまれています。
コンサートといっても、楽器を奏でているわけではありません。
それぞれが鳴き声を発している様子を表現しています。

楽譜を持っているフクロウが指揮者役のようですが、見るからに統制がとれておらず、にぎやかさとユーモラスさに満ち溢れています。

・・・・・・

4 スペイン:神と聖人の世記

スペインでは、聖人を市井の人々のように描く手法が取り入れられました。
荘厳さよりも親しみやすさが特徴的な宗教画が多いのは、そのためでしょう。

IMG_2290.jpg
フランシスコ・デ・スルバラン「聖母マリアの少女時代」1660年頃


聖母マリアの少女時代を描いた絵は珍しいものですが、その中でも幼いマリアが無垢な瞳で祈りを捧げるこの作品は、愛くるしさにあふれています。

・・・・・・

IMG_2289.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ」1660年頃


IMG_2288.jpg
バルトロメ・エステバン・ムリーリョ「受胎告知」1660年ごろ


ムリーリョの絵は3枚。どれも優しげで温かい、ムリーリョらしさにあふれた作品です。

スペイン絵画コーナーは3名の画家の作品5点の展示で、他に比べてぐんと少なかったのですが、どれもクオリティが高い逸品揃いでした。

・・・・・・

5 フランス:古典主義的バロックからロココへ

やはり王道のフランス絵画。このコーナーの作品が一番多かったのですが、ここから先は撮影不可エリアとなりました。

フラゴナール作品からは有名な「盗まれた接吻」が来日。
とてもフランスらしい絵なので、これがフランス国内の美術館ではなく、エルミタージュの所蔵品というのが少し意外です。

ニコラ・ランクレ作品は2点。フラゴナール風のタッチの画家です。
クロード・ロランの「港」もありました。
ジャン・シメオン・シャルダンの「食前の祈り」は以前にも見たことがあります。
私はシャルダンというとこの絵を思い出しますが、彼がメインとして描くのはは風景で、この人物画は珍しいのだそうです。

・・・・・・

6 ドイツ・イギリス:美術大国の狭間で

poster02.jpg
ルカス・クラーナハ「林檎の木の下の聖母子」 1530年頃


最後のコーナーに展示されていたのが、今回の展覧会チラシの表紙を飾った作品。
リンゴの樹の下の聖母子、背後に生い茂る森や流れる川など、自然の豊かさを感じさせるものになっています。
当時は、クラーナハの描くようなあごが細いやせ形の女性が人気だったのだそう。
今回、エルミタージュからの貸し出しに一番骨を折ったのがこの作品だと聞きました。

トマス・ゲインズバラ「青い服を着た夫人の肖像」も有名ですが、タイトルに反して、夫人が着ているのは青い服ではないとのこと。
(えっ?)と不思議に思い、近づいてよく見ると、確かに違いました。
ドレスの色は白でした。ショールが青かったので、青いドレスのイメージになったのです。
印象の強い方をとってタイトルにしたのでしょう。

・・・・・・

スーベニアコーナーには、絵や絵葉書のほかにかわいらしいオリジナルグッズがたくさん。
チェブラーシカが「羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」の格好をした"なりきりチェブ ぬいぐるみ"もありました。

IMG_2292.jpg


「大エルミタージュ美術館展」は6月18日まで公開中です。

IMG_2297.jpg
posted by リカ at 18:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

第22回 『秘蔵の名品 アートコレクション展』旅への憧れ、愛しの風景-マルケ、魁夷、広重の見た世界-

2016年7月29日(金)
会場:ホテルオークラ東京 宴会場「アスコットホール」
IMG_20160729_203557.jpg

本展覧会の監修者の熊澤弘氏に見どころを紹介していただきながら拝観したブロガーナイト。
* 撮影は主催者の許可を得ています。

今回のテーマは「旅」。中でも東山魁夷、アルベール・マルケ、歌川広重という旅を愛した3名の画家に注目したものとなっています。
まず出迎えてくれたのが、「歩み入る者に安らぎを 去り行く人にしあはせを」と書かれた色紙。
これはローテンブルクのシュピタール門に刻まれたもので、東山魁夷のエッセイで紹介されていたこの言葉を、彼と交流が深く、またホテルオークラを定宿にしていた川端康成が「このホテルの精神そのものだ」としたためて贈ったものだそうです。
IMG_20160729_192318.jpg


芸大卒の赤松麟作『夜汽車』(1901)がありました。
熊澤先生曰く「ドーミエの『三等列車』を彷彿とさせる」作品。
黒田清輝の弟子筋で、黒田率いる白馬会にも参加していたそうです。
夜汽車に乗る人々が描かれており、床に落ちた果物の皮などで床を強調する手法は18世紀のオランダ絵画の影響を受けているとのことでした。

せまりくるように重厚で大きな油絵作品『夜汽車』に圧倒されましたが、そのそばに、山下清が宮島の風景を描いた小さなペン画の作品が3点飾られており、そのやさしいタッチにほのぼのしました。

東山魁夷作品は11点。
『スオミ』(1963)は、スウェーデン語で「湖」という意味で、北欧の深い自然が丁寧に描かれた作品です。
IMG_20160729_193205.jpg


『スオミ』等、ヨーロッパの景色を題材にした彼の洋画3点が飾られたその反対側には、墨の濃淡で描かれた六曲一双の墨絵『山峡朝霧』(1983)が掲げられていました。
どちらを向いてもすがすがしい空気が漂っている世界。それでも描かれた風景題材はまったく違うもので、そのコントラストが印象的でした。

東山作品と同じコーナーにあり、同じように存在感を放っていたのが、横山大観の連作『海山十題』(1940)からの4作。
この連作は今回の展示作品の中で最高評価額となるそうです。
もともとは、戦時中にこの絵画で得た資金で戦闘機「大観号」を作り、陸海軍に献納したもの。
一枚ずつバラバラに売りに出されたため、10枚連作のうち4作がまとまって展示されるのは奇跡に近いそうです。
IMG_20160729_193152.jpg


牧野義男の『テームス河畔』(制作年不詳)珍しい。20年以上展示されていなかったという作品。
英国滞在中に生み出した「シルクベール」という技法で幻想的な淡いパステル調の作品を描いています。
IMG_20160729_201105.jpg


日本画では上村松園の『菊の香』(1945頃・画像左)と伊藤深水の『鏡獅子』(1962・画像右)の優美な二作が並んで飾られており、花が咲いたように華やいでいました。
IMG_20160729_201014.jpg


アルベール・マルケは20世紀フランスの画家。1991年に茨城県立美術館で行われた回顧展以来の展覧会。
1907年にルオー、マティスとフォービスムの初期運動に参加したものの、しだいに穏やかな作風へと変わっていきました。
淡いタッチで描かれた風景は、凪いだように静かで落ち着いたイメージ。
ギュスターブ・モローに学んだそうですが、師のような神秘主義的方向には行かなかったようです。
IMG_20160729_194816.jpg


来日したことがあるという彼。その時に大原孫三郎が本人から直接購入した作品は、大原美術館に保管されているとのことです。
戦後の1947年に彼が他界してから、妻が作品をどんどん売ったため、その頃に日本にきた作品も多いとのことでした。
IMG_20160729_195554.jpg


マルケの展示コレクションの中で、松澤先生が一番お気に入りというのがサントリー社所蔵の『ポン・ヌフ夜景』(1938・画像右)。
ポン・ヌフの作品はその他2点あり、3点が並んで展示されていました。(画像左は『ポン・ヌフとサマリテーヌ』)
IMG_20160729_200823.jpg


私は『ツーロンの港』(制作年不詳・画像右)と『ロルボワーズ』(制作年不詳・画像左)にしばし見入りました。
場所が全く違いますが、タッチと色彩が似ているため、どこか似た2作となっています。
制作年は不詳ですが、どちらも同じ時期に描かれたものではないかと想像されます。
前者は松岡美術館、後者は吉野石膏振興財団所蔵。
違う美術館の所蔵品が並び、同時に楽しめるのは、特別展ならではです。
IMG_20160729_200622.jpg


ちょうど今、パリ近代美術館でもマルケ展が開催されているとのこと。マルケファンが増えそうです。
同じコーナー内に、デュフィの作品が一枚ありました。初めて見る『ヴェルサイユ城風景』(1930-35)だったので嬉しかったです。

そして一つの部屋をまるまる使って、歌川広重の『保永堂版 東海道五十三次』続絵55枚(1833-34)。
十返舎一九の『東海道中膝栗毛』がヒットし、旅への関心が高まった時だったそうです。
詳細に描かれているので、てっきり本人も芭蕉のように歩きながらスケッチをしていったものと思いましたが、全てを歩いたわけではなかったようです。
いまでこそ、東海道の絵といったら彼の作品が思い出されますが、当時は参考となるさまざまな絵があったそうです。

いつもふかふかのカーペットの上を歩き、贅沢な気分で鑑賞できるホテルオークラの夏の展覧会。
今回は、東海道五十三次の展示もあることから、例年以上の127作品が展示された、見がいのあるものとなっています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『第22回 秘蔵の名品 アートコレクション展』
 2016年7月27日~8月18日
 http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/art/

posted by リカ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする