2016年07月04日

国吉康雄展 Little Girl Run for Your Life

6eb.jpg
「国吉康雄展」そごう美術館


今回初めて知った画家。岡山出身で1906年に16歳でアメリカに渡った彼は、はじめは特に目的はなかったものの、苦労をして日銭を得ながら画学生となって絵を学び始めて職業にしたという、日本よりもアメリカでの美術の影響を受けた洋画家です。

全体的に暗い色合いの不気味な感じのする作品群。
子供には無邪気さや快活さはなく、大人びた表情をして、見ている側が不安になります。詳しくありませんが、これがアメリカモダニズムや幻想的表現主義なのでしょうか。

IMG_6133.JPG


明るい軽やかな色調の作品を描くマティスと友人と知って意外な気がしました。
『ピクニック』は、セザンヌっぽい色合いだと思いましたが、同行の母はルノワールに似ているとの感想。
印象派のルノワールの作風とセザンヌの色調、どちらの影響も受けています。

カメラ撮影も行っていた彼の展示物には、時折写真作品も混ざっており、注意深く見ないとどちらかよくわからない小品もあります。

アメリカの国籍はないものの、北米を代表する画家十数名の中に入るほどになり、アメリカでの地位を確固たるものにした彼。
第二次世界大戦中には敵国外国人という扱いを受けたものの、「アメリカ人画家」としてのアイデンティティを持っていた彼はアメリカで日本を批判する立場をとりつづけます。
戦時情報局(OWI)から対日プロパガンダの仕事を受けて作成した「日本側の残忍な拷問や虐殺」のシーンが描かれた反日ポスターのシリーズも展示されていました。
10点ほど並んでおり、これを描いたのが同じ日本人というのは、やはりショック。
恐ろしい顔をした鎧武者をモチーフにしたものや「SINK HIM」と描かれたものなど。
アメリカで生きていくことを選択したこその結果でしょう。

IMG_6132.JPG


西瓜(スイカ)の絵があり、普通に見ると単なるスイカですが、「アフリカ系の人を白人が指す言葉」だという解説がありました。
なにか人種問題の隠喩を伝えたかったのでしょうか。その点に関する解説はありませんでした。
戦争による反日感情をかき立てる役目を追っていながらも、あらゆる人種に当てはまるように見える描き方を心がけたということ。
彼の作品は、当時の時代の世相を強く受けていたのだと思えます。

望郷の念は起きなかったのか、反日ポスター以外で日本をモチーフにしたものは、このくらいしかありませんでした。

3b5.jpg
日本の張子の虎とがらくた 1932年


入り口を入ってすぐに『少女よ、お前の命のために走れ』という作品(ちらし上部)がありました。
巨大なバッタとカマキリが描かれ、その間に小さく少女の後姿が見えるという不可解な構図で、そこに描かれた少女が「私はなぜ画家に走るように促されたのか?」という疑問を持ちながら彼の作品を案内していくという展示スタイルになっていました。

その答え探しをしながら画家の人生を追っていくという手法はいいのですが、最後まで行っても答えは特に出なかったため、多少もやっとしました。
「答えは未来にある」ということで、まだ先に委ねられている模様。
彼の日本での評価はまだこれからということかもしれません。
posted by リカ at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

フランスの風景 樹をめぐる物語

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、6月9日

00086198.jpg

シャルル=フランソワ・ドービニー『ヴァルモンドワの下草』(1872)


風景画ってきれいで、心が落ち着きますね。
印象派が好きな日本人は、比較的風景画も好きなのではないかと思います。
今回は、あるようでなかった、樹木をモティーフにした展覧会です。

もともと絵画は、歴史画の格が高く、風景は背景として添え物程度に描かれる程度でしたが、イギリスからコンスタブルなどによる風景画が取り込まれ、また産業の復興による都市の人口増加から、郊外への憧れが生まれるようになったのが、フランス風景画の流れのきっかけとされています。

第1章:戸外制作の画家たち

この時期の作品タイトルには、フォンテーヌブローとバルビゾンが時々見られます。
フォンテーヌブローの森の中にあるのが、画家たちが集まったバルビゾン村になります。

さりげなく、ジョルジュ・サンドの小品『池のある風景、樹木と山』が飾られていました。繊細な自然画でした。
ある作品のタイトルの中にあった「自然にならって(d'apres nature)」という言葉が、その後の仏近代絵画のテーマになっていったそうです。

コローは夏に屋外でスケッチし、冬にはそれを屋内で制作したとのこと。
理想的な生活ですね。

作品に描かれる樹木では、断然「樫」の木が多かったです。
フランスに多い木なのか、絵になるからなのかはわかりません。

アレクサンドル・ルネ・ヴェロンはピクチャレスクな構図を好んだ画家だそうで、展示品『ロワン川のヌムール橋』も確かに絵になる作品でした。

第2章:印象派の画家たちと同時代の風景画

430001_615.jpg

クロード・モネ『ヴェトゥイユの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果)』(1880頃)


大きな油絵。この作品を手掛けた頃の彼は、妻カミーユが若くして亡くなり、パトロンが破産し、その妻子を彼が養っていたというとても大変な時期を過ごしていたそうです。
でも、そんなハードモードの人生を悟らせることのない、力強く生き生きとした作品に、彼の強さを見ました。

カミーユ・ピサロは有名な画家ですが、他に何人もピサロの名の画家の作品が展示されていました。
全て、彼の息子によるもの。リュシアンは長男、フェリックスは三男、そしてリュドヴィク=ロドは四男だそうです。
二男はわかりませんが、息子たちは父親のように、次々と画家になっていったんですね。しかしフェリックスは23歳の若さで亡くなったそうで、残された作品は貴重なものとなっています。

第3章:ポスト印象主義と20世紀前衛芸術への試み

これまでは、風景画イコール外に向かうもの、という認識だったものが、内に向かう対象として描かれるようになった頃。
象徴派やフォーヴィスムの作品が集められています。

18117.jpg

ケル=グザヴィエ・ルーセル『青い服の女性、サン=トロペ』(1905‐1910)

神話色のない今回の展覧会の中で、小品ながらも目立つ、ギリシア神話を思わせる一枚でした。

430007_615.jpg

フェリックス・ヴァロットン『オンフルールの眺め、朝』(1912)

ナビ派の画家である彼の作品展を昨年観に行ったものです。不自然なかたちの樹木が不安定さと不思議さを醸し出していました。

ほぼすべての作品に解説がついており、理解に役立ちました。
全体的に、他の展覧会よりも、地名のついたタイトルの作品が多いことに気がつきます
風景画だから、どうしてもそうなるのでしょう。

風景画は、やはり見ていて心落ち着くもの。
終わってみて、今回のテーマを思い起こすと、確かに樹木の絵ばかりでしたが、全く見飽きることもなく、ナチュラルに鑑賞することができました。

展覧会「フランスの風景 樹をめぐる物語」は、6月26日(日)まで公開中です。

posted by リカ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

12月プラネタリウム「宇宙観測新時代」フュージョン投影「宇宙の姿を求める旅」

11209410_942893682469631_7443671289925072590_n.jpg12.27 @ かわさき宙と緑の科学館 サイエンスプリン

季節的に星座観測しやすいのは夏ですが、星がきれいに見えるのは冬だという気がします。
今回は、「シリウス、アルデバラン、ペテルギウス」といった星が採り上げられました。
この辺の星は、小さい頃から名前の響きのかっこよさに惹かれており、今聞いてもかなりときめきます。
中二病でしょうか?
⇒ More
posted by リカ at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】西洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする