2018年04月16日

東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

bijinga.jpg


今回の展覧会は、上村松園『序の舞』(重要文化財)の修理完成記念の一般公開。
江戸時代の風俗画や浮世絵から、『序の舞』に至るまでの明治期から昭和戦前期までの、東京と関西での美人画の系譜をたどっています。

構成は分かりやすくシンプル。
第1章 美人画の源流
第2章 東の美人
第3章 西の美人
第4章 美人画の頂点

20180414002134cfd.jpg


鈴木春信や喜多川歌麿、上田松園と比較されて「東のしょうえん」と言われ、明治・大正期に活躍した池田薫園など、そうそうたる画家の作品が貼らびます。

鏑木清方の(きよかた、なんですよね。いつもきよたか、と言い間違えてしまいます)が樋口一葉を描いた「一葉」とその作品の挿絵「にごりえ」もありました。

また金子孝信「季節の客」、三浦孝の「栄誉ナラズヤ」、水谷道彦の「春」など、戦争で死亡した東京美術学校学生の卒業作品も展示されていました。
藝大は、画家にならずして亡くなった無名の学生の名作も所蔵しているため、展示できるという強みがありますね。

そして美人画の頂点として「序の舞」が置かれています。
41EDWg1Tb-L.jpg
上村松園《序の舞》(重要文化財)昭和11年(1936) 東京藝術大学蔵


凛として控えめで美しい日本女性。
こうした美しさを描きだせるのは、やはり女性ならではないかと思います。

さまざまな美人画の中でも、印象的だったのは次の2点。
456_n.jpg
島成園「香のゆくえ(武士の妻)」大正14年(1915)
福富太郎コレクション資料室蔵


島成園は、松園、池田蕉園とともに"三園"と称せられた画家(全員女性)。
描かれているのは木村重成の妻、青柳。大阪夏の陣に豊臣側として出陣する夫の兜に香をたきしめる様子です。
討ち死にした重成の首が家康の元に届けられた時、香の香りが漂って、家康は妻の覚悟に感じ入ったという逸話を描いています。
そんなエピソードを知ってみると、その表情のはかなさが理解できます。

1362ded6.jpg
松本華羊「殉教(伴天連お春)」大正7年(1918)頃
福富太郎コレクション資料室蔵


松本華羊も女性画家。華やかな桜と幸せそうな表情の女性とは不釣り合いな、手錠をかけられた様子。
キリシタンとしてとらえられた吉原の遊女朝妻が、処刑される前に桜の花を見たいと望み、彼女を憐れんだ役人が、望み通り桜が咲くのを待って処刑したという「朝妻桜」の伝承に基づいた作品だそう。

参考出品として上村松園の画材一式が展示されており、その中に木の定規がありました。
ふと見ると、普通の定規よりも大きい目盛でした。
初めて見る尺差し。センチメートルが一般化される前は、尺差しが使われていたんですね。

今回は、音声ガイドが無料という嬉しいサービスで、ほとんどの人が借りていました。
さらにBGMとして、芸大教授監修によるフレンチ・クラシックなどが流れ、フォーレやドビュッシーの曲を聴くことができるのも藝大美術館ならでは。
能楽囃子を聴きながら「序の舞」の現物と向き合えるという贅沢を味わえました。

-------------------------------------------------
東西美人画の名作 《序の舞》への系譜
2018年3月31日(土)〜5月6日(日)
東京芸術大学美術館
-------------------------------------------------
posted by リカ at 18:08| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光

chirashi.jpg
国立西洋美術館


スペイン王室の収集品を元に開設されたプラド美術館の収蔵品。
今回はその中でも宮廷画家ベラスケス(1599-1660年)の作品7点と17世紀絵画61点を中心とした70点が展示されています。

17世紀のスペインには、国王フェリペ4世に重用されたベラスケスのほか、リベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家が登場しました。
フェリペ2世時代のティツィアーノや、外交官として諸国を渡り歩いたルーベンスの作品もコレクションに加わっています。

ベラスケスはスペインの国民的画家であり、今回のようにプラド美術館蔵の7作が同時に見られる機会はかなりレアだそう。
たしかにかつてプラド美術館に行った時には、ちょうどベラスケス特別展が開催中で、大勢の人々が長い列をなしていたことがありました。

前回の『北斎展』は、版画ということもあり、小さい作品がほとんどでしたが、今回は大作がメイン。
天井の高い王宮に飾られていたからでしょう。見上げるように鑑賞しました。

● 宮廷画家として

ベラスケスといえば、フェリペ4世の娘のマルガリータ王女の絵が思い出されます。
彼が手がけた王女の肖像画7枚のうち3枚がプラドに所蔵されていますが、今回王女の絵は一枚も来ていません。
代わりにフェリペ4世の長男の王太子の絵がありました。
乗馬姿の小さなかわいらしい少年で、馬が前脚を上げたら落ちてしまいそうですが、片手で手綱を取りビシッと決めています。

9zbW.jpg
『王太子バルタサール・カルロス騎馬像』1635年頃


馬が樽のような胴体をしているのは、太っているわけではないそう。
宮廷の高い場所に飾り、それを下から見上げる場合に、ちょうどよく見えるように計算されたものだそうです。
それならば、この絵も相当高い場所に展示してほしいものですが、目線の高さだったため、馬は太ったまま。
少ししゃがんでみましたが、あまりよく違いは分かりませんでした。
この絵の前で、しゃがみこむ人が大勢おり、遠目に不思議な光景だったことでしょう。

● 庶民派画法

宮廷に召し抱えられた画家であるため、ベラスケスは王族の肖像画を数多く残していますが、それ以外の作品も見られます。
彼の特徴は「庶民」「ありのまま」。

『軍神マルス』は、ちょっと身体のたるんだおじさんとして描かれています(上部ちらし右側)。
兜はかぶっていますが、武器も甲冑も身に着けていない半裸姿で、凛々しいオーラは全くありません。

『東方三博士の礼拝』は一見普通の市民を描いたように見えますが、これは聖母子像。
こんなに庶民的に描いていいものでしょうか。神々しさは全くありません。むしろ親近感を覚えます。

highlight2_ph3.jpg
ディエゴ・ベラスケス《東方三博士の礼拝》1619年


● ルーベンスとの違い

同じ聖家族を題材にしたルーベンスの作品もありましたが、かなり描き方が異なっています。

88x510.jpg
ペーテル・パウル・ルーベンス 《聖アンナのいる聖家族》 1630年頃


古代ギリシア哲学者を描いたルーベンスとベラスケスの作品もありましたが、ルーベンスが王道のわかりやすい描き方をしているのに比べて、ベラスケスは時代や衣裳をがらりと変えて、当時のスペイン男性として描いていました。
それもある意味、ありのままということでしょうか。

● その他の画家による17世紀絵画

主要展示作には解説がついていますが、ないものもあり、どういうシチュエーションなのか謎のまま。
たとえばジュゼペ・デ・リベーラの『女の戦い』では、たおやかな美女2人が武器を持って戦っています。
戦闘服ではなく、普段着のような長いスカート姿ですが、剣と盾を振りかざしており、本気の戦いのよう。
防戦側は流血しており、見物人が2人を取り囲んでいます。一体どうしたのでしょう。

84e.jpg
ジュゼペ・デ・リベーラ『女の戦い』(1636年)


またデニス・ファン・アルスロートの『ブリュッセルのオメガングもしくは鸚鵡(おうむ)の祝祭:職業組合の行列』という細長い作品がありました。
ブリュッセルのグラン・プラスで毎年行われるオメガングの祭りを描いたもので、ギルドごとの行列がびっしりと続いています。詳細に描き込まれており、壮観でした。

22.jpg
デニス・ファン・アルスロート『ブリュッセルのオメガングもしくは鸚鵡の祝祭:職業組合の行列』1616 年


展示作品の中に、ピーテル・ブリューゲルの次男、ヤン・ブリューゲル(父)のものがありました。
近くの都美術館で開催中のブリューゲル展でも、彼の絵は展示されており、『嗅覚の寓意』『聴覚の寓意』という感覚をテーマとした絵画が展示されています。

ブリューゲル.jpg
ヤン・ブリューゲル(父)、ヘンドリク・ファン・バーレン、ヘラルト・セーヘルスらとの共作《視覚と嗅覚》1620年頃


ほかに彼の「花卉(かき)」という作品もありました。

ところで美術展に行くと、図録が欲しくなりますが、どれも概して大きく、絵のサイズとしてはいいものの大きさを持て余すこともあります。
今回、通常サイズにのほかに、絵ハガキサイズのミニ図録も出ていました。これなら保管に便利ですね。

● 国立西洋美術館公式サイト
posted by リカ at 18:31| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜

2017_bruegel_l.jpg
東京都美術館


16、17世紀のフランドルを代表する、画家のブリューゲル一族。ピーテル・ブリューゲル1世に始まり子、孫、ひ孫たちが150年にわたって描いた風景画、風俗画、花の静物画や、彼らと関わりのある16、17世紀フランドル絵画の約100点が展示されています。
通常見る機会のないプライベート・コレクション(個人所蔵)の絵画が多く、出展される作品のほとんどが日本初公開となるのが今回の展覧会の特徴です。

これまでブリューゲルといったら、父と息子くらいしかわかっておらず、ひ孫までいるとは思いませんでした。
初めに、ざっくりと登場画家の予習をします。

(父)祖となったピーテル・ブリューゲル1世
   「大ブリューゲル」「百姓ブリューゲル」

(長男)ピーテル・ブリューゲル2世。
    父の作品の忠実なコピーを手掛けた。(直接教えは受けていない)
    「地獄のブリューゲル」(地獄の絵を描いたから)

(次男)ヤン・ブリューゲル1世。「花のブリューゲル」。
    父の自然への関心を受け継ぎ、発展させた。(直接教えは受けていない)

(孫1)ヤン・ブリューゲル2世。ヤン1世の息子。
    後世にブリューゲルの技法と伝統を伝えた。

(孫2)アンブロシウス・ブリューゲル

(ひ孫)ヤン・ピーテル・ブリューゲル、アブラハム・ブリューゲル
    ヤン・ブリューゲル2世の息子たち

系譜には9人のブリューゲルが記載されていました。
今回は、この一族9人の画家の作品が一堂に展示されます。
区別ができるか、はなはだ不安ですが、なんとなくしかわかっていなかった点がクリアになるいい機会です。

構成
第1章 宗教と道徳
第2章 自然へのまなざし
第3章 冬の風景と城砦
第4章 旅の風景と物語
第5章 寓意と神話
第6章 静物画の隆盛
第7章 農民たちの踊り

● ピーテル1世「種をまく人のたとえがある風景」

Pieter_Bruegel_d._Ä._030.jpg
ピーテル・ブリューゲル1世とヤーコブ・グリンメルの共作
「種をまく人のたとえがある風景」(1557年)


「種をまく人のたとえ」とは聖書のマタイ福音書13章1-23節に書かれている、"種を道端に蒔けば鳥に食べられ、石の上に蒔けば根付かないために枯れてしまい、茨の間に蒔けば茨に邪魔をされて伸びずに枯れてしまうが、良い地に蒔かれたものは、大きく成長して豊かに実を実らせる"という話。

畑を背景に、種を蒔く人や、種が石や茨の間に蒔かれている様子、種を食べる鳥が描かれています。
ミレーの「種まく人」は、単純に農作業中の納付の絵だと思っていましたが、もしかするとキリスト教的な寓意が込められているのかしらと思いました。

● ピーテル2世 「鳥罠」

ピーテル・ブリューゲル2世《鳥罠》.jpg
ピーテル・ブリューゲル2世「鳥罠」(1601年)


父、ピーテル・ブリューゲル1世が描いてから、ブリューゲル一族も何度も描いている人気作。
100点以上のヴァージョンがあるそうです。
鳥罠は、タイトルになっているものの、あまり大々的に描かれておらず、画面の右に小さく描かれた板のようなものです。

さらに、この絵の画面左にある氷の穴も、もう一つ罠として描かれています。
スケートやコマで遊ぶ人々は、その落とし穴に気付いていません。
これは鳥ではなく、人への罠になっています。

● ピーテル2世「野外での婚礼の踊り」

野外での婚礼の踊り.jpg
ピーテル・ブリューゲル2世「野外での婚礼の踊り」(1610年頃)


ブリューゲルが得意とする、生き生きとした農民生活が描かれた作品。
今にも楽しげな音楽が聴こえてきそうですが、踊り明かしている人々の中で、ただ一人、真ん中奥の花嫁だけが嬉しそうではないのが少しスパイスが効いています。

● ヤン1世「ノアの箱舟への乗船」

ノア.jpg
ヤン・ブリューゲル1世「ノアの箱舟への乗船」(1615年頃)


自然の中にさまざまな鳥や動物たちが描かれた、平和的な構図。
「箱舟は画面中央に描かれたノアの左に小さく描かれている」と説明がありましたが、目を凝らしても見つかりませんでした。
非常に小さく描かれているようです。

● ヤン2世「地上の楽園」

ヤン・ブリューゲル2世「地上の楽園」は、「ノアの箱舟への乗船」にかなり構図が似ている作品。
ヤン・ブリューゲル1世の署名が入っているものの、息子の作とされています。
どちらも好んで描いた主題で、父が未完成で残した作品を息子が仕上げたものだそう。
そう見ると、ヤン・ブリューゲル1世と2世は画風が非常に近く、まさに伝統が引き継がれていることがわかります。

● ヤン2世「花輪に囲まれた聖家族」

花輪に囲まれた聖家族.jpg
ヤン・ブリューゲル2世とバルトロメオ・カヴァロッツィ
「花輪に囲まれた聖家族」(1620-1625年頃)


ヤン・ブリューゲル2世とバルトロメオ・カヴァロッツィによる合作。
聖家族の肖像は、伝統的な宗教画に沿ったものですが、周囲を花で埋めているのが特徴的。聖なるテーマが華やかになりすぎて、多少俗っぽくなっている気がします。ちょっとしたやり過ぎ感もまた彼らの持ち味でしょうか。

● ヤン2世「聴覚の寓意」

聴覚の寓意.jpg
ヤン・ブリューゲル2世「聴覚の寓意」1645-1650年頃


愛や平和といった抽象的な概念を擬人化することで、視覚的に伝える手段は、ヨーロッパで行われてきた絵画手法。ヤン2世の「嗅覚の寓意」「聴覚の寓意」は、父ヤン1世とルーベンスとの共作を模した作品です。
わかりやすくきれいな構図になっています。

● ルーベンス「豊穣の角を持つ3人のニンフ」

ルーベンスの作品に基づくコピー作品の展示もありました。
ルーベンスと彼より9才年上のヤン・ブリューゲル1世は、ともに宮廷画家として活躍したフランドル最大の画家でありアントウェルペンの巨匠で、お互いライバルでありながら親しく交流し、影響を受け合っていたとされます。ルーベンスはヤン親子との共作も残しているそうです。

● 別の画家による「バベルの塔」

クレーフェ+バベルの塔.jpg
マールテン・ファン・ファルケンボルフ、ヘンドリク・ファン・クレーフェ
「バベルの塔」(1580年頃)


ピーテル・ブリューゲル1世の「バベルの塔」(1568年頃)は、発表当初から話題作だったことが、別の画家による同タイトルのこの作品からわかります。
ブリューゲルは塔のみに焦点を当てて、詳細に描き、来たるべき事件を予感させていますが、こちらは天使や地上の人間を描き、その後のストーリーを伝えています。

小さな作品でも、見れば見るほど細部を描きこんだ細密描写は、ブリューゲル家が伝統的に得意としてきたもの。展示作品全体的に、その特徴が見られます。
偉大な父親に触発され、その伝統を継ぎながらも、自分の個性をうちだして、決して模倣で終わらない発展を遂げたブリューゲル一族の作品群を、まとめて観覧できる機会。
9人をきちんと区別するのはさすがに大変ですが、作品ごとに「親 子 孫 ひ孫」と一見してわかる表示がついており、理解の助けになってくれます。
重厚な作品群で、とても見がいがありました。

● 東京都美術館公式サイト
posted by リカ at 15:02| Comment(0) | 【finearts】西洋画 | 更新情報をチェックする