2017年11月06日

皇室の彩 百年前の文化プロジェクト

koshitsu.jpg
東京藝術大学創立130周年記念特別展
「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」
東京芸術大学大学美術館


1. 皇室を巡る文化政策と東京美術学校

100年ほど前の大正期から昭和初期にかけて、皇室の御成婚や御即位といった御慶事の際に、高名な芸術家たちが自ら制作した品を皇室に献上しました。
海外でよくみられる、王室や国王が自らの権威付けのために、おかかえ宮廷画家に描かせた肖像画などではなく、当代きっての芸術家たちが皇室に献上した品々です。

また宮内庁も、宮殿の室内装飾作品や皇族同士のお祝いとして芸術家たちに制作依頼をかけており、皇室により日本文化の振興が促進されています。

宮殿内に飾られる美術工芸品の中でも、今回は東京藝術大学の創立130周年を記念して、その前身である東京美術学校にゆかりある皇室に関わる名作の数々が最初の部屋に展示されています。
東京美術学校の5代校長の指揮下で制作された作品が並び、当時の日本美術を席巻する、大観の絵画や光雲の彫刻、それに蒔絵や象嵌や鍍金は、どれも一流品のものばかり。

この部屋には、東京美術学校で教鞭をとっていた高村光雲の2作品、「猿置物」と槐の木目の美しい「鹿置物」がありました。
どちらも毛の質感まで表現されたリアルさに満ちています。

この国家規模の文化プロジェクトには、当代きっての作家たちが大勢関わり、合作も多く制作されました。
東京の名所が描かれた『東京名勝図・萬歳楽図衝立』や『東京名勝図扇面』のほか、かつての東京市からの献上品『東京市十五区名所図』がありました。

2. 大正十三年、皇太子ご成婚奉祝

次の部屋には、大正十三年の昭和天皇(当時は皇太子)ご成婚のときに献上された作品が展示されています。
関東大震災の直後で東京が壊滅的な被害を受けた時だったため、芸術家たちはこういった時にこそアートの力で奉祝の意を表そうとしたとのことです。

123.jpg
高村光雲《松樹鷹置物》大正13年(1924) 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

大正天皇、貞明皇后から息子である皇太子に贈られ、東宮御所(赤坂離宮)の玄関を飾っている鷹の置物です。

9.jpg
『二曲御屏風』(腰彫菊花文様)のうち右隻 
昭和3年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵


12.jpg
横山大観『日出処日本』 昭和15年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵

富士山を得意とした大観。朝日と富士山という吉兆を描いた大作です。

絵画以外にも、蒔絵や飾り棚といった数々の工芸品が展示されていました。

201707190072_ex.jpg
御飾棚 鳳凰菊文様蒔絵 昭和3年(1928)宮内庁三の丸尚蔵館蔵


こうした展覧会は、時折開催されているのかと思いきや、皇室献上後、皇居外で初めて公開される作品が多いとのこと。
「100年前の皇室が関わった文化プロジェクト」という、知られざる文化事業面が明らかになるこの展覧会。
二部屋だけのこじんまりした展示ながら、この時代の美の最高峰が展示されているため、観覧者は予想以上に多く、人々の興味のほどがうかがえました。

-------------------------------------------------
会期: 2017年10月28日(土)~11月26日(日)月曜日休館
公式サイト:「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」
posted by リカ at 18:01| Comment(0) | 【finearts】日本画 | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

あそぶ浮世絵 ねこづくし

9_n.jpg

そごう美術館

イントロ~広重と猫・国芳と猫
Ⅰ:猫と遊ぶ-美人画の猫
Ⅱ:猫で遊ぶ-おもちゃ絵と戯画
Ⅲ:化け猫騒動

平木浮世絵財団の所蔵品から、歌川国芳、歌川広重、月岡芳年といった著名な浮世絵師たちの作品のうち、猫の登場する浮世絵約140点が展示されています。
猫に着目した浮世絵展、というのもまたおもしろい視点ですね。
⇒ More
posted by リカ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】日本画 | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

浮世絵師 歌川国芳展

880d23b1402b2082d643db5cec0b86d5.jpgそごう美術館

江戸末期の浮世絵師、歌川国芳(1797−1861)。
彼の作品に興味をもったのは、なんと刺青からという、ハードボイルドなきっかけでした。
数年前に、刺青彫師・賽天氏のトークショーに行き、彼がよく絵柄のモチーフに採り上げているという国芳の作品をじっくり見たのです。
・「粋な江戸っ子浮世絵師・歌川国芳展」
 刺青彫師・賽天氏トーク
 (2011年11月19日)

あまりの迫力に、驚きました。
浮世絵って、実はこんなにロックなものなんだと、それまでのイメージを改めました。

私の中では、伊藤若冲と同レベルで、江戸時代を派手に華やかに彩った絵師。
今回の歌川国芳展を、とても楽しみにしていました。
⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】日本画 | 更新情報をチェックする