2019年07月18日

雄々しく美しい、世界の少数部族たち~ヨシダナギ写真展「HEROES 2019」

nagi-yoshida2019.jpg

少数民族を撮影する女性フォトグラファー、ヨシダナギ。
TVの特集番組で彼女のことを知りましたが、写真展は初めて。

約15部族の写真が紹介されています。
本人の意向により、作品は撮影可となっていました。
3連休だったこともあり、会場内は押すな押すなの大盛況。
人々の間を縫うようにして鑑賞します。

さまざまな部族の民族衣装に圧倒されます。
また、盛装した部族民たちを効果的にアピールする構図や場面設定のすばらしさ。
芸術的です。

カラム族(パプアニューギニア山岳部).jpg
カラム族(パプアニューギニア山岳部)

秘境であるパプアニューギニアには、数千もの独立した部族があるそうです。
絵本から抜け出てきたような人々。大地を踏みしめる雄々しさ。

オモマサライ族(パプアニューギニア山岳部).jpg
オモマサライ族(パプアニューギニア山岳部)

同じニューギニアでも、こんな部族もいるんですね。
ガイコツのようなペインティングをする彼らは「スケルトンマン」と呼ばれます。

エナウェネ・ナウェ族.jpg
エナウェネ・ナウェ族(アマゾンの一画)

背景と相まって、力強さ、神々しさを感じます。
モデルの表情も、どれもすばらしい。みんな自信に満ちた、堂々とした顔つきとポージングをしています。

アイヌ.jpg
アイヌ(阿寒)

日本も負けてはいません。アイヌ部族の写真は、どれも迫力満点。
写真を通して、彼らの誇りが感じられます。

スリ族.jpg
スリ族

これは、スリ族(エチオピア)の少女たちが日本の雑誌「Egg」を見ているところ。
「Egg」といえば、黒ギャルのファッション誌。
同年代の、肌色の近い女の子として、気になるのでしょうか。

ほかにも、タヒチ人、ベルベル人(北アフリカ)、トゥアレグ族(北、西アフリカ)など、多数。
ヨシダ氏は、少数部族たちに溶け込むために、自分も裸になって距離を縮めていったそうです。
被写体の呼吸が感じられるかのような近い写真が撮れるのは、そうやって彼らの警戒心を取っていったからでしょう。

どの写真も美しく、日光と部族民たちの発する生命のパワーに満ちあふれていました。
世界は広く、知らない少数民族はまだまだごまんといるものだなあと実感。
彼女本人による解説文は、ゆるくてユニークでした。
今後も追っていきたい写真家です。

ヨシダナギ写真展 HEROES 2019
2019年7月2~15日、
そごう横浜店8階催事場
⇒ More
posted by リカ at 19:41| Comment(0) | 【finearts】写真 | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

「第2回恵比寿映像祭“歌をさがして”」

東京都写真美術館
017_facility_01_02.jpg

年に一度、10日間の映像祭。
写真美術館全館で、さまざまなアーティストが手がけた映像作品が展示や上映を通じて紹介されます。

どれも前衛的、革新的で、感覚で観ていくだけだったけれど、どの作品もひねりのきいたパンチを感じました。
「うた」といっても、「歌」「唄」「詩」「謡」「詞」と、さまざまな意味が入っています(英語では、vocal, song, poetic, performative, lyrical)。
その言葉の多彩さをさらに広げようとする試みが、各作品で展開されていました。
⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】写真 | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

「写真で辿る『坂本龍馬の生きた時代』」

ryoma.jpgFUJIFILM SQUARE

「坂本龍馬幕末歴史検定対策講座」のあと、館内で開催中の龍馬展も見ました。
彼の時代になると、写真も結構残されています。

龍馬は、172cm・80kgで、当時としては大柄な男性だったそうですが、姉の乙女は、さらに大きくて、175cm・113kgだったそうです。
龍馬より大きかったとは。今でも女性では目立つ大きさなので、当時はさぞ人目をひいたことでしょう。でも『竜馬が行く』を読んだ限りでは、乙女は大きな体格だという感じがしていました。私は南海キャンディーズのしずちゃんをイメージして読んでいたので、雰囲気的にあながち間違ってはいなかったようです。


⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【finearts】写真 | 更新情報をチェックする