2017年01月24日

『「超・日本刀入門」〜名刀でわかる・名刀で知る〜』 静嘉堂文庫美術館

IMG_0213.jpg


静嘉堂文庫美術館で開催中の『「超・日本刀入門」〜名刀でわかる・名刀で知る〜』の内覧会に参加しました。
昨今、オンラインゲームがきっかけで刀剣のファンになった女性が増え、「刀剣女子」と言う言葉も生まれています。
私はその波に乗れていませんが、以前五島美術館で日本刀コレクションの展示を見た時に、照明を受けて輝く鋭い刃の切っ先に魅せられて、あやしく心臓が高鳴ったことが忘れらません。
そんなわけで、知識はほとんどないビギナーながら、またあの冷たい美しさを味わいたいと、足を運びました。

IMG_0222.jpg


旧三菱財閥二代目社長・岩崎弥之助と四代目社長・小弥太氏の親子が収集したコレクションを所蔵・展示する「静嘉堂文庫美術館」が会場。
国分寺崖線に立つ緑豊かな広い緑地内には、和漢古典籍を所蔵する図書館「静嘉堂文庫」もあります。

IMG_0220.jpg


突然のブームで一気に脚光を浴びている刀剣。美術雑誌でもこぞって特集が組まれ、興味を持つ人も増えているところですが、専門用語が多く難解だと、なかなかとっかかりがつかみにくいジャンルでもあります。

今回の展覧会は、初心者向けに詳しい解説をちりばめながら、館所蔵の立派な名刀を展示しているのが特徴。学びながら同時に鑑賞ができるようになっています。

はじめに河野館長・担当の山田学芸員・美術ブログ「青い日記帳」主宰のTak氏のアートトークが行われ、その後、山田学芸員のギャラリートークを受けながらの作品鑑賞となりました。
館内には刀剣の見方のポイントや、その歴史や産地、刀剣の各パーツの名称などのパネルが展示されており、初心者が日本刀を前に、どう見たらよいのかと途方にくれずに済む配慮がされています。

まず、刀と太刀の違いについてのレクチャー。
(大きさや長さの違いかな)と思っていましたが、それだけではありません。
展示の向きが違います。
太刀は、刃を下向きにし、刀は、上向きにします。刀工の銘の場所も逆になっています。
この違いが分かると、気分的にずいぶん楽になるもの。
肩の力が抜けたところで、いよいよ実物鑑賞となります。

今回の展示品すべてに説明文がついており、時代背景の解説も加えられています。
刃先に見える刀文を写し取って、特徴を記した押型も、作品の下に一緒に展示されているのが、とても分かりやすく参考になっています。
押型はすべて、日本刀剣保存回幹事の吉永永一氏が手がけられたとのこと。

刀剣は、単に前に立って覗き込むだけではなく、上・下・横と角度を変えて覗き込むと、光の当たり具合によってまた異なる印象を受けるもの。
「ぜひ、作品の前でスクワッドしながら鑑賞して下さい」と勧められました。
下部にある押型の文様も眺めると、さらに大きな動きとなって、ゆっくりと一人エグザイルしているような動作になりました。
でも今回は、あやしまれないはず。夢中で鑑賞していたら、おそらくみんなそうなることでしょう。

* 美術館より特別に撮影の許可をいただいています

『国宝・重文の刀剣』コーナー
まずは国宝の「手掻包永太刀(てがいかねながたち)」。どう読んだらいいのか、読みをどこで切ったらいいのかと弱気になりますが、それを助けてくれるのが説明文。

作者は刀工の一派、手掻(てがい)派の祖である初代包永。つまりは「手掻(派の)包永(の作った)太刀」ということですね。
手掻派は、大和国(奈良)を代表する5つの刀工集団のうちでも特に勢力があったそうです。

IMG_0232.jpg
国宝「手掻包永太刀(てがいかねながたち)」 鎌倉時代(13世紀)
「附 菊桐紋糸巻太刀拵(きくきりもんいとまきだちごしらえ)」 江戸時代(18〜19世紀)


IMG_0234.jpg


たしかにどこから眺めても完璧な美しさ。
そしてやはり、角度によって印象は変わります。
刀や太刀とは、じっくり時間をかけて向き合うのがよいのでしょう。

IMG_0244.jpg


館所蔵の120振りの刀剣のうち、国宝1点に重文が8点を加えた30振りが展示されています。
「無銘のものでも名刀が多いので、そういった指定にこだわらず観て下さい。"無冠の大夫"と呼ぶにふさわしい立派な刀が数多く並んでいます。」と、アートトークで言われていました。

IMG_0246.jpg
重文「名物 日置安吉短刀 安吉 南北朝時代(14世紀)」


長刀だけではなく、短刀もあります。
堀川国広による、龍が刃に彫り込まれたものも。光の加減によって、龍が揺らめいて、生きているようにも見えます。

『武士と名刀』コーナー

IMG_0247.jpg


こちらでは、戦国武将たちの名刀が見られます。

IMG_0250.jpg
重文「古備前高綱太刀(こびぜんたかつなたち)(号「滝川高綱」) 」鎌倉時代(12〜13世紀)
「附 朱塗鞘打刀拵(しゅぬりざやうちがたなごしらえ)」 桃山時代(16世紀)


こちらの作者は古備前派の刀工、高綱。
織田家重臣で織田四天王のひとり、滝川一益(かずます)(1525〜1586)が、武田家追討の際に、主君の織田信長より拝領したと伝えられる刀です。

朱塗の拵が美しく、信長らしさを感じます。鮫の皮(といってもエイ)も使われているそう。
頭金具には、織田家の木瓜家紋と信長が足利将軍家より賜った桐紋が配されています。

IMG_0251.jpg
「伝 長船兼光刀(でん おさふねかねみつかたな)(大磨上げ無銘、号「後家兼光」) 」南北朝時代(14世紀)
「附 芦雁蒔絵鞘打刀拵(あしかりまきえざやうちがたなごしらえ)」 明治時代(19世紀)


直江兼続(1560〜1619)が秀吉から気に入られていたというエピソードは大河ドラマ『天地人』に出てきましたが、彼は秀吉の遺品であるこの刀を賜ったとのこと。
兼続の没後、未亡人のお船の方から主家の米沢藩主上杉家へと献上されました。

逸話とともに武将の愛刀が展示されていることで、所持した武将と武士の魂としての刀、どちらにも親しみを感じます。

鍔(つば)を初めて見た時には、芸術性の高さに驚きました。
精緻な細工が施してあり、美意識の高さを感じます。

IMG_0236.jpg


上はシンプルな鉄製の京透し鍔。
真ん中は陰陽剣形、右は十二支文字のデザインです。

IMG_0235.jpg


こちらは金が施された絢爛豪華な江戸の鍔。
江戸時代に中国から輸入された珍鳥、キンケイが彫り込まれています。

右側にあるのは三所物(みところもの)。目貫 (めぬき) ・笄 (こうがい) ・小柄 (こづか) のことです。
初めて見た時には、女性の簪(かんざし)かと思ったほどに、細かく装飾性に富んでいるものです。
こうした細かな装具を見ると、刀剣は、武器としてだけではなく、美術品としても本当に価値の高い貴重なものなんだなあと、あらためて感じます。

最後のコーナーでは、弥之助の愛刀が展示されています。
漢学生だった32歳の時、彼は塾生との口論から刀で斬りかかられますが、手元の刀でその刃を防ぎ、事なきを得ます。
刀には、その時に受けた刃の痕がくっきりと残っており、彼は、自分の命を救った刀だとして、大切に扱ったそうです。

IMG_0257.jpg


平安時代から作られた名刀が、戦国時代の武将や明治の改革期の人々の手を経て、時代を超えて今もなお人の心をとらえつづけています。
刀剣という側面から、日本の歴史を知るのもまた楽しいもの。

あまり難しいことは頭に入れなくても、無駄をとことんそぎ落とした日本美の極致のような刀剣を前にすると、静かな迫力と不思議な感動を覚えるものです。

これまでは限られた専門愛好家の領域だったものが、ビギナーにも門戸を開いている今、やさしく日本刀について教えてもらえるいい機会となりました。

この展覧会『「超・日本刀入門」〜名刀でわかる・名刀で知る〜』は、2017年3月20日(月・祝)まで静嘉堂文庫美術館で開催中です。
◆ 公式サイト

IMG_0229.jpg
美術館から臨む富士山の夕景

2016年06月23日

日本磁器誕生・有田焼創業400年「400年 有田の魅力展」内覧会

2016.6.22
at 東武百貨店 池袋店 8階催事場
copy 「美を宿し、用を叶えて400年。」
160613.jpg


佐賀の磁器、有田焼が今年で創業400年を迎えることを記念して開催される展覧会。
開幕日前日に行われたオープニングセレモニー&特別内覧会に出席しました。
上品さと華やかさをあわせもち、江戸時代からヨーロッパ貴族にも愛されてきたという有田焼には、世界中にファンがいます。

オープニングセレモニーには、人間国宝で陶芸家の井上萬二氏(写真中央)、日本文学研究者・コロンビア大学教授のドナルド・キーン氏(写真左)が登壇。

13494964_10206590506868016_7854306542658124079_n.jpg


人間国宝の方のお話を聞けるチャンスはなかなかありません。
華やかな色柄が特徴の有田焼の中で、白い磁器にこだわっているという彼の作品は、どれも幻のような透き通る美しさで、目を奪われました。

13466192_10206590507228025_435519210739736519_n.jpg
「白磁菊彫 文鶴首花瓶」 <径29×高さ36.5cm>(現品のみ、2,160,000円)

また、小さいころから名前を知っており、いつかお会いしてみたいと思っていたドナルド・キーン氏の御姿を拝見できて感激しました。
今年94歳とのこと。ユーモアを交えた挨拶をしていただきました。

その後、会場内で3名のエキスパートによる特別内覧会が行われました。
 陶芸家(人間国宝) 井上萬二氏 「400年の匠の技」
 佐賀県立九州陶磁文化会館館長 鈴田由紀夫氏 「有田焼の歴史」
 フードスタイリスト 遠藤文香氏 「食卓を彩る豆皿コーディネイト」

鈴田館長から、有田焼の400年の歴史を、時代時代の作品の紹介を受けながら解説していただきました。
初期伊万里様式から古伊万里金襴手様式など約20点の作品がブースに展示されており、様式の変遷を見ながら有田焼400年の伝統と発展を感じることができました。

これまで「伊万里」と「有田焼」の区別がよくついていませんでしたが、「有田」は器を作った場所で、「伊万里」は器を積んだ港の名前だそうで、結局同じものを指すそうです。
初期のものは「有田焼」ではなく「初期伊万里」と呼ぶのだそう。
それで「古伊万里」という言われ方をするんですね、と、「なんでも鑑定団」の中島誠之助氏を思い出しました。

はじめのうちは、青色しかなかったため、初期伊万里は青の単色だそうです。
また、地は白くはなく、少し茶味がかっています。
それが素朴で温かいというファンが多いとのこと。

IMG_20160622_184755.jpg
初期伊万里様式 染付松竹梅文皿 1610-1630年代


途中段階でも器は分厚く、発色は濃く、時に歪みが見えたりもします。
その田舎っぽさが残る点がむしろ魅力だというファンもやはり多いとのこと。

地の色が青白い時には青は映えますが、赤は沈むそう。
ミルキーホワイトだと赤が映えるそうです。
有田焼の印象的な赤色は、地の色を反映させた発色効果だと知りました。

IMG_20160622_184840.jpg
柿右衛門様式 色絵草花鶴文輪花皿 1670-1680年代


そうしたものから、時代を経て洗練されていき、日本の伝統にヨーロッパの嗜好が加味されて、見違えるように鮮やかなものに変わっていく様子はドラマチックです。
ドイツのマイセンがコピーしたというのも頷ける美しい色合いを楽しみました。

IMG_20160622_184857.jpg
マイセン窯 色絵花盆八角皿 1740年代前後


美しさと機能性を兼ね備えた現15代柿右衛門の作品もありました。
2014年に襲名したばかりですが、1600年から続くこれまでの柿右衛門の手がけた作品にはないモチーフの作品を発表するなど、伝統をもとに更なる進化をとげているとのことです。

IMG_20160622_183411.jpg
十五代酒井田柿右衛門の作品


有田焼というと、ものものしいイメージもありますが、遠藤氏には、料理と豆皿のコーディネイトを通じて、日常生活にさりげなくカジュアルに取り入れられる、小さな豆皿についてのレクチャーをしていただきました。
会場には、彼女がディスプレイを手がけた「食卓を彩る豆皿コーディネイト」ブースも設置されています。

IMG_20160622_185100.jpg


会場には、現代有田焼を代表する井上萬二氏、十四代今泉今右衛門氏、十五代酒井田柿右衛門氏といった28名の作家の作品や、源右衛門窯、香蘭社、深川製磁といった人気窯元の作品などが展示されています。
また陶芸作家や伝統工芸士が工房で行っているろくろ成形・絵付けの実演を行い、匠の技を披露してくれます。
展示品は、気に行ったらその場でお買い上げできるようになっていました。
本日から開催。6日のみの展示です。

■開催概要
タイトル : 日本磁器誕生・有田焼創業400年「400年 有田の魅力展」
日  時 : 2016年6月23日(木)〜6月28日(火)
場  所 : 東武百貨店 池袋本店 8階催事場
営業時間 : 10:00〜20:00 ※最終日は17:00閉場

2011年12月04日

『柳宗悦展』

0bd73c8b-s.jpg横浜そごう美術館

民芸ときいたら、民芸品と劇団民藝くらいしかピンときませんでしたが、去年京都のアサヒビール大山崎山荘美術館で「民藝展」を観て、民芸品の持つ素朴なあたたかみを再認識し、心惹かれました。
今回は、柳宗悦展ということで、人物を中心に、彼がその価値を見いだし、芸術の域に高めた民芸について紹介されています。

柳宗悦の生涯について全く知らず、『白樺』の創刊者の一人だったとわかっておどろきました。
はじめは文筆活動をしていたとは。
ウイリアム・ブレイク、ロダン、デューラーなどの重々しい作品を好んだ作派だということも知りました。
そして、西洋美術から日本や朝鮮の工芸へと視線を移していったそうです。
⇒ More