2010年12月09日

聖夜のギフトパッケージ展

10_08_main.jpg大好きな紙の専門店、見本帳本店にはときどき足を運びますが、2階の展示会を見たのはこれが初めてです。
今夏に日本橋三越本店で開催された同イベントを、見本帳本店の竹尾とコラボによりバージョンアップさせたというギフトパッケージの展示会。
三越が開催協力しています。
10組のクリエイターが、思い思いにギフトラッピングについて表現していました。
日本文化の源である「おもてなしを包む。のこゝろ」をテーマにして、それにクリスマスという期間イベントをからめたものになっています。
⇒ More

2010年12月04日

「民藝誕生展」

flyer_mingei.jpgアサヒビール大山崎山荘美術館

民藝にはまったく知識がなく、疎いのですが、品のいいちらしには「美しいものを美しく見て何が悪い!」とコピーが書かれており、予想外の威勢の良さにびっくりしました。
アサヒビール大山崎山荘美術館はとてもすてきな山小屋風の建物。
古めかしい部屋部屋に、ゆとりをもって、民藝作品が展示されています。

連れていってくれた瞳さんが最近はまっており、自分でも制作しているとのことで、じっくり見て行きました。
もともと民藝とは、美術館賞のためではなく、実際に生活上で使われてきた道具を指すため、特に凝った装飾などがあるわけではありません。
素朴さと歴史を経た温かみが特徴です。

⇒ More

2010年10月31日

ネイチャー・センス展

20100725_1703132.jpg森美術館

3人のアーティストによるインスタレーション。
今回は自然がテーマということで、現代アートとはいっても、どこかぬくもりのある、親しみやすいオブジェが多く展示されていました。
中でも吉岡徳仁氏の、「スノー」には目を奪われました。
天井まで届く大きなガラスのドームの中で、風に吹かれる雪を模した大量のフェザー。
綿ではなく羽毛を使うことで、ふんわりとした質感を出しています。
真っ白で、本当に山風で雪が積もっていくようです。
ISSEY MIYAKEの為にデザインしたものだそうで、さしものデザイナーも満足したことでしょう。
02 - コピー.jpg
⇒ More