2016年08月29日

笑点 放送50周年特別記念展

8.6 横浜島屋ギャラリー
入ったのは、たまたまでした。母と高島屋内のタカノフルーツパーラーに行った折にポスターを見かけて、ふと気になり、寄ってみることにしたのです。

壁には5名の和服の男性の写真が。
母が「あ、歴代の司会者ね。立川談志、前田武彦、初代の三波伸介、三遊亭円楽、桂歌丸」と、すらすら全員の名前を言ったことにびっくり。
お母さん、いつも夕食の支度をして、見ていなかったじゃない〜。
私は円楽さんの前の人がわかるかわからないかといったところです。

IMG_20160806_144036.jpg


少し前に、桂歌丸師匠が笑点を卒業したばかり。
同じ横浜在住者として、寂しい気持ちでいましたが、この展覧会には、彼が実際に来ていた舞台用の緑の衣裳も飾られており、歌丸師匠あっての笑点がまだ残っていました。
ご本人も、横浜会場の初日に来場されたそうです。

IMG_20160806_144356.jpg


舞台裏コーナーでは、大喜利での被り物などが飾られており、(こんなにいろんなものをかぶらされたんだなあ、まあよくやるものだなあ)とビックリ。
TVとか東京タワーとか、イカとかカエルとか、もうノンジャンルでたくさんの被り物が飾られていました。

IMG_20160806_144314.jpg


シアターコーナーでは、往年の名シーンが映像で流されており、大勢の人たちが着席して観入っていました。

そしてなんと、あの大喜利座布団に座ることができました。
噂には聞いていましたが、少し大きめで、思ったよりもバランスがよかったです。
でも、積み上げられたものに乗る時には、少しグラグラして、あせりました。
これはみんなに自慢できちゃいます!

IMG_20160806_145153 - コピー (2).jpg


グッズショップ「笑点商店」。
いいネーミング!

IMG_20160806_145421.jpg


各地の高島屋で行われているこの記念展。無料というのがうれしいです。
日本橋から始まり、京都、横浜と続いて、今は最後の場所、大阪で開催中。
お笑いの本場で、連日盛り上がっていることでしょう。

2016年06月21日

フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展

20160129_1967510.jpg

2016/6/11
DNP ミュージアムラボ

地球儀や天球儀が好きで、家には大航海時代のアンティークの地球儀を置いています。
フェルメールの『天文学者』『地理学者』に描かれた「ホンディウスの地球儀・天球儀」が展示されると聞いて、実物を見てみようと行ってみることにしました。

IMG_5716.JPG


事前予約制のため、申し込んだ時にはすでに前期の予約はいっぱいで、お目当てのものは入れ替えとなって見られませんでしたが、その代わりに後期限定の、16世紀の銅に彫刻を施した「ヴェルザーの地球儀」が展示されており、十分に見ごたえのある展示内容となっています。

s-verz.jpg


フランス国立図書館が所蔵する11世紀〜19世紀に製作された地球儀・天球儀の中から55個が選定されたこの展覧会。それにDNP大日本印刷が3Dデジタル化を施し、リアリティあふれる展示となっています。

まずは本物の地球儀・天球儀の鑑賞。日本でいう戦国時代以前に、よくもこんなに精密な土地情報を得ていたものだと驚くばかりです。
それでも、極東日本の情報はなかなか得られなかったようで、そもそも載っていなかったり、アメリカと一緒になっていたり。日本と思われる島を探すのもまた一興。

パンフレットを指定の場所に置いたら、その内容を映像化して説明してくれるという画期的な技術も紹介されました。
中でも一番驚いたのは、18世紀の天球儀の中に入って、ヴァーチャル空間を楽しめるもの。足元から天空まで、どこを見回しても切れ目なく360度星座を観察できるという初めての体験ができました。

フランス国会図書館の保有する歴史的な文化遺産と、DNPの展開する先進的な技術を存分に堪能できた会。
予約制のために大勢の観覧者でごったがえすこともなく、一つ一つの展示品をじっくりと鑑賞できます。
地球儀や歴史、地理、そしてテクノロジーに興味のある方にお勧めです。

・フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展
 (後期は 9月4日(日)まで)

2016年05月16日

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展)

159873.jpg5.14 at 紀尾井町特設会場

事前予約制の展示会でしたが、それでも会場は大勢の人々で賑わっていました。

特設会場で、外から見ると小ぢんまりとしていますが、中に入ると広々としており、このために作られた場所だということを忘れるほどのきちんとした造り。

今ではさまざまなファッションデザインを扱っているブランドですが、創業者のルイは、荷造り用の木箱製造兼荷造り職人となったため、もともとは旅行鞄から開始したそうです。

創業者一族の紹介もあり、ルイの孫はジャンとピエールという双子で、お互いそっくりの顔をしていました。

IMG_5005.jpg
⇒ More