2016年06月21日

フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展

20160129_1967510.jpg

2016/6/11
DNP ミュージアムラボ

地球儀や天球儀が好きで、家には大航海時代のアンティークの地球儀を置いています。
フェルメールの『天文学者』『地理学者』に描かれた「ホンディウスの地球儀・天球儀」が展示されると聞いて、実物を見てみようと行ってみることにしました。

IMG_5716.JPG


事前予約制のため、申し込んだ時にはすでに前期の予約はいっぱいで、お目当てのものは入れ替えとなって見られませんでしたが、その代わりに後期限定の、16世紀の銅に彫刻を施した「ヴェルザーの地球儀」が展示されており、十分に見ごたえのある展示内容となっています。

s-verz.jpg


フランス国立図書館が所蔵する11世紀~19世紀に製作された地球儀・天球儀の中から55個が選定されたこの展覧会。それにDNP大日本印刷が3Dデジタル化を施し、リアリティあふれる展示となっています。

まずは本物の地球儀・天球儀の鑑賞。日本でいう戦国時代以前に、よくもこんなに精密な土地情報を得ていたものだと驚くばかりです。
それでも、極東日本の情報はなかなか得られなかったようで、そもそも載っていなかったり、アメリカと一緒になっていたり。日本と思われる島を探すのもまた一興。

パンフレットを指定の場所に置いたら、その内容を映像化して説明してくれるという画期的な技術も紹介されました。
中でも一番驚いたのは、18世紀の天球儀の中に入って、ヴァーチャル空間を楽しめるもの。足元から天空まで、どこを見回しても切れ目なく360度星座を観察できるという初めての体験ができました。

フランス国会図書館の保有する歴史的な文化遺産と、DNPの展開する先進的な技術を存分に堪能できた会。
予約制のために大勢の観覧者でごったがえすこともなく、一つ一つの展示品をじっくりと鑑賞できます。
地球儀や歴史、地理、そしてテクノロジーに興味のある方にお勧めです。

・フランス国立図書館 体感する地球儀・天球儀展
 (後期は 9月4日(日)まで)

2016年05月16日

「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton」(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン展)

159873.jpg5.14 at 紀尾井町特設会場

事前予約制の展示会でしたが、それでも会場は大勢の人々で賑わっていました。

特設会場で、外から見ると小ぢんまりとしていますが、中に入ると広々としており、このために作られた場所だということを忘れるほどのきちんとした造り。

今ではさまざまなファッションデザインを扱っているブランドですが、創業者のルイは、荷造り用の木箱製造兼荷造り職人となったため、もともとは旅行鞄から開始したそうです。

創業者一族の紹介もあり、ルイの孫はジャンとピエールという双子で、お互いそっくりの顔をしていました。

IMG_5005.jpg
⇒ More

2016年02月26日

世界を驚かせた焼物~超絶技巧 真葛香山展

ca0.jpg日本橋三越

それは不思議なきっかけでした。
今年に入ってからすぐに、母親が「これ、お勧めだから、あなたも見なさいな。必見よ」とチラシを持ってきたのです。
(超絶技巧 真葛香山展。うーん知らない)と思いましたが、母がそう言う以上は、よほどいい作品なんだろうと、チェックしていました。

その後、なにかが引っ掛かる気がして、この人について調べてみると、「真葛焼は、京都から横浜に窯を移したが、現在は途絶えている幻の窯」とあり、ハタと思い出しました。

以前住んでいた家のすぐそばに、真葛焼の窯元があったのです。
たしか看板が立っていましたが、当時は全く分からず、特に気にも留めていませんでした。
でも、記憶のどこかにあったんですね。
わき道にあった看板で、私は学校の帰り道にふらふら寄り道をしたついでに見ていましたが、母は知らなかったそうです。
ただ単純に、作品が素晴らしいから、勧めたのだとか。不思議な縁です。⇒ More