2015年03月21日

微笑みに込められた祈り 円空・木喰展

00083987.jpgat そごう美術館

副題「微笑みに込められた祈り」がぴったり。
2年前に東京国立博物館の「飛騨の円空」展を観て以来、仏像のイメージを超えた自由さにあふれる円空仏の魅力にはまっています。
今回は、木喰(もくじき)仏も一緒に観られるという、贅沢な展覧会。
会期終了前日とあって、会場内はけっこう混んでいましたが、周りと一緒に一体一体をじっくり見ていったので、「前がなかなか進まない」といったストレスは感じませんでした。

日本回国修行、つまり全国行脚しながら木の神仏像を彫り続けることを修行とした、円空(1632-1695)と木喰(1718-1810)。
日本中を巡り、木喰に至っては、沖縄以外の全都道府県を訪れたそうです。
この2人の作品の合同展覧会は、首都圏では初めてというのが意外。
2人とも江戸時代の人なので、一緒くたにとらえがちですが、円空の死後に木喰は生まれていました。
⇒ More

2013年03月29日

東京国立博物館140周年特別展「飛騨の円空―千光寺とその周辺の足跡―」

P518.JPG円空や木喰による、木彫りの仏の素朴な暖かさが好きです。
日本中を巡った円空(1632-95)は生涯で12万体の木仏を彫ったとされており、今回は岐阜の千光寺所蔵の円空仏61体を中心にした、100体の飛騨の円空仏が展示されています。

これまでにないくらい、展示スペースが小さかったのですが、一体一体の仏像の大きさを考えると、妥当な広さになるのでしょう。
円空の仏像は、あまり詳細までは造りこんでいない、素材の木の質感がダイレクトに伝わってくるようなもの。
それだけに、優美さよりも勢いを感じます。
強さが感じられる、無駄なものを一切省いた、無造作にも見える簡潔さは、鳶職人が作ったようにも思えます。
⇒ More

2013年01月02日

「博物館に初もうで!」

uid000068_20121127103813f5dabfd3.jpg東京国立博物館の東洋館リニューアル開館初日に行ってきました。
本館前では、アジアの舞姫の舞や獅子舞、和太鼓や太神楽といったパフォーマンスが披露されています。

うす暗い館内に入ってすぐのところで舞姫が撮影に応じていたため、一緒にポーズをとってもらいました。
今回は、美術専門家の方々と一緒に入ったため、いろいろと解説を聞くことができました。


⇒ More