2007年11月09日

明治大学文化プロジェクト 第4回公演『オセロー』

23657955_107.jpg場所:明治大学駿河台キャンパス アカデミーホール
作:ウィリアム・シェイクスピア / 訳:松岡和子
監修:原田大二郎 / 衣装:朝月真次郎

「嫉妬というのは 一人で種を孕んで、一人で生まれる 化け物なのです」

久しぶりの観劇。芸術の秋にふさわしく、重厚なシェイクスピア作品を観ようと出かけていく。
明治大学の学生劇だけれど、予想以上のグレードの高さ。
シェイクスピアのセリフは古めかしくて難しいけれど、演じる人たちはみんな発声もしっかりしていて、カツゼツもいい。
すんなりとオセローの世界に入ることができた。
⇒ More
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【play】演劇 | 更新情報をチェックする

2002年02月07日

『乙女の祈り』 

by 片桐はいり、光浦靖子、山田花子 at 本多劇場 M-5(\4800)

片桐はいり、光浦靖子、山田花子の3人芝居。メンツがすごい。どんな芝居になるのかとても楽しみにしている。
夕方、突然仕事の打ち合わせが入り、それが長引いてしまう。途中で抜けてきたけれど、それでも15分遅刻。悔しい気持ちでもう始まっていて真っ暗な会場の中へ。
本多劇場がほぼ満員状態。こんなに混んでいるのは初めてだわ。

⇒ 感想
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【play】演劇 | 更新情報をチェックする

2001年07月30日

『おやすみ、こどもたち』

at パルコ劇場 K-17(\6000)
リチャード・ネルソン作 by 内田滋啓、神野三鈴

夏の暑い夕暮れ時、渋谷の人ごみをぬってぬって、会場に向かったはずが、私はまた場所を間違えて、Bunkamuraのシアターコクーンに行ってしまった。
閉め切ってカーテンも引いてあるたコクーンの扉を見て、(あれ?)と思い、はたと間違いに気づく。

そういえば連れのあかねちゃんに「待ち合わせは受付で」と言ったら、「じゃあ上に上がってるね」と返事をもらっていたんだけれど、言葉の意味をよくわかっていなかったのね。

交番の道を突っ切ってパルコ劇場へ。5分くらいロスしたかな。
あかねちゃんに場所を間違えたことを告白したら、「またぁ?」とあきれられた。

⇒ 感想
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【play】演劇 | 更新情報をチェックする