2017年11月20日

アンサンブルエンメ 第28回定期演奏会

Ensemble M (アンサンブルエンメ) 第28回定期演奏会
かなっくホール 11月18日 2017
M28カラーS.jpg

プログラム
1. Contemporary Christian Music
 「Ubi Caritas」「Northern Lights」「Eripe Me」「This Is My Father's World」
2. Nコン課題曲より
 「信じる」『聞こえる」「YELL」「手紙~拝啓十五の君へ~」
3. 混声合唱のための「ドラえもんのうた」より
 「ドラえもんのうた」「夢をかなえてドラえもん」「少年期」「ボクノート」
4. 無伴奏混声合唱曲集「レモンイエローの夏」より
 「レモンイエローの夏」「流れ星の行方」「国境線」「き」


母校である横浜南高のOB/OGが発足したアンサンブルエンメ。
合唱部の友人が出演するので聴きに行きました。
かなっくホールは、JR東神奈川駅と京急仲木戸駅の間にあり、東急東白楽駅からも徒歩圏内にある、アクセス便利なホールです。

1. Contemporary Christian Music
「Ubi Caritas」「Northern Lights」「Eripe Me」「This Is My Father's World」

合唱といえば、やはり長い歴史のある宗教歌曲を連想します。
美しいハーモニーに心が安らぎます。
プログラムに歌詞カードがついており、意味を知りながら歌を聴くことができました。

2. Nコン課題曲より
 「信じる」『聞こえる」「YELL」「手紙~拝啓十五の君へ~」

休憩の後、出演者全員がGパンに白シャツで登場。
全員その姿で静止している姿は、どこか不思議で、現代不条理演劇が始まるような雰囲気がありました。

3. 混声合唱のための「ドラえもんのうた」より
 「ドラえもんのうた」「夢をかなえてドラえもん」「少年期」「ボクノート」

バンダナやハンカチなど、衣裳に更に赤いワンポイントを加えて登場。
「ボクノート」はシンコペーションのリズムがキモなので、もっとスローテンポの方が和音が響くと思いました。

4. 無伴奏混声合唱曲集「レモンイエローの夏」より
 「レモンイエローの夏」「流れ星の行方」「国境線」「き」

合唱のために作られた合唱曲は、こういう機会でもないと聴くことがない歌ばかり。
やはり効果的なハーモニーの広がりを感じます。

プログラムの紙が、まれに見るほど分厚いいい用紙で印象に残りました。
また高校時代、合唱部が朗々と「エクスルターテ・デオ(Exultate Deo)」を歌うのをいつも聴いていたので、今回も聴きたかったなあと思いました。もう当時の部活ではないんですけれどね。
合唱の演奏会を聴くのは、あまりない機会なので、新鮮でした。
posted by リカ at 16:44| Comment(0) | 【play】その他 | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

「現代に生きる江戸の粋」

12月9日 講師:悠玄亭 玉八(幇間芸人)
12348015_10203659647049971_592745770648097913_n.jpg

これまで「太鼓持ち」という言葉は知っていましたが、英語のapple polisher(ごきげんとり、ごまをする人)と同じ意味かと思っていました。
「幇間(ほうかん)」とも言われるその役割を職業とする男性がいると知ったのは、夏に「鰻の幇間(うなぎのたいこ)」の寄席を観てから。
今回は、現代もなおその職業の人がいることを知りました。
「幇」は助けるという意味で、「幇間」とは人間関係をつなぐという意味だそうです。⇒ More
posted by リカ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【play】その他 | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

IMG_8953.JPGふだん、暗闇といっても、どこかになにか、かすかな光はあるもの。
真っ暗といっても、自分の手を顔の前にかざすと、陰くらいは見えるもの。
なので、目を閉じた時と同じ完全な暗黒を日常の中で味わうことは、なかなかできません。
ここでは1時間半にわたって、純度100%の暗黒の中で過ごすことになります。
⇒ More
posted by リカ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【play】その他 | 更新情報をチェックする