2020年01月22日

グラナダフラメンコの宴

yw8502.jpg

ザ・フラメンコ・アルマ・キャラバン Vol.1 at Yokohama
横浜赤レンガ倉庫 1号館 3階ホール

メンバーは石川亜哉子、キカ・ケサーダ、ラファエル・マルトス(踊り)、マヌエル・エレディア(唄)、マルコス・パロメタス(ギター)
ゲストは柴崎正道(舞踏)の6名。

日中は子供を対象としたフラメンコ体験講座が開かれ、夜にはタブラオ(本場のフラメンコステージ)風の舞台になっていました。

このホールに入るのは、ローリー寺西のライブ依頼。
その時とは客席配置が変わっており、椅子席の前に座布団席があったので、座ってみることに。
最前列の真ん中で、激しいダンスをかぶりつきで見ることができました。

簡単な振付や、簡単な振付やパフォーマンス中の声の掛け方、名前の呼び方を教わります。
歌舞伎の「よっ、成駒屋!」みたいな感じなんですね。

踊りの最中、仲間のダンサーたちが手拍子をしますが、観客の私たちが拍手をするのは難しいことです。
それはどんどんリズムが変わるから。慣れたダンサーたちのように臨機応変に変更できない観客は、拍手はせずにいた方がよさそうです。

座長のアヤさんは横浜出身。
フラメンコを学びに単身スペインに渡ってから25年間、グラナダで生活しているとのこと。
同じく女性ダンサーのキカと、男性ダンサーのラファ。

201911070053_ex.jpg
The Flamenco Alma Caravan(ちらしより)

哀愁と激情がほとばしるようなフラメンコ。
フラメンコとは、踊りのことだと思っていました。
どうしても華やかな衣装で圧倒的に人の心を表現するダンサーに目が奪われがちですが、まずは歌のことを指すそうです。
そしてギターを。踊りはそのあとになるんだそう。
フラメンコを意味するものの順番があったとは。

確かに今回は、カンテ(唄)の人が気になりました。
悲しげなメロディをずっと歌っています。
上手というよりは哀愁がじかに伝わってくる感じ。

カンテのマヌエルは、ロマ族出身。
ジプシーの血が流れているためか、哀切帯びた独特な声に、心がえぐられます。
ポルトガルのファドのような感じ。やはり近いから似ているのでしょうか。
それにピッタリと付き従うように流れ続ける、マルコスのギターの音色。

フラメンコといったらカスタネットのイメージも強いですが、このダンサーたちは使っていません。
指パチで拍子を取っています。
唄から生まれたフラメンコにギターや踊りが加わって、もの悲しくも情熱的なステージとなります。

ラファが激情的に踊っているところに、ものかげから白い物体が転がり出てきました。
舞踏家の柴崎正道さんです。
服も頭も顔も真っ白で、山海塾か大駱駝館の人かと思いました。

DNHxey_V4AAfQgb.jpg
柴崎正道氏(ちらしより)

目をつぶって一心に踊る、黒い服のラファに近づいていきます。
2人の対照性が際立ちます。直線と曲線、緊張と弛緩、激情と彼岸。
まさに魂のぶつかり合い。

息詰まるような対立の演出。
反発するかと思われた正反対の2人は、お互いを取り込むようにして終わります。

張り詰めた空気の中、見ている側も呼吸を忘れていたようで、一連の踊りが一段落した後には、安どの空気が会場を包みました。

熱く激しく感情がほとばしるような一夜でした。
それにしても、みなさん迫力ボディで、ひたすら圧倒されました。

今年初めてのステージ観覧がこのフラメンコステージ。
うーん、ドラマチックな一年を迎えられそう。


posted by リカ at 16:22| Comment(0) | 【dance】民族舞踊 | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

大和古典芸能講座「昆曲と京劇」

nara.jpg奈良まほろば館
講師:張紹成(京劇俳優、ユネスコ世界無形文化遺産選定北方昆曲劇院特別プロデューサー)

京劇は好きですが、昆曲については全く知らず、昆明辺りの劇のことを言うのかと思っていましたが、蘇州辺りで始まった中国の古典的な舞台演劇で、崑劇とも言われるものだそうです。
昆曲は600年前、京劇は200年前、計800年の歴史があるとのこと。
二つの違いは、京劇と昆曲は歌舞伎とお能のような関係にあって、昆曲の作品はいくつも京劇に取り入れられているそうです。
⇒ More
posted by リカ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【dance】民族舞踊 | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

『長嶺ヤス子のオルフェ』

by 長嶺ヤス子 at 中野サンプラザ 1F-29-47 (\6000)
共演:Kelvin Gaudin, Antonio Delgado、有本欽隆(アクター)

長嶺ヤス子がベテランのフラメンコ舞踊家ということは知っているけれど、実際の踊りを見るのは初めて。舞踊でオルフェをやるなんてどんな舞台になるんだろうと興味しんしんで出かける。
会場内は年配の方々ばかり。しかも先日の日本舞踊とはうってかわって、ヒョウ柄系の服を着るようなハデ目の方々が多い。

⇒ 感想
posted by リカ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【dance】民族舞踊 | 更新情報をチェックする