2017年09月25日

「はじめよう!きのこ習慣 〜きのこで体の中からキレイになろう!」

【日時】2017年9月21日(木)
【会場】千代田区大手町 日経ビル
【プログラム(敬称略)】
開会の挨拶 江口栄光(JA中野市代表理事組合長)
講演 「知ってましたか? きのこのチカラ」
   講師: 江口文陽(東京農業大学教授)
トークセッション 「“女性のミカタ” ― きのこを食べてキレイで健康に!」
   出演:江口文陽、宮澤紀子(東京農業大学助教)、
      木田マリ(料理研究家)、杉浦太陽(俳優・きのこマイスター)
IMG_4750.jpg

丸の内キャリア塾スペシャルセミナーに参加しました。きのこ好きとして気になるテーマの講演会です。
日経が主催で、きのこの産地である長野のJA中野市が協賛のイベント。
きのこは肉を柔らかくするために、肉料理の添え物としてよく使われますが、単体でも効果の高い食べ物です。

その大部分が食物繊維で、低カロリーのため、健康的。他にもたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどを含んでいます。
食物繊維のため、身体に取り込むことで代謝がよくなり、腸内環境が整えられてしっとりとした肌になれるといういいことづくしの食べ物。

きのこから抽出したキノコキトサンという成分には、内臓脂肪減少作用、つまり脂肪を減らす働きがあるダイエットの味方。
脂肪を吸着して体外に排出してくれるだけでなく、内臓脂肪の燃焼効果があるそうです。
キノコキトサンは、特別の茸ではなく、食用きのこ全体的に含まれており、中でもマイタケ、エリンギ、シイタケなどに豊富に含まれているのだそう。
自分の好きなきのこを食べていれば、どんどん体調がよくなっていくというのは理想的ですね。。

きのこによる研究は年々進み、がんや糖尿病の症状が改善されるという効果もあるのだそうです。
IMG_4752.jpg

「しめじ」は機能性表示食品なのだそう。
聞き慣れない言葉ですが、機能性表示食品とは、「機能性」とは「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」など、健康の維持や増進などに役立つ健康効果を指し、その「機能性」をパッケージや広告などに表示できる食品を「機能性表示食品」というそうです。

「エノキ氷」の作り方も教わりました。
カットしたエノキタケ300gと水400nlをミキサーに入れて30秒ほどかけ、ペースト状にしたものを鍋にかけて沸騰させたのち、煮詰めて粗熱を取り、凍らせる
これでキノコキトサンなどの吸収率がアップし、ダイエットや生活習慣病の改善により効果的だそうです。

キノコを使ったレシピも教わり、試食もできた楽しい会。
帰りには、中野産のさまざまな種類のきのこをどっさりお土産にいただき、帰宅後、さっそく調理していただきました。
DSC_0528.jpg

2017年06月13日

出雲の古墳ナイト in 銀座HANDSEXPO

@ハンズエキスポ銀座
by まりこふん(古墳シンガー)、丹羽野裕(島根県教育庁文化財課課長)、テリー植田(イベントプロデューサー)
主催:島根県立古代文化センター・HANDS EXPO

IMG_2551.jpg


面識があるテリー植田さん、まりこふんさん、さらに裏方で古墳にコーフン協会の伊藤理事長が銀座でイベントを行うと聞いて、参加しました。
出雲の古墳に詳しい、島根県教育庁文化財課の丹羽野課長も登場してのトークショーです。

去年出雲旅行をして、神話の里の寺社仏閣巡りをしましたが、古墳には一つも訪れませんでした。
まあ普通はそうだと思いますが…いったいどんな古墳があるのでしょうか。

IMG_2560.jpg


会場で、島根の名産5品をいただきました。
・島根和牛ローストビーフ
・浜田のB級グルメ 赤てん
・和菓子「花けしき」
・和菓子「松韻」
・出雲生姜ジンジャーエール

IMG_2555.jpg


中でも「じんじゃエール」は、出雲の万九千神社の遷宮記念として作られたもの。
その神社の神主さんと友人で、去年訪れてこのエールをいただいています。
地元で採れたジンジャーの風味がきいています。

IMG_2564.jpg


まりこふんさんの歌で始まり、壇上の3人の軽快なトークが展開しました。
テリーさんはまりこふんという名前の名付け親。古墳への愛が強すぎて暴走しがちな2人のストッパー役となっています。

IMG_2562.jpg

『鷹の爪』の吉田くんも登場。すっかり自虐が板についています。

出雲の古墳についての説明。まりこふんさん著の古墳の本も読みましたが、本も、そしてPPTもかわいらしくわかりやすくまとめられています。
歴史的には縄文時代、弥生時代、そして古墳時代があって、飛鳥時代、奈良時代へと移ります。
古墳は1500年前の古墳時代と飛鳥時代の頃に、作られた墳墓です。

古墳にはいろいろな形があります。
出雲には、特に「前方後方墳」と「方墳」が多いのだそう。
緑の古墳クッションを使って、丁寧に教えてくれました。

IMG_2567.jpg


古墳といったら、各県に数個くらいしかないものかと思っていましたが、とんでもない!
なんと、全国に16万基あるそうです!!そんなに〜!?
コンビニよりも多いどころか、3倍の数になるそうです。
全ての古墳を探訪しようとしたら、ライフワークになりますね。
ちなみに島根県内に、古墳は5,000基以上あるそうです。

その中からいくつかの県内古墳を紹介してもらいました。
6世紀末の上塩冶築山古墳の石棺を模した手作りの石棺小箱が、会場で販売されていました。
出雲の古墳の消しゴムハンコや、山城方墳の死床のケースもありました。
どう使うものなのか気になります。
巨大石棺のある大念寺古墳はお墓自体が古墳になっており、八雲立つ風土記の丘資料館は、前方後円墳の形をしているのだそう。

IMG_2568.jpg


こちらは松江の太田古墳群の三号墳。宇宙船のような面白い形をしています。
まりこふんさんにとっての好きな古墳ベスト3は、この古墳に出会ったことで変わったのだそう。
中に入っての記念写真が幸せそうです。

IMG_2571.jpg


最後に再びまりこふんさんのライブで会はお開きに。ロックの日(6/9)に、墳キー(ファンキー)な歌声で「古墳にコーフン」を歌ってくれました。
熱いトークを聞いていると、太古の昔の古墳もなんだか生き生きとしたものに見えてきます。
知らないことが多い古墳が、この夜でぐっと身近なものになりました。
近場では、多摩川沿いに古墳が多く、いいお散歩コースになっています。
古墳を巡る旅は、古代文明探索のようでおもしろそう。
これからは私ももっと古墳にコーフンしながら、古墳ライフを深めてみようと思います。

2017年03月17日

日本のエンターテインメントを学ぶ 宝塚歌劇に誘う7つの扉(入門編)

2017年3月15日(水) by フリージャーナリスト 中本千晶

IMG_1361j.jpg


2014年に100周年を迎えた宝塚歌劇団。
十代の頃から周りにヅカファンがおり、これまでに何度か観劇したことがありますが、まだまだ敷居が高く、知らないこともたくさんあります。

56035_thumbnail.jpg


今回は入門編として、基本のきの時から教えてもらうことに。
タカラヅカを知る7つのキーワードについて、解説してもらいました。

1.「男役と娘役」
どちらになるかは本人が決めますが、やはり身長がめやすになるそうです。
165cm以下だと娘役、167cm以上だと男役。
スターといったら男役ですし、男役はとっても人気ですが、「男役十年」と言われるように、無意識でも常に男性っぽい仕草ができるようにならないといけないのだそう。

しかも、ただ普通の男性のような振る舞いが身についてもダメなんですね。
理想のカッコイイ男性の仕草ができるようにならないといけないそうです。
これは難しいですね!だからこそ、憧れる女性が後を絶たないのでしょう。

娘役は、華麗なドレスさばきができるようにならなくてはなりません。
また、衣裳に合わせるアクセサリーや髪飾りは、なんと自前なんだそう。
衣裳は直前に決まるため、アクセサリー選びは時間との闘いになってしまうそうです。

タカラジェンヌには定年はないのだそう。
「白薔薇のプリンス」といわれた春日野八千代という男役スターがいたことを知りました。やっぱりプリンスなんですね〜。

退団して芸能界に入る人も多い中、この人は96歳で亡くなるまで、宝塚歌劇団の現役団員だったそうです。

2.「ベルサイユのばら」
一番の人気舞台は、「ベルばら」と「羽根」。
ベルばらを見られるのは、もちろん公演がある時だけですが、ビギナーの方はいつでもやっていると思いがちだそう。残念ながら違うんですねー。
オスカル版だけしか見ていない私は、アントワネット版も見たいと思っていますが、なかなかチャンスをつかめずにいます。

宝塚の公演は3時間で、基本は演目2本立てにショー、レビューがあるもの。
でもベルばらは長い舞台なので、1本のみです。

3.「組」
この日の参加者は、思ったよりも男性の姿が多く見られました。
宝塚の組について尋ねられた前席の男性は、考えながらも全部答えていました。
一組に80人が所属しているそうです。
また、花月雪星宙の5組のほかに、特定の組に所属しない専科があり、各組の公演に出演しているそうです。

4.「羽根」
トップスターが羽根をしょって大階段を下りてくる様子は、とても華がありますね。
まさに花をしょって登場する少女マンガのヒーローのよう。
あの羽根はオーストリッチ(ダチョウの羽)やキンケイのものだそうです。
以前に比べて、どんどん巨大化してきており、20キロ以上の重さがあるそうです。

topicscd6294522097dbb9fa3ca1a1f8707b88.jpg


5.「宝塚音楽学校」
とても人気があるため、倍率20倍も高く「東の東大、西の宝塚」とも称される宝塚音楽学校。2016年は27倍の倍率だったそうです。
周りにもチャレンジした子が数名いますが、やっぱり狭き門でした。。。

6.「ヅカファン」
周りを見てもコアなヅカファン。
会場前で、ヅカファンの友人のお目当てスターの入り待ち、出待ちをしたこともあります。
男役は娘役の10倍のファンが待っているそうです。

タカラジェンヌのプロフィールが掲載された『宝塚おとめ』という年1回の発行の雑誌があるのだそう。
宝塚の雑誌が何冊も出ているのは知っていますが、これは団員年鑑としてチェックしてみたいものです。

7.「小林一三」
阪急電鉄だけでなく、温泉やプール、宝塚を作った人。今でいうベンチャーですが、のちに東宝(映画)も立ち上げたビッグなビジネスマン。
宝塚歌劇団の父として、今でもタカラジェンヌたちに慕われているそうです。

宝塚歌劇団は、100年前の1914年の第一回公演の時から、明治時代に海外から入ってきた洋楽やオペラを取り入れていました。
毎回オーケストラによる生演奏が行われるのも、宝塚の魅力の一つで、前身から数えると日本最古のオーケストラとも言われるそうです。

宝塚歌劇についての非売品の限定パンフレット『TAKARAZUKA REVUE FIRST STEP』をいただきました。
オールカラーでとてもわかりやすい内容です。
IMG_1252.JPG


帰りがけに、後ろの席の女性たちが、ネットでさっそく次の東京公演のチケット申し込みをしていました。
最近とんとご無沙汰でしたが、いろいろと話をきいて、久しぶりに華やかな舞台を観にいきたくなりました。
いつかぜひ、本場の宝塚での公演を観劇したいなあと思います。